2017/10/27

最後は何故か大仏・・・  旅行・観光

寒かったですが、朝焼けが綺麗でした。
クリックすると元のサイズで表示します
朝6時過ぎに出発、最初にやって来たのは、
クリックすると元のサイズで表示します
飯岡漁港の先にある屏風岩です。
クリックすると元のサイズで表示します
ここから始まる屏風ヶ浦の岩が朝日を浴びて輝いていました。

次にやって来たのは、犬吠埼灯台です。
クリックすると元のサイズで表示します
雲一つ無い青空に白い灯台が映えていました。

灯台を後にして、
クリックすると元のサイズで表示します
銚子漁港近くの「浜めし」へ朝飯を食べに来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
朝8時開店で、焼魚(この日は塩鮭)、小鉢(ガンモの煮物)、お新香、味噌汁がついた朝定食が500円、納豆か玉子が選べるので納豆を選択。
クリックすると元のサイズで表示します
塩鮭が、やけに塩辛かったです。

そして「飯沼観音」へやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
以前来た時に五重の塔が見えたので気になっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
正式には飯沼山円福寺といい、鎌倉に比べると小さな大仏がありました。

ここの裏参道下に今川焼の有名店「さのや」があります。
クリックすると元のサイズで表示します
ここの今川焼はとにかく太い、というか普通の倍の厚みがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
ここに、おはぎ1個分位の餡子が入っているので、白あんと黒あん2個食べたら、もう何も入りません。

折角銚子に来たので、醤油工場に寄ってみようと、
クリックすると元のサイズで表示します
ヤマサの「味わい体験館」を訪問。
クリックすると元のサイズで表示します
見学する程ではないので、買物だけして来ました。

銚子には食べる醤油もあるというので、街中にある「銚子山十商店」に寄り、
クリックすると元のサイズで表示します
「ひ志お」という醤油加工品を土産に買いました。

銚子を後にして、昼飯を食べに東庄町へ向かいます。 途中、河口堰が連なる橋を渡った所に管理事務所が・・・
クリックすると元のサイズで表示します
以前来た時とは違う管理事務所でしたが、新しいバージョンのダムカードを入手しました。

昼飯は東庄町の「青柳亭」で、
クリックすると元のサイズで表示します
名物だという「しじみ丼」を注文。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
シジミを玉葱と糸こんにゃくで煮て玉子でとじたものですが、名物に・・・以下省略。

さて、今回の旅行の最後は、千葉への行き帰りに、圏央道から背中を眺めることはあっても、
クリックすると元のサイズで表示します
正面を観たのは何時だったか忘れてしまう位前だったので・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「牛久大仏」へやって来ました。 やけに外国人の観光客が多かったです。
クリックすると元のサイズで表示します
ギネス認定の世界最大の大仏だという事で、体内に親指の実寸模型が展示されていましたが、
クリックすると元のサイズで表示します
人が蟻位の大きさに見えてしまいます。 台風の合間を縫うような今回の旅行を振り返ると、大仏に始まり大仏に終わるという・・・大仏と海鮮食道楽の旅でした。

この日、日中は暑かったので売店で、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「茨城りんごソフトクリーム」を買い求めてしまいました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ