2006/9/6  05/11/27の散財A  散財

SFC ハロー! パックマン 100円。
クリックすると元のサイズで表示します
数あるパックマンシリーズの中の異色作です。どのへんが異色かというと、パックマンを直接操作しないというところです。手の形をしたカーソルを使います。移動させたい方向にカーソルを動かしてボタンを押すと、そっちのほうへパックマンが向かっていくのです。SFCワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノと似た移動システムです。

でまた、パックマンのリアクションがとても楽しいです。ゲームキャラらしからぬ動き。アニメみたいでよかったです。

ミニゲームで、元祖パックマンも楽しめました。100円でラッキー。
0

2006/9/5  05/11/27の散財@  散財

SFC 渓流王 100円。
クリックすると元のサイズで表示します
はっきり言って今まで全く食指が動かなかったつりゲーム。なんたってちゃんとつりをやったことがない素人なのです。釣りをする人は何時間も釣り糸をたれていたりするそうだけど、ヒマじゃないのか? 時間がもったいなくないか? 

それで釣りゲームは巷に数あれどほとんど購入せずにきました。

しかし100円はあまりに安く魅力的でした。

出てくるおじいさんは結構しっかりしていて、さまざまな種類のつりのことを教えてくれました。そのうち自分内につりブームは来るかどうか。
0

2006/8/20  祝4,000HIT!!  

4,000ヒット到達です。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、8月はあまり更新できませんでした。珍しくゲームをやってしまったからだと思います。クリア済みでもドラクエはやりやすくていいです。

それはさておき……

今回はキリ番を自ら踏むことはできませんでした。ま、いいんですが。それより、ろくに更新もせずに大台を待ってしまって反省です。
0

2006/8/18  ドラクエ1・2終了  ゲーム

割と速攻でクリアすることができました。

SFC版は、FC版の元祖と比べると、ずいぶんやりやすくなっていました。FCのころは、まあふっかつのじゅもんはさておき、ラスボスのシドーがベホマを使ってきたり、生き返りの呪文ザオリクを使えるキャラが一番死にやすかったりと非常に難しいものでした。

今回は、最後の呪文パルプンテを覚える前にクリアしてしまいました。

SFC版は確か、2回目のクリアですが、大体やることがわかっていても、懐かしさも手伝っておもしろかったです。

今嫁さんがドラクエ3にハマりこんでいます。オレも1・2の次は3、と思っていたのですが、3はそうとう後の時代に発売されていて(6の後)、とても洗練されているようで、評価もとても高いです。ストーリーがつながっているとはいえ1・2・3とやってしまうと、もう少し前の時代のRPGをやれなくなってしまうのではないかという危惧が、3に踏み込ませません。嫁さんがやるのを見て、次はこうだよとか言うのを我慢しています。
0

2006/8/18  05/11/11の散財E  散財

N64 64大相撲 180円。
クリックすると元のサイズで表示します
ずいぶん久々の更新になってしまいました……。ドラクエをやってたもんでなかなかテストプレーできず。

さて、中身のほうです。ゲームですもうというとFCの「つっぱり大相撲」を思い出します。あれはボタンを押して押しまくって、体力を減らしたところでコマンドを入れると大技が出るというのが基本のスタイルでした。

こちらの64大相撲は、割と力押しがありません。相手が押したボタンと反対方向にレバーを入れると攻撃を防ぐことができたり、空振りをすると疲れたりと、結構駆け引きが楽しめます。で、心・技・体のパラメータがあり、勝ち方によってそれぞれが増え、特徴ある力士になっていきます。たとえば、突き出して勝つと「体」、という具合です。

ボトムアップという知らない会社が作ったものですが、さすが64、なかなかおもしろそうな感じでした。
0

2006/8/5  ドラクエ  ゲーム

FCのサンサーラナーガ、断念しました。攻略サイトを見ながらの作業になってしまったこと、時間を費やしているのにおもしろいと感じられないことが原因です。時間は有限なので、おもしろいと思えるものをやらなくてはと思いたち、ドラクエをやることにしました。
ドラクエは好きで、ファミコンでT・U・V・W、SFCでX・Yをクリアしています。Zと[は持っているのですがやったことはありません。

で、SFCのドラクエVがやってみたいということになり(勝ったのは何年も前だがやっていなかった)、そのためにはTとUもやってから、ということで、SFCドラクエを始めることになりました。

早速、ドラクエTはクリア! SFCになって、非常に簡単になった気がします。もちろん、話の筋や謎解きなどはすでに知っているからというせいもあるかもしれません。……にしても、おもしろかったです。

で、今日からドラクエUを始めました! サマルトリアの王子を仲間にし、銀の鍵を取って今日はジエンドです。

0

2006/8/4  05/11/11の散財D  散財

N64 ポケモンスタジアム 80円。
クリックすると元のサイズで表示します
ついに出ました2ケタ値段。さすがにこれは珍しいですね。よほど在庫を余していたのでしょうか。

ゲームボーイで育てたポケモンを64上で戦わせることができるというものです。

ただ、40体しか選べないというのはちょっとイメージがよくないかもしれませんね。どうせならどのポケモンでも選べるといいのに、と思います。
0

2006/7/31  05/11/11の散財C  散財

SFC BURAI八玉の勇士伝 180円。
クリックすると元のサイズで表示します
RPGです。前の持ち主のセーブデータで始めてみました。まず気がついたことは、カセットのくせにCDロムのゲームばりに、読み込み時間があるのです……。これはすごいストレスでした。続ける気を失せさせるのに十分なほどに。

元はPCエンジンのCDソフトで、確か名作との誉れが高かったのですが。PCエンジンではUまで出ていたのに、SFCでは出ていません。やはり一発目の出来があまりに悪かったからなのでしょう。数あるやらないゲームの中でも、まずもうやらないもののひとつでしょう。
0

2006/7/29  05/11/11の散財B  散財

SFC ダウン・ザ・ワールド 380円。
クリックすると元のサイズで表示します
RPGです。発売は割と新し目で、1994年です。あれっ、年号を見るとつい最近という気がするけど、もう12年も前になるのか……

自分が動かすキャラは、10人いる「涙の戦士」の10人目の落ちこぼれです。ほかのみんなはもうやられてしまいました。で、どこかにいる勇者を探して一緒に旅をして、世界を救うというストーリー。で、勇者はどこにいるのかというと、何を隠そうほかならぬプレーヤーなのです。彼は「どこからか見られている……」ときょろきょろしていますが、ついにこちらに気づいて話しかけてくるのです。なかなかおもしろいなと思いました。

戦闘はセミオートで、作戦を決めてやって後は見てます。仲間はおそらくだんだん増えていくのでしょう。

大学の後輩がこのゲームのことをずいぶんほめていました。そのうちじっくりやってみましょう。

ちなみに、説明書なしでは180円の値段がついていました。
0

2006/7/28  05/11/11の散財A  散財

SFC 邪鬼破壊 280円。
クリックすると元のサイズで表示します
タイトルからは、何のゲームだかさっぱりわかりません、これも。せいぜい、アクションかシューティングあたりしか思いつきませんでしたが。

ふたを開けてみるとなんとピンボールのゲームでした。なんかおどろおどろしい台で、うごめいている邪鬼Uボールがぶつかると倒せたり、点数が入ったりします。これがなかなかおもしろい。ボールで何とかあの敵をやっつけてやろう、という風に思えるのです。ただのピンボールより断然おもしろいです。
0

2006/7/27  05/11/11の散財@  散財

FC フリップル 180円。
クリックすると元のサイズで表示します
カセットからは、いったい何のゲームなのかさっぱりわかりません。金がない少年のころは、中身がわからないゲームにお金を出すリスクを負うことはとてもできず、つい去年まで持ったことはありませんでした。

これはパズルゲームです。左端に、数種類の模様の四角いパネルが30個くらい固まっていて、右端から主人公が同じ模様のパネルを投げてぶつかるとその柄のパネルは両方消え、隣のパネルが主人公のところに飛んできます。これを繰り返して、パネルを消していきます。しかしすべてのパネルを消すのではなく、最後数枚残っていてもクリアになります。どうなればクリアなのかは何回かやりましたが判然としませんでした。

横で見ていたパズルが好きらしい嫁さんがやってみて、しばしハマっていました。
0

2006/7/25  05/11/6の散財J  散財

FC ジャウスト 294円。
クリックすると元のサイズで表示します
カセットを見るとなんだかおどろおどろしい感じが漂っています。
中身はバルーンファイトです。キャラクターはもちろん違いますが。むしろ、実はこちらが先で、バルーンファイトのほうがアレンジ版らしいのです。

2人プレイもあるので、ひとしきり嫁さんと盛り上がりました。というか嫁さんが盛り上がってました。

しかし、バルーンファイトとは操作感がどうも違うのです。動きが悪いというか……バルーンファイトより当たり判定がきつく、ちょっとでも敵より下にいると死にます。やはり任天堂恐るべし。
0

2006/7/24  05/11/6の散財I  散財

FC 孔雀王U 294円。
クリックすると元のサイズで表示します
孔雀王というマンガが元ネタらしいです。ポートピアのような、コマンド選択型のアドベンチャーゲームです。

「退魔業」(ゴーストバスターみたいなものでしょうか)をしている主人公クジャク。「裏高野」(高野山のヤミ版)を行っていると、突然襲われます。襲ってきたのはなんと、織田信長! しびれました。不思議な事件も同時に起こっていて……これでぐいぐい引き込まれて、しばらくやめられませんでした。
0

2006/7/20  05/11/6の散財H  散財

FC メタルフレームサイバスター 294円。
クリックすると元のサイズで表示します
すごいかっこいいアクションゲームに見えますね。しかし、この中央の赤い人物は、画面ではものすごく小さいです。スーパーマリオのファイヤボールくらいしかありません。そこで、ロボットに乗って敵と戦うわけですが、このロボットがまた、丸い頭部にカマドウマの足みたいのがついたやつで……動きも大雑把で、カッコイイのはカッコイイのですがいまひとつ操作感が悪かったです。
0

2006/7/17  05/11/6の散財G  散財

FC ホステージ 294円。
クリックすると元のサイズで表示します
hostageとは、人質のことです。発音は実は「ホステージ」ではなく「ホステッジ」のような感じになります。人質が捕らえられたビルに忍び込み、ギャングを全滅させて人質を救出するというゲームです。

まずは敵のスポットライトをかいくぐって建物に忍び込みます。狙撃隊は外からシルエットで見える敵を討ち、先ほど忍び込んだほうは割れたガラス窓から侵入して、3Dダンジョン風画面で敵を撃ち殺していきます。期待していなかった割にはなかなか面白そうな感じでした。
0




AutoPage最新お知らせ