2015/9/7

金澤味噌 秀  ラーメンその他

北陸旅行の最終日、お昼は金沢で濃厚中華そばを出している「神仙」の系列店「金澤味噌 秀」に入ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
開店時間を過ぎていますが準備中の札が・・・ 店員が出てきて札を裏返し、時間を少し過ぎて開店、一番乗りでした。
クリックすると元のサイズで表示します
一日30食限定だという「豚とろ味噌らぁめん」を麺硬めで注文。 それなりの時間で着丼。
クリックすると元のサイズで表示します
チャーシューと言うよりは、厚切りポークソテーが3枚のっている以外は、メンマ、挽き肉と玉ねぎ・モヤシを炒めたもの、刻みネギ、キクラゲ、白胡麻です。麺は黄色い中太四角いヨレ麺で、硬さは絶妙でした。

スープは、そこそこの濃さはあるものの、味噌を売りにするにはもう少し濃い方が美味いと思います。
0

2015/9/7

最終日  旅行・観光

明け方、昨晩に比べて雨の降りは弱まったものの風が強く、横殴りの雨になっています。
クリックすると元のサイズで表示します
朝食時にSAで見たテレビの気象情報で本州近くで台風18号が発生し、東海から北陸方面に向かっていると知りました。 少しタイミングがズレていますが、やはり嵐を呼ぶ男のジンクスは健在ということでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
朝食は昨晩同様、SAのフードコートで金沢市のB級グルメ
クリックすると元のサイズで表示します
「ハントンライス」を食べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
チキン(一片のみでした)とグリーンピースの入ったケチャップライスに、薄手の玉子焼きとマグロカツ、海老フライが乗り、タルタルソース、ケチャップ、デミグラスソースがかかっています。
クリックすると元のサイズで表示します
昨晩のボルガライスよりは手間は掛かっていますが、やはりコストパフォーマンスの悪さは拭えません。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
雨が小降りの時を見計らって、SAのすぐ裏手にある尼御前岬まで朝の散歩をしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここ尼御前SAは、空自併用の小松空港に近く、風向きの関係もあって上空を離着陸する旅客機以外にも、空自のF‐15戦闘機がタッチ&ゴーの訓練をしているのが見えました。
クリックすると元のサイズで表示します
今日回る予定先のタイミングを計り、遅めの9時半近くに出発する頃には、雨がかなり小降りになりました。

北陸道の金沢西ICで下りて最初にやって来たのは、辰巳ダムです。
クリックすると元のサイズで表示します
ダムカードを配布していたはずのダム建設事務所はダム完成したことからその住所にはすでに無く、ダムサイトの管理棟は無人で、入り口に張られた連絡先の犀川ダム管理事務所か石川県庁土木部河川課に行かないとダムカードは貰えないようです。
クリックすると元のサイズで表示します
しかしながら、犀川ダム管理事務所へ行くための道が土砂崩れによる通行止めで行くことが出来ないとの事なので、県庁土木部に管理棟に着いたという証明を送ることで、ダムカードを返送して貰う事にしました。

山を下り、日本海沿岸部方面を目指します。

途中、ホワイト餃子の7番目の暖簾分け「第7ギョーザの店」には、写真だけ撮りに寄りましたが、平日だというのに開店前に15人程が待っていて、更に続々と車が入って来ていました。
クリックすると元のサイズで表示します
近場に似たような店が無いせいなのでしょうが、関東の系列店ではここまでの盛況ぶりにはお目にかかれません。

ホワイト餃子の店に程近い金沢味噌ラーメン屋に入りました。 ラーメンは別記事にします。

食後は再び沿岸部へと向かい、有料道路で無くなった「のと里山街道」を北上し、今浜ICで下りて砂浜へ向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
朝方の様子では難しいかと思っていたのですが昼前から雨風が収まり、海千里浜なぎさドライブウェイの南端に着いたら通行可の表示があり、砂浜から出てくる車もあったので大丈夫なのは分かっていますが、念のためオート4WDにして恐る恐る砂浜へ乗り入れてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
窓を開けて走ってみましたが、少し風があるものの、波も穏やかでとても気持ちが良かったです。
クリックすると元のサイズで表示します
海辺で鳥が魚を取っていました。

千里浜ICから再び「のと里山街道」を北上して終点の能登空港ICを過ぎて、「北河内ダム」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ダムカードは、ダムのかなり手前にある道の駅も兼ねた能登空港内にある、奥能登土木総合事務所分室でダムの写真不要で貰えるのですが、
クリックすると元のサイズで表示します
大した距離でもないので、ダムサイトまで足を延ばしました。
クリックすると元のサイズで表示します
これで残すところ、コンプリートまであと1枚です。

能登といえば、今やっているN○Kの連続テレビ小説「まれ」の舞台ということで、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
空港内には関連施設のセットや、衣装、小道具類とパネル写真が展示されていました。

能登空港を後にして、能越自動車道を富山県の高岡北ICまで南下し、平日以外は観光客向け?の「新湊きっときと市場」にやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここでも海産物をその場で焼いたりして食べられるらしいですが、今回はお目当ての土産物を・・・「げんげ」の干物です。
クリックすると元のサイズで表示します
げんげとは下の下という意味だそうで、漁の時に意図せずに網にかかった雑魚だったのですが、最近人気が出てきて、生のものは天ぷらや出汁を取ってお吸い物にすると美味しいのだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
この9月から解禁となり、干したものを炙ると酒の魚として絶品だというので、一度食べてみようと思っていたのです。

昔来たことがありますが、この市場の近くには、帆船「海王丸(一世)」が展示されている海王岸壁があります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
対岸には海上保安庁の第九管区海上保安本部所属の巡視艇「やひこ」が係留されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
少し南下して、道の駅「カモンパーク新湊」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
この辺りは白エビが有名らしく、
クリックすると元のサイズで表示します
道の駅内にも水槽で白エビを展示していました。
クリックすると元のサイズで表示します
いいころ合いに夕食時になったので、

ここのレストランでご当地名物の白エビとホタルイカのかき揚げののった「新湊丼」を食べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
白エビは単に海老のかき揚げの味でしたが、
クリックすると元のサイズで表示します
ホタルイカがなかなか味わい深かったです。
クリックすると元のサイズで表示します
これで今回の訪問予定地は全て終了しました。

北陸道の小杉ICに程近い「極楽湯」で汗を流し、この後の高速走行に備えます。
クリックすると元のサイズで表示します
極楽湯を18時半頃出発、北陸道からキリによる速度制限規制のかかった妙高高原のある上信越道を経て、関越道の嵐山PAに22時45分着、ノンストップで4時間15分程かかりました。

ここ嵐山PAで深夜割引が適用される0時を待ちながら、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
カモンパーク新湊で夜食用に買った白エビバーガーにかぶりつきます。

8日の深夜1時前に帰宅しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ