2011/3/26

英国王のスピーチ  映画・ドラマ

今日は映画をハシゴするつもりで観に行きました。 最初の映画は、アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、オリジナル脚本賞を受賞したイギリス/オーストラリア合作映画「英国王のスピーチ」です。
クリックすると元のサイズで表示します
主演は本作でゴールデングローブ賞の主演男優賞も受賞したコリン・ファースですが、舞台中心の俳優のせいでしょう、あまり馴染みがありません。

馴染みがあるのは、吃音に悩む英国王ジョージ6世の王妃を演じたヘレナ・ボナム=カーター(アリス・イン・ワンダーランドの赤の女王)位でしょうか。

ネタバレでない程度に解説すれば、端的に言って、良い映画だと思います・・・が、イギリス映画ってどうして今一つ雰囲気が暗いんでしょうかねぇ・・・(笑)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ