2013/1/7  三者面談開始  学校

三者面談開始。毎日5人ずつの予定。忙しいところ15分くらい話するのに親御さんに来てもらうのも心苦しいところはあるが、本人と親と教師で話し合うということ自体に意味がある。もちろんそれなりのネタは用意しておく必要はあるが……

いよいよ春から3年生。長い長い不況の中、何人が進路を決められるだろうか。

なんとか「使える!」と思ってもらえる生徒にしなくては。

空いた時間で、パソコンの設定。今使っているパソコンの液晶が割れて、ここしばらく外部ディスプレイにノートパソコンの画面を出している。狭い机の上で、やはり場所をとるので新しいパソコンを使いたいと思っていたが、ソフトやらメールやら環境を同じにするのがものすごい手間で、ほったらかしてあった。今日からようやく設定開始。なぜか、Windows Live にサインインできない。困った。
0

2006/4/8  出発、そして奇遇  学校

この春、2年間担任した学年、愛するマイクラスと辛い別れをして遠い街に越してきました。高校生活最後の1年を見届けられないことはとても辛いですが、たくましく育ってほしいと強く思います。

新しい学校では生徒指導部で、生徒会担当だと聞いていたので、こんなに若いうちに担任を外れるとは思っておらず不思議な気分でした。まあ与えられた立場で一生懸命やろうと気合を入れていたところ、今週になって急遽1年生の担任を命じられました。商業科ということで全くわからないことだらけですが、何とか勉強して行こうと思っています。

するとおもしろいことが。
同じ学年に結構ベテランの担任の先生がいるのですが、これまでの赴任校を聞いていくうちに、オレの弟の高校時代の担任だったということが判明したのです。なんという奇遇でしょう。世間は狭い。今の学校には知っている先生がひとりもいなかったということもあり、なんかうれしい気分でもありました。
0

2006/2/12  三者面談の嵐  学校

11日土曜日は、三者面談デーでした。

先月からずっとやっているのですが、保護者の皆さんに提示した面談可能日の中に土曜日が他にないせいで、この日に集中したみたい。

生徒の親御さんですから、こっちのほうがうんと若造です。中には歳の離れた上のお子さんがオレとほぼ同い年、なんてこともあります。緊張します。まぁ学校のことや進路のことはこちらが専門だから、そうびくびくしているわけでもありませんが。

オレは親に勉強しろと言われたことはただの一度もなく、自分に任せてもらって(あるいは任せられているように思い込まされて)ここちよくやってましたので、「本人に任せています」という親御さんの言葉は漠然といいものだと思っていました。

しかし前の学校である先生が「本人に任せています、と簡単に言う親御さんが結構いるけど、親にも『こうなってほしい』という思いはあるべきだ」と言っているのを聞いて、なるほどと納得しました。

といって、本人に任せていますという親がすべてだめだなんて思いません。任せるに足る生徒もいるし、そういう育て方もあると思います。

今は、「任せています」に足る生徒かどうか、無責任な発言ではないかどうか、ということには気をつけて聞くようにしています。大切なのは、親にしろ子にしろ、筋の通った生き方をしているかどうかだな、と改めて思います。
0

2006/1/25  進路講演会  学校

今日は、外部から講師をお招きして、総合的な学習の時間を使って進路講演会をやりました。特に専門学校進学志望者に対しては、ろくすっぽ進路研究もせずに専門専門言っていることをきちんと否定していただけました。普段教師が言っていることも重なる部分はあるのですが、あらためて学校外の方に話していただくと新たな衝撃があるようです。われわれも、専門学校に関してはわからないことがまだまだ多いので、大変勉強になりました。

……外部の方ということで、久しぶりに上下揃いのスーツを着ました(暑がりなので、普段はYシャツにネクタイどまり)。名刺も、久しぶりに出したなあ。名詞は3年生の担任をしているときに作ってもらえるので、三を砂消しで直すという涙ぐましい努力もしました。
0

2006/1/22  歌う生徒会長  学校

今日は模試のあと、クラスの生徒(歌手志望で、結構地元で活動している)が、自宅近くのショッピングセンターで行われるライブに参加するというので、見に行きました。結構頻繁にライブ活動はしているようですが、なかなか見に行く機会がなかったので、今日は良かったです。素人なのに、作る曲も詞もなかなか良く、本当に歌手になるかもしれないなあ、と思ったりもします。

でも、歌手を目指すのはいいし、一生懸命活動しているのはとてもいいことだけれども、現実的に歌手になるのは簡単ではないということ、そして今やるべきことをしっかりやらずして、未来の希望は達成できないのだということを、何とか伝えたいと思っています。

オレのクラスは大学進学を目指すクラス(文型)なのですが、彼、どうも勉強のほうは身が入らないのです。

だんだん復活の兆しは見えるので、今後しっかりがんばってほしいと思っています。せっかく好きなことをやるのなら、勉強から逃げたという思いをどこかに抱えたままでは言葉に説得力も出ないし、大学生になっていろんな人生の方向性を探りながら歌うのでもいいと思うのです。

一方で、ぜひ歌手になってほしいから活動をがんばってほしいという気持ちもあります。

相反するような気持ちを持ちながら、彼には高校生の本分・勉強をもっとがんばらせたいと思っています。
生徒会長でもある彼。
勉強もがんばれないはずはない、と信じて応援することにします。
0

2006/1/21  模試  学校

今日は、学校の模擬試験監督でした。世の中はセンター試験のリスニングでがやがや。来年のセンター試験へ向けて密かに闘志を燃やすわがクラスでありました。そろそろ3年生ということで、少しずつ勉強に向かう雰囲気も出てきました。……けど、先週の授業で散々やってたのくらい正解してくれー! 来年度が少々心配です。
0

2006/1/11  学習合宿終わり  学校

1月5日から8日まで3泊4日で、生徒を連れて隣県の青年の家に学習合宿に行ってきました。国語・数学・英語で、自習⇒授業の繰り返しで、自分で勉強することの大切さを知ってもらおうというのを主目的として行いました。そんなこともあって、散財のほうも更新できなくて……。

進学クラスということで無理やり連れて行った生徒もいましたが、結構一生懸命やって、充実感を味わったようでよかったです。こちらもなかなか授業もうまくいったし、生徒の勉強の姿勢もなかなか良くて、それほど疲れの残らない合宿でした。
0




AutoPage最新お知らせ