2020/5/30

リアカメラ用のパーツ造り  模型造り・工事・園芸等

リアガラスに両面テープで装着したものの、外れて宙ぶらりんになっていたドライブレコーダーのリアカメラ、先日接着面を増やすためにプラバンで作ったパーツに、ペーパータオルの芯等を利用して新たにパーツを作ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
接着する基台のあるガラス面側にレンズが向くので、基台がレンズの視界を妨げないように削ってみたり、カメラの可動領域を妨げないような構造にして、接着面を増やす形状にしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
このパーツを装着し、更に今迄以上に強力な工業用の両面テープを使って取り付けてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
さて、これからの季節、殆どサウナ状態になる車内で果たして持ちこたえられるのでしょうか? まぁ、これでもダメな場合は、基台を大きくしてスペースが出来たので、最後の手段のネジ止めしちゃいましょう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ