2018/11/10

ボヘミアンラプソディー  映画・ドラマ

今日は地元シネコンへ映画「ボヘミアンラプソディー」を観に行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
我々世代の青春時代は、ブリティッシュロックのクイーン、アメリカンロックのキッスが躍進していた時代。 作中で演奏されるのは、全て聴き慣れた曲ばかり。

ネタバレでない程度に解説すれば、最初はラミ・マレック演じるフレディが出っ歯過ぎで違和感がありましたが、次第になりきりクイーンから目が離せなくなりました。 思った以上に良い出来の作品になっています。

星は5つ、ドキュメンタリー部門でも賞が取れるかもしれません。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ