2016/4/3

真田丸inWS江戸  映画・ドラマ

N○Kの大河ドラマ「真田丸」の先週第12回「人質」と今週第13回「決戦」の撮影に、つくばみらい市のワープステーション江戸が活用されていたので検証してみました。

先ずは「人質」の中では、
クリックすると元のサイズで表示します
上杉景勝と真田信繁が海に向かうシーン、
クリックすると元のサイズで表示します
宿場オープンセットの外れが使われていました。

そして漁師の揉め事を解決して城に戻るシーン、
クリックすると元のサイズで表示します
江戸城ゾーンと江戸町屋ゾーンの境、
クリックすると元のサイズで表示します
江戸上屋敷通りを使っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
さすがN○Kだと思ったのは、
クリックすると元のサイズで表示します
民放と違って、建物奥から横につながる壁面を大道具が造っていて、しっかり仕事しています。

そして「決戦」では、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
上田城下の街中のシーン、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
宿場オープンセットが使われています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
大手門も江戸城ゾーンを上手く使っています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
街の入り口近くで向かえ打つ場面、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここでは大道具小道具が大活躍。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ドラマでは同じシーンに見えましたが、奥行きの関係で江戸城ゾーンの一番奥が使われていました。 大手門前に通じる迷路出口も宿場ゾーンからの通路が使われていました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
細切れに撮影したシーンを上手くつなげてありました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ