2016/8/26

観光地とダム巡り  旅行・観光

道の駅「いわいずみ」の朝は明るい曇り空。
クリックすると元のサイズで表示します
川沿いに位置するせいでしょう、霧状の靄も発生していました。
クリックすると元のサイズで表示します
8時前に出発、道の駅から西へR455から一旦R340に入り、再びR455へ戻って盛岡市街に近づいた頃から黒い雲が増えて来ました。

市北部にある「四十四田ダム」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
このダムは公式ダムカードを発行しています。 ここのカードは既に持っていましたが、走行ルートの近くだったので寄ってカードを貰いました。

続いて盛岡市南東部の「綱取ダム」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは非公認のダムカードを発行しています。 ここも既に持っていましたが、旅行の記念にカードを貰いました。

そして市内中心部にある「盛岡城跡公園(岩手公園)」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
盛岡城は別記事にします。
クリックすると元のサイズで表示します
公園内を半分位まで巡ったところで雨が降って来たので、旧盛岡銀行を眺めて、
クリックすると元のサイズで表示します
盛岡城跡を後にして、
クリックすると元のサイズで表示します
盛岡の有名な手作りパンの店「福田パン 長田町本店」に寄り、
クリックすると元のサイズで表示します
おやつ用として「クッキー&バニラ」と「ホイップクリーム」をミックスで購入。

早めの昼時、雨が強くなって来ました。 昼飯は「くさび -鶏の章-」へ入りました。
クリックすると元のサイズで表示します
ラーメンは別記事にします。

食後は、昨日とは逆に東北新幹線と東北道をの下を通り、時折土砂降り雨に車を洗われながら、秋田新幹線の進路に沿ってR45を秋田県側に向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
非公認ダムカードの「御所ダム」を経て、県境の仙岩峠の下に掘られた仙岩トンネルを通って、二日ぶりに秋田県へ入り、
クリックすると元のサイズで表示します
一昨日訪れた皆瀬ダムと同じく、私のコンプリート対象以降に公認ダムカードを新規発行した「鎧畑ダム」を訪問しました。
クリックすると元のサイズで表示します
鎧畑ダム近くで、スクリーン號の走行距離が55555kmになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして「田沢湖」の「たつこ像」を経由してR105から県道11号を通り、
クリックすると元のサイズで表示します
一風呂浴びに大仙市内にある「中里温泉」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここで汗を流して衣類も着替えてから、横手市内の実家へと到着しました。

夜は再び駅前のホテルにある温泉施設に入り、ホテル内にある小料理屋風のお店で見たことの無い秋田ブランドのお酒を頂きながらお食事を頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
天気予報では明日の天候は、次第に回復してくるとの事。 ジンクスは守られずに花火大会は無事に開催されそうです。
0

2016/8/25

碁石海岸レストハウス  ラーメンその他

大船渡のサンマラーメンは、東日本大震災復興支援の波にも乗って、ご当地グルメとして定着してきた感があります。
クリックすると元のサイズで表示します
サンマラーメンを提供している店の中でも、ダシにサンマを使っている等の目に見えないサンマの用い方ではなく、サンマの開きのみりん干しが一尾ドンとのっているラーメンを提供しているのが「碁石海岸レストハウス」です。
クリックすると元のサイズで表示します
この店の名物「大船渡さんまら〜めん」を麺硬めで注文しました。 フライパンでじっくり焼くので少々お時間を頂きますとの事。 10分程待って着丼。
クリックすると元のサイズで表示します
のっているのは、秋刀魚開きのみりん干し、わかめ、ナルト、メンマ、ねぎ、糸唐辛子です。 麺は中縮れ麺、スープは魚貝風味の醤油味でした。 これに白胡麻のかかった小ライスと香の物が付いてきます。

話の種としては面白いものの、味は期待していませんでしたが、名物に美味いもの無しということで・・・思った通りの味わいでした。
0

2016/8/25

ダムコンプリートと海の幸  旅行・観光

2日目の朝は小雨の降る曇り空。 朝の道の駅はなやま(宮城県栗原市花山)は、山間部のダム湖脇にありますが蒸し暑かったです。 8時頃に道の駅を出発して、栗原の市街へ下って行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
東北道と東北新幹線そして東北本線の下を通過して長沼ダムへ着いた頃には雲間から日差しも見えるようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
この長沼ダム、ネーミングライト(命名権)を売却していて、コンサルタント会社のパシフィックコンサルタンツが落札したので、「パシフィックコンサルタンツ長沼ダム」という、やけに長い名前になっています。
クリックすると元のサイズで表示します
型式はアースダムなので、カード画像のように上空からでも撮影しないと今一つダムだということが良く判りません。
クリックすると元のサイズで表示します
ダムカードは、ダムサイトから少し離れた宮城県東部土木事務所登米地域事務所で貰えます。 ここも平日限定なので集めるのが難しいダムでしたが、これで公式ダムカードはコンプリート達成となりました。

続いては、いよいよ最後のダムカートを入手すべく、かなり厳しい険道206号線を経て、宮城県南三陸町にある「払川ダム」に裏側(西側)から到達しました。
クリックすると元のサイズで表示します
このダムもダムカードはダムサイトではなく、東北大震災で被災し、気仙沼市内にあるプレハブの仮合同庁舎内の宮城県気仙沼土木事務所で貰う事が出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
ここのダムカードは公式カードではありませんが、国土交通省が発信するダムカード配布リスト上に記載があるので収集します。 このダムカードの入手をもって、私の収集対象としていたダムカードのコンプリートが達成されました。

気仙沼市街に入る前に岩井崎の潮吹岩を観て来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今日は風があるので、豪快に潮を吹き上げていました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
昼近くに大船渡市へと入り、気仙沼では魚市場近くで名物?「モウカの星」を食べたかったのですが・・・昼飯に食べられるお店が無さそうだったので、諦めました。

碁石海岸へとやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
大船渡は2014年の10月末にもダム巡りで訪れていますが、その時は朝早かった事とその後にもダム訪問の予定があった為、魚市場でサンマづくしの朝飯を食べただけなので、今回はそのリベンジです。
クリックすると元のサイズで表示します
ここ大船渡はサンマで有名ですが、地元グルメとしてサンマを使ったラーメンも定着しています。 前回来た時にもサンマの開きが丸々一尾のる姿が気になっていた「大船渡さんまら〜めん」を「碁石海岸レストハウス」で食べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
さんまラーメンは別記事にします。

食後に碁石海岸の景勝地「穴通磯(あなとおしいそ)」を見て、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
立ち寄り湯の出来る、大船渡温泉の海楽荘へとやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
この施設は港に近い高台にあり、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
海に面した展望風呂があります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
この日は天気が良くて暑い位になったので、気分が良かったです。

この後は短いながら部分開通している三陸道路に入りながらR45を北上して、本州最東端となる「とどヶ崎」の近くを経て宮古市街へと入って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
先ず訪れたのは「宮古魚菜市場」です。
クリックすると元のサイズで表示します
夕飯には少し早かったのですが、美味しい海鮮が食べられる食堂が16時閉店なので、
クリックすると元のサイズで表示します
「丼の店 おいかわ」で「宮古海鮮丼」に雲丹を乗せてもらいます。
クリックすると元のサイズで表示します
コストパフォーマンスは、かなりお値段高めかなぁ・・・

少し巻きがちに周って来たので、予定より1時間程余裕があります。 なので・・・明日の朝一番に訪れる予定だった「龍泉洞」へとやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
チケット売り場で、台風の影響で水に濁りがある事と、内部は上から雫が滴っている旨の注意がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
鍾乳洞に入った途端、寒い位の気温になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
龍泉洞は、日本三大鍾乳洞の一つに数えられ、洞内に住むコウモリと共に国の天然記念物指定を受けています。
クリックすると元のサイズで表示します
湧水により幾つもの深い地底湖を形成しており、第三地底湖は水深98mあり、未公開の第四地底湖は水深120m(日本一)あるそうです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
残念ながら、地底湖は5mも見えない位に濁りがあり、一部は濁流のようになっていて怖い位でした。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
雫のひどい所にはプラ波板でカバーがありましたが、パラパラと小雨程度に降っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
今夜はR455を少し戻って、道の駅「いわいずみ」で宿泊です。
1

2016/8/24

自然薯の館  旅行・観光

夕飯は、道の駅「路田里(ロータリー)はなやま」にあるレストラン「自然薯の館」で、
クリックすると元のサイズで表示します
ご当地名物の「自然薯定食」を岩魚の塩焼き・素揚げ、焼き汐マスの選択肢から、岩魚の塩焼きで注文。
クリックすると元のサイズで表示します
酢漬け生姜の添えられた昼に食べた鮎並みの小さな岩魚の塩焼き以外にお盆にのって出て来たのは、すり鉢に入った摺卸自然薯、季節の小鉢として冷奴、地元栗原産の麦飯、味噌汁、お新香です。
クリックすると元のサイズで表示します
今年は自然薯が不作なのだそうで店舗での販売も無く、出てきた自然薯もやや少なめでした。
クリックすると元のサイズで表示します
自然薯は粘りが強く、器のすり鉢に張り付いていて、かき集めるのに苦労する位でした。 味はさほど濃くは無く、さすがに山芋やとろろ芋とは違う味わいでしたが、コストパフォーマンスは今一。
クリックすると元のサイズで表示します
岩魚も冷凍ものらしく、昼に食べた鮎とは比べものにはならない程度の味でした。
0

2016/8/24

鮎乃家  旅行・観光

夏休み初日の昼は、秋田県湯沢市にある「鮎乃家」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは、県内を流れる雄物川上流の清流を利用して鮎の養殖を行っており、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
店の前に広がる養殖池には夏の日差しを受けて、沢山の鮎が銀輪を光らせていました。
クリックすると元のサイズで表示します
お昼ご飯にしてはお値段少々高めですが、この夏休み中にかみさん達と揃って食事が出来る唯一の機会なので、鮎三昧が楽しめる「小町鮎定食」を注文しました。
クリックすると元のサイズで表示します
鮎三昧の内容は、鮎の塩焼2尾、
クリックすると元のサイズで表示します
田楽(味噌)焼2尾、
クリックすると元のサイズで表示します
小振りの甘露煮数匹、
クリックすると元のサイズで表示します
唐揚げ2尾、
クリックすると元のサイズで表示します
2尾分のお刺身に
クリックすると元のサイズで表示します
1尾分のマリネ、
クリックすると元のサイズで表示します
お通しのお新香とごはん、味噌汁等が付いています。

甘露煮を除き、およそ計9尾分の鮎を頂きました。 鮎は身が柔らかくて独特の苦みも味わい深く、九州旅行では鮎が食べられなかったこともあり、今回は大満足です。 特に唐揚げが頭から骨まで食べられて、美味しかったです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ