2016/5/20

シミュレーション福江ダム  旅行・観光

今回の旅行中、西日本最後のダム巡りとなった「福江ダム」は、五島福江にある福江空港から約4.1km、徒歩で片道1時間程の距離にあるので、空港からは散歩がてらにウォーキングでも往復する事が出来ます。

福江空港からの公共交通機関には、福江市街へと向かうバスがありますが日に何便も無く、空港からダムと同じ位の距離のある福江市街から福江ダムへ向かうには遠回りになってしまいます。

タクシーの利用も可能かとは思いますが、いわゆる裏道ルートをジモティ以外の乗客を乗せて通るには、乗客が道(ルート)を知っていて、交差点等で進路の指示が出せないと難しいのではないでしょうか。
(注!下に記したルートは、道幅等の関係からタクシーでは行けませんので悪しからず)

私の当初計画では、日頃の運動不足解消の為にウォーキングで往復するべくGoogle Map等を利用して道順をシミュレーションしていたのですが、他に寄る所が出来てしまったので自転車での往復になってしまいました。

福江空港からウォーキングで・・・もしくは私同様に折畳み自転車持参で、そのルートを走破してみようという猛者達が出てきたときの為にルート(行程)を記してみました。 もしも実施する場合は、自己責任でお願いします。

空港をスタートします。
クリックすると元のサイズで表示します
空港から最初に遭遇する無信号の交差点(十字路)を左折し、
クリックすると元のサイズで表示します
空港の滑走路を囲むフェンスを左手に見て先の角を左へと曲がります。
クリックすると元のサイズで表示します
畑の中へと下って行く舗装道が見えたら右折、
クリックすると元のサイズで表示します
道なりに進むと四辻の交差点に出ます。
クリックすると元のサイズで表示します
この交差点を左折、
クリックすると元のサイズで表示します
直ぐ現れる二股に分かれる道を右方向へ、
クリックすると元のサイズで表示します
背の高い木々の林の中を過ぎた辺りで、道の途中で右に下る坂道を下ります。
クリックすると元のサイズで表示します
小川に掛かる橋を渡り、直ぐの分岐点で右方向へ向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
バスの通る幹線道路?に出ますが、交差して真っ直ぐに進みます、
クリックすると元のサイズで表示します
道なりに右へ折れて進むと、
クリックすると元のサイズで表示します
左へと下る道に出るので、それを下り、
クリックすると元のサイズで表示します
再び小川に掛かる橋を渡ったら、
クリックすると元のサイズで表示します
川沿いに左折、川沿いの道を真っ直ぐに進みます。
クリックすると元のサイズで表示します
木の植わった小高い丘に到達したら、福江ダムが見えてきます。
クリックすると元のサイズで表示します
道なりに右方面へと坂道を上り、
クリックすると元のサイズで表示します
個人宅に入らないよう左へ進み、
クリックすると元のサイズで表示します
T字路を左折して、ダム堤体上を通過すると、
クリックすると元のサイズで表示します
福江ダムの管理事務所があります。
クリックすると元のサイズで表示します
インターフォンを押し、職員を呼び出してダムカードを入手しましょう。

帰りは行きと逆のルートで空港へと帰って来ます。 約2時間の行程になりますが、行きは下り、帰りは上りになるのでギア付きでないシルバット號ではキツクて・・・押して上がる部分が多かったです。
0

2016/5/20

長崎は今日も暑かった  旅行・観光

長崎道の今村PAで朝を迎えました。 今回の西日本旅行も、今日が実質的な最終日です。 朝食後、長崎道を大村ICで下りて長崎空港へとやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここ長崎空港は、関空や中部国際空港等と同様に空港関連施設のみが海上に設置されています。

空港の駐車場にスクリーン號を停めて、カートに折畳自転車のシルバット號を乗せて空港内カウンターへ預けます。
クリックすると元のサイズで表示します
3階にある展望エリアです。

今日はここからオリエンタルエアブリッジ(ORC)という会社の双発プロペラ機(ボンバルディア式 DHC8−201型)に乗り、片道30分の五島列島の五島、福江へとダム巡りに向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
離島部に位置するダムのダムカードは、小豆島、佐渡、隠岐、五島と、そう簡単に行ける場所ではないことからオークション等にも殆ど出品が無く、出品されても高値となるため入手するのは困難です。
クリックすると元のサイズで表示します
そして出品を待っていても何時になったらコンプリートするかは分からないので、今回の西日本旅行を利用して自分で貰いに行くことにしました。 五島福江にある福江ダムが、西日本におけるダムカード収集最後のダムとなります。
クリックすると元のサイズで表示します
長崎空港を09:35に出発するORC−071便で福江空港へ向かう乗客は25人程。
クリックすると元のサイズで表示します
およそ30分間のフライトは揺れも殆ど無く快適でしたが、上ったと思ったら直ぐに着陸態勢に入るので何も出来ません。

GW後のオフシーズンということもあり、空港の到着ロビーも閑散としています。
クリックすると元のサイズで表示します
福江空港ビルの脇でシルバット號を組み立てます。 旅行先でシルバット號が活躍するのは2006年7月の萩旅行時、街中散策に使用して以来・・・およそ10年ぶりになります。
クリックすると元のサイズで表示します
ダム巡りは、その報告をシミュレーションの形で別記事にしました。 道々写真を撮りながらでしたが、殆どが下り坂だったので20分程で到達しました。

旅行計画立案時には福江空港周辺には見どころらしいものは無いと思い込んでおり、福江空港と福江ダムの片道4.1kmをウォーキングで往復すれば、それだけで次の長崎行きの便まで時間が潰せると思っていたのですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
熊本地震による計画の見直しをしていたら、福江空港から車で5分という距離に「五島コンカナ王国」という温泉施設も有するリゾートホテルがあるということに、(うっかり?)気がついてしまいました・・・
クリックすると元のサイズで表示します
空港〜ダム間のウォーキングとコンカナ王国訪問を組み合わせるのは、滞在時間を考えると少し無理があるので見送りました。

空港からのタクシー利用も考えましたが不慣れな土地での進路指示は、ちと気が重かったので今回はパスしました。

五島コンカナ王国には、鉄分を多く含む鬼岳温泉、五島育ちのブドウを使った五島ワイナリーの他、郷土料理を扱うレストラン等もあるので、飛行機の出発時間迄を過ごすにはもってこいです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは福江ダムからの帰路と五島コンカナ王国に向かうルートが上り坂になっていて、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
かなり汗をかいたので正午から開館の「鬼岳温泉」を満喫しました。

そして王国内のワイナリーで土産用にワインを購入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
空港のレストランや売店を冷やかすよりも楽しく過ごせました。

空港までは下り坂なので、5分もかからずに到着、風が気持ちよくて楽ちんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここから長崎空港へ向かう次の便は13:35分発のORC−074便です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
再び30分のフライトで長崎空港へと帰って来ました。
0

2016/5/19

江山楼  ラーメンその他

長崎出身の福山氏ご用達の「思案橋ラーメン」は本日休業、近場の「天天有」は開店準備中だったので、中華街に戻り、幾つかある「江山楼」の内、長崎中華街本店へ入りました。
クリックすると元のサイズで表示します
「上ちゃんぽん」を麺硬めに出来るか聞いたら、出来ないとのことだったので普通で注文。
クリックすると元のサイズで表示します
程無く着丼、のっているのは、豚バラ肉、蒲鉾、竹輪、海老、烏賊、もやし、ニラ、キャベツ、あさり等です。

麺はパスタ並みの太さで、ややヨレ麺、スープは四海楼よりは断然マシな程度の豚骨白湯スープでした。 うーん本場物のチャンポンも皿うどんも、ちっとも美味くないぞ・・・
0

2016/5/19

軍艦島  旅行・観光

長崎港から南西約17.5kmに位置する軍艦島、正式名「端島」への上陸ツアーは、長崎常盤ターミナル桟橋から一日午前と午後の2回出発します。
クリックすると元のサイズで表示します
旅行計画をたてた4月中旬には、今日午前中のツアーは満席でしたが、熊本地震の後、5月初めにHPの予定表を確認したらキャンセルが大量に出たらしく、満席続きだった予定表にはかなりの余裕がありました。

2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録された際に軍艦島もその構成遺産に含まれました。

13時に集合ですが、歩き回って疲れたのと、日陰で休める場所が他になかったので、ツアー店舗前の椅子に腰かけてメールを打っていたら一番乗りになってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
午前便が戻ってきて、入れ替わるように乗り込みます。
クリックすると元のサイズで表示します
出航時から船内では島の概要と注意事項等説明があります。
クリックすると元のサイズで表示します
途中にある伊王島に寄った後、軍艦島に到着、上陸出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
天候が安定していないと上陸出来ないので、ラッキーです。 あまりに天気が良すぎて貸出していた麦わら帽子を借りましたが半袖から出ていた腕が真っ赤になるほど陽に焼けてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
上陸時間は1時間、有名どころでは「実写版 進撃の巨人」や「007スカイフォール」等、軍艦島は色々な映画やドラマの撮影が行われるロケ地でもあります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
但し、島内は自由に見て周れる訳ではなく、上陸地点から3箇所の解説ポイントを繋ぐルートを往復で辿るのみとなっています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
まぁ世界遺産とはいえ、富岡製糸場同様に要は廃墟ですから・・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
その寂れた感が昭和生まれの人々には、何となく郷愁を誘う感じに映るのではないでしょうか。
0

2016/5/19

四海樓  ラーメンその他

早めの昼時・・・ 折角、長崎へやって来たのだから、本場物のチャンポンや皿うどんを食べてみようと有名店の「四海樓」という店へ入りました。
クリックすると元のサイズで表示します
ネットにおけるこの店の評価では、チャンポンよりも好評価な「皿うどん」を太麺で注文。 少し待って着丼。 当然のことながら、リンガーハットの皿うどんとは見た目から違います。
クリックすると元のサイズで表示します
のっているのは、蒲鉾、キャベツ、もやし、烏賊足、海老等です。 麺は揚げた硬麺ではなく、ヨレのある太めのパスタみたいな、食感はうどんそのもので、チャンポンのスープに浸してから盛り付けた感じです。

正直言って美味しいものではありませんでした。 有名店でこのレベルだとすると・・・実は不味いのか?ちゃんぽん、皿うどん?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ