2015/9/9

温水洗浄便座交換   模型造り・工事・園芸等

バンドエイド同様にウォシュレットという特定の商品名が商品全体の代名詞になっている感のある温水洗浄便座。

今の家を買った時に設置して19年間使用してきた品から何かゴム系もしくはビニール素材が熱で溶けたような粘着性の雫が垂れ出てきました。

朝方陽の当たる位置にあるトイレに設置していたので、夏の暑さで洗浄機器部分に異変が生じたのでしょうか、かみさんから動かない時があると言われ、もう寿命だということで新しいのを買いました。
クリックすると元のサイズで表示します
この手の品物は、水道部分の接続さえ出来れば、女性にも難しくない程度の取付工事です。
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは水洗トイレの水道を基部の栓を閉めて止めます。
クリックすると元のサイズで表示します
レンチ等を用いてタンクへ通じる管を外し、
クリックすると元のサイズで表示します
水栓タンクとの間に、
クリックすると元のサイズで表示します
温水洗浄便座へと水道を分岐する器具を取り付けます。

便座用の基台を取り付け、便座を設置。
クリックすると元のサイズで表示します
便座への給水パイプをセットして、
クリックすると元のサイズで表示します
基部の栓をゆっくりと開栓して、水漏れが無いのを確認したら、電源を接続し、アースを取り付けて終了です。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに古い温水洗浄便座はTOTO製なのでウォシュレットなのですが、便器への接続部に使われていたゴム製の留め具カバーが劣化して歪んでいたので、外すのに一苦労でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ