2019/7/13

排水トラブル対応  模型造り・工事・園芸等

今年5月の連休中、徹底的にベランダを掃除した際、排水口(管)にゴミが詰まっているのか、水の流れがかなり悪く(ベランダ下部に水が溜まり、縦樋にチョロチョロとしか音がしない)なっている事がわかりました。

既に梅雨も真っ盛り?になっていますし、ゲリラ豪雨が降ってベランダに溜まった水が部屋に溢れるなんて事は避けたいですよね。

先月から何度か詰まったゴミを除去しようと思ったのですが・・・ベランダの構造が悪いようで、ベランダ床板直下の排水口分が床を構成する基礎部分に覆われているみたいで、手どころか指すら排水口には届きません。

仕方がないので少々(かなり)荒い対応ですが、排水口のある部分の上からベランダ床板に穴をあけてみたのですが・・・、ベランダを構成する基礎部分?に阻まれて排水口を確認することが出来ません。
クリックすると元のサイズで表示します
排水口のある辺りに部分的にドライバーが通る(差込める)箇所があるので、ここから園芸用の太い針金を送り出してゴミを押し出せないか挑戦してみましたが、上手くいきませんでした。

そして今日、かくなる上は樹脂製の床板を外して、排水口部分を確認してのごみの除去・掃除と、今後の為にも排水口部分に手を加えられるように床板をカットする必要があります。
クリックすると元のサイズで表示します
床板のはめ込みパーツを外してみましたが、築年後既に20年以上経過して、床板を止めているネジが錆びついた上に崩れています。 これでは床板を簡単に外すことが出来ません。
クリックすると元のサイズで表示します
かくなる上は、床になっている塩ビの板を部分的に切り取って排水口を確認する必要があります。
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは電動ドリル(電ドリ)でカットする部分に穴をあけていきます。 次にこの穴をニッパーや金切りバサミでつないでいきます。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてオープン。
クリックすると元のサイズで表示します
排水口部分には、塩ビのカバーが付いていて、これにゴミと汚泥が詰まっていました。 排水管には問題がなさそうなので、先ずはカバーを切除して撤去。
クリックすると元のサイズで表示します
汚泥を取り除き、ベランダの端から排水口へ沢山の水を流し込みました。
クリックすると元のサイズで表示します
ゴミ除けの網を設置して終了です。
クリックすると元のサイズで表示します
まさかあのような構造になっているとは思いませんでしたが、何とか水(排水)が流れてくれるようになったので一安心です。
0

2019/7/13

貴重な陽射しが・・・  ラーメンその他

朝早い時間に千葉の実家を出て埼玉県央部へ着いたら、陽が射してきたので行きつけのスーパーに買い物に出掛けている間に洗濯機を回し、帰ってから干し終えてたら日差しが消えてしまいました。

ベランダの排水問題を解決するべく作業を開始。 あと二手間三手間掛かりそうなところで昼時になったので、昼飯は「ふくのや」へ行き「冷やし中華」の大盛を注文。 今日の茹で役は社長でした。
クリックすると元のサイズで表示します
食事を終えて帰宅し、排水問題解決の為の作業を継続しました。 この作業・・・少し大掛かりになったので別記事にします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ