2015/12/12

秋田名物・・・  旅行・観光

皆さんご存知、♪秋田名物八森ハタハタ・・・で始まる秋田音頭に歌われているハタハタは丁度今が旬。 例年この季節になると、かみさんの実家(秋田)から「ハタハタ食べに来ないかねぇ〜?」と誘われます。

去年や一昨年のように、かみさんが一緒でないと先方の実家へ行くのは何となく気が引けてしまうのですが・・・ 年に一度、この限られた時期しか食べられないハタハタ(メスの卵「ブリコ」)の誘惑に抗えず・・・

仕事が忙しいかみさんを残して、今年は一人で出掛けてみることにしました。

朝、埼玉県央部を出発。 大宮駅で秋田新幹線こまち3号に乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今日は天気が良く、嵐を呼ぶ男のジンクスは全く関係がないようです。 車窓から遠くに気球が上がっているのが見えました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
山の頂には白く雪も見えますが、今年は未だ本格的な雪は降っていないようです。

電車旅の醍醐味といえば・・・やはり駅弁。 朝飯を食べてこなかったので、大宮駅で買った宮城の「牡蠣と炙り煮あなご弁当」を食べました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あなごが柔らかくて、牡蠣もしっかり味が染みていて美味しかったです。

盛岡からはローカル線区間に入り、山間部を抜けていきますが、沿線沿いにも何時降ったのか分からない位に溶けた残骸が残る程度しか雪がありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
かみさんの実家から最寄りの新幹線到着駅である大曲駅に到着しました。

早めの昼時で、何が食べたいか?と聞かれましたが、駅弁を食べてからそれ程時間も経っていなかったので、うどん位なら入るかと思い、稲庭うどんを食べに秋田ふるさと村にある「七代目 佐藤養助」の横手店に入りました。
クリックすると元のサイズで表示します
今迄はなかったと思うのですが、七代目佐藤養助はビールも独自に手掛けるようになったみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
私は「二味せいろ(醤油・胡麻味)」を選択。
クリックすると元のサイズで表示します
稲庭うどんは細くてモチモチ感が無いので、軽めで程よい量でした。

夕方、近場の温泉に行って来ましたが、施設の中庭の植木に雪囲いが施されていました。 雪国ならではの光景です。
クリックすると元のサイズで表示します
天気予報では来週17日の木曜日から本格的な雪模様になるそうです。

実家に帰宅後、早めの夕食となり今回の旅行の目的であるハタハタを御馳走になります。 薄味に煮たハタハタと、
クリックすると元のサイズで表示します
塩焼きしたハタハタの2種類を頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します
毎度のことながら、糸を引くブリコ(卵)のプチプチとした食感が何とも言えず不思議な感覚です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
沢山食べてけぇ〜と、次から次に盛られて・・・16尾迄は数えていたのですが、もしかすると1〜2匹数え忘れているかもしれません。 贅沢にも珍味を満喫することが出来ました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ