2016/2/27

一力は佐野系ラーメン?  ラーメンその他

今日は、昼過ぎに市役所でマイナンバーカードの交付を受ける予約をしていたので、丁度昼時に「一力」へ寄ったら駐車場が満車。

少し待って車を停めた後に入店し、いつもの「チャーシューメン」を味噌味、麺硬め、味濃いめで注文したものの・・・ 周りを見渡すとほぼ満員ですが、殆どの客が未着状態。

厨房内は店主一人で切り盛りしていますが手一杯で回っていません。 これは着丼に時間が掛かりそうです。

店員に私の注文が仕掛かっていないことを確認し、後程また来ますと先に役所へ行き、マイナンバーカードの交付手続きを終えてから、混む時間帯を過ぎた頃に再び入店して、再度同じ注文をしました。

客がいなくなって空いた店内を見回していると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
壁に先週佐野の森田屋総本店で見かけた土産用ラーメンの箱が・・・
クリックすると元のサイズで表示します
何でだろう?と近寄ってみると、こちらの店主さん、森田屋の館林店で修行されていたようです。 成程、それで青竹打ちラーメンだったのか・・・などと思わず納得してしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
程なく着丼。 森田屋総本店とは違って、硬めに仕上がった麺も味噌スープも美味かったです。 駐車場に群馬ナンバーの車が停まっていましたが、この味噌味は佐野では食べられないのではないのかなぁ・・・
0

2016/2/25

何時までも寒いですねぇ  

埼玉県央部、昨晩未明から降り始めた雪は、
クリックすると元のサイズで表示します
朝方には路上には殆ど残っていなかったものの、
クリックすると元のサイズで表示します
塀や木の上に5cm近く積もっていました。

朝のN○Kニュースで隣町の熊谷は1cmの積雪とアナウンスされていましたが、
クリックすると元のサイズで表示します
いやいやそんなものではないでしょう?とツッコミたくなる程でした。
クリックすると元のサイズで表示します
3月も目前だというのに、何時までも寒くて、寒いのが嫌いな私は憂鬱になってしまいます。
0

2016/2/23

ウォークマンの挙動不審  

今日は綺麗な満月が見えました。
クリックすると元のサイズで表示します
話は変わりますが、ipodの後継機として購入したウォークマンですが、調子良く使えていても充電したり曲を入れ替えたりすると、

そのタイミングで曲の順番を指示したプレイリストの順番表示が消えて・・・曲の再生順がバラバラになっていたり、プレイリストから曲名が消えていて再生されなかったり、中にはプレイリストそのものが消えていたりして・・・

ちょっと、否・・・かなり困っています。 恐らくソフトウェアの問題だろうと思うのですが、SONYともあろうものが何といい加減なものを使っているのだと、怒りを通り越して情けなくなってしまいます。
0

2016/2/21

森田屋総本店  ラーメンその他

昼飯は佐野を巡っているので、佐野ラーメンの有名店「森田屋総本店」へやって来ました。 今回、佐野巡りにやって来た目的の一つは、私にとっては今一つの佐野ラーメンが本当に今一つなのか確認するべく、人気店を訪ねる事でした。
クリックすると元のサイズで表示します
開店5分前に到着、既に30人程の行列が出来ていました。
クリックすると元のサイズで表示します
開店から二回り目、入店から35分
クリックすると元のサイズで表示します
「チャーシューメン」を麺硬めで注文。

かなり待って着丼。
クリックすると元のサイズで表示します
チャーシュー以外にのっているのは、メンマ、ネギです。 麺は自家製中太平麺、スープは醤油ベースの色は薄いものの味はしっかりとしたものでした。 麺の硬さはそこそこ、でも・・・

やっぱり美味い麺かと問われると・・・ うーん、やっぱりダメかも・・・
0

2016/2/21

信長協奏曲ロケ地  映画・ドラマ

一昨年、小栗旬の主演でテレビ放映されたドラマ「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」。
クリックすると元のサイズで表示します
織田信長(本物:後に明智光秀として覆面姿で登場)が、タイムスリップしたウリふたつの現代高校生(偽物)と入れ替わる・・・という、SFチックな戦国ドラマです。

ドラマの続編として今年1月下旬から公開された同名の映画が想定外のヒット、ロングランをしているみたいです。
http://music-book.jp/comic/news/column/111053
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/175308

原作は同名の漫画で、テレビドラマでは漫画とは少しストーリー設定が違っていましたが、奇想天外な展開を上手く演出・脚本化していて、なかなか面白かったです。

映画の評価にも書きましたが、映画版よりはドラマ版の方が面白かったので、遅ればせながら・・・近場のロケ地とその周辺巡りの旅に出掛けてみることにしました。

最初にやって来たのは、「栃木市おおひら郷土資料館」です。

ここの長屋門は信長協奏曲の第五話で、明智光秀(本物の信長)が後の十五代将軍足利義昭の屋敷を訪れるという、チョイ出のシーンで義昭の屋敷門として使われました。 霧で霞んでしまいましたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

続いては、栃木県栃木市の外れにある「岩船山」です。 この岩船山は江戸時代から昭和期まで土木の基礎建材となる岩船石が採掘されていました。

そのため、山腹の多くの部分が切り崩されて、切り立った崖の多い奇抜な景観を晒している為、映画やテレビドラマ等の撮影に使われたり、採石後の開けた空間を音楽イベン等に使えるクリフステージ等があります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
信長協奏曲でも第一話の後半で、信長(偽物)が弟の信行との戦いで対峙するシーンで、採石後の丘に各々の陣が設置されました。

第3話では今川義元の軍勢の野営地として、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
信長(偽物)が尾張を逃げ出すシーンで、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
逆光で上手く取れませんでした、スミマセン。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
また桶狭間のある場所として、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
信長(偽物)達が今川軍を窺うシーンで使われています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
それ以外にも第五話で、信長(偽物)が浅井長政の目前で自陣の砦を破却するシーンに使われています。

そして隣の足利市にある「足利学校」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
テレビドラマの最後、第十一話の終わりのシーンで信長(偽物)が明智光秀(本物の信長)と天下を取る約束をする場面は、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここ足利学校にある「杏壇門(きょうだんもん)」の看板に「本能寺」の看板が取り付けられていました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
このシーンから映画版の信長協奏曲へとストーリーがつながっていくのです。

今回のロケ地訪問は栃木南西部の三箇所だけでしたが宇都宮まで足を延ばせば、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
第一話で信長の義父、斉藤道三の息子で信長の正室、帰蝶の兄である義竜との会見場所へと向かうシーンで用いられた「若山農場」にある竹林も見せて貰えたかもしれません。

PS.余談ですが、前出の第五話で信長軍の兵が砦を破却に向かうシーン、
クリックすると元のサイズで表示します
ほんの一瞬だけのシーンですが、遠方にぼんやりと映る建物に電気が灯っているのを見つけてしまいました。 こういうこともあるのですねぇ・・・

また近いうちに千葉の実家へ行く予定があるので、茨城・千葉方面のロケ地も訪れてみたいと思っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ