2006/1/31 | 投稿者: らっち

今日は、皆さんに質問です。

@このサイトについて
先日判明したことですが、このブログの元となるサイト「広島・都市観光の創造」の存在を知らない方が若干いらっしゃるようです…。
とある合唱人の方のサイトを見ても、「リンク集」に「まちづくりと音楽と…」は掲載していただいているのですが、「広島・都市観光の創造」は入っていません…。(まあ、この方の場合、このブログが「らっちの写真日記」のときにメールをお送りしたのがきっかけなので、その関係でそうなっているのかもしれません。今度メールして聞いてみよう…)
そこで、みなさんにちょっと聞きたいのですが、このサイトとブログの関係、分かりにくいでしょうか? 一応、右上の「リンク集」のところに「ホーム」を作っているんですけど…。
仮に「分かり難い」と言われても、改善策がないのですが、ちょっと気になったので聞いてみます。

Aオフ会?
以前から私がちょくちょく言っている「みんなで飲み会でもしよう」という話ですが、「どういう形がいいかなぁ」と、今考えています。
「小澤フォーレ組の同窓会」という形が基本になるのかな、とは思うのですが、一方で「まちづくりに興味がある人」に集まってもらってゆっくり話をしたい、という思いもある。
ただ、みんなが集まると、多分収集がつかなくなる。どういう形がいいでしょうか? 「まずはネット上で交流を図ることかな?」とも思うのですが、「みんなで飲みに行きたいなぁ」という思いもあったりします。どうでしょう? 小澤フォーレ組なら、何かの演奏会のあと、という方法もあるかな?

(最近、ブログに写真がないですね…。スイマセン。でも、しばらくこの状態が続くかも…)

2006/1/28 | 投稿者: らっち

以前、このブログでもちょっと紹介した「横浜市・日本大通りオープンカフェ」ですが、詳しいことが分かってきました。(横浜市の担当の方々、情報提供ありがとうございました)
詳しくは、後日サイトを書き換えることで述べたいと思いますが、「面白いな」と思ったことを数点だけ報告します。

@道路法・道路交通法をクリアする手段が見えてきた。
H17年3月に、国土交通省が「道を活用した地域活動の円滑化のためのガイドライン」というものを策定しています。これにより、諸法令への対応が容易になりました。もう、「法律に書いてないから出来ない」とは言えず、「充分協議すれば可能」というレベルになってきています。

A民間主体の事業だった
こういう社会実験を行なう場合、行政主導で「こういったことをしよう」とあらかじめ大筋を決め、それを基に行われることが多いのですが、横浜市の場合は違いました。
地元事業者等の有志の集まりである「実行委員会」が主体で、行政はあくまでも調整役。
実行委員会と行政が定期的に会議を行ない、具体的な内容を詰めて行った様子です。「営利を追求する民間」と、「公共の利益を守る行政」が上手く融合した、ということでしょう。
その結果、歴史的建造物と調和する景観が出来あがった、と言うことだと思います。

B道路占用料
普通、公道を何らかの形で独占的に利用する場合、「道路占用料」というものを行政に支払うことになっています。(例えば、その辺りに建っている電柱も、1本いくらで金を払って道路を使用しています)
ただし、「電柱は一本いくら」と決まっていますが、「オープンカフェ」についてはその基準になるものがありません。横浜市では「その他のもの」(道路法第32条第1項第6号)として取り扱ったとのことで、横浜市の条例では、この場合2,600円/u(一ヵ月)となります。
これをそのまま徴収された様子ですが、冷静に考えると非常に高い金額です。各店舗の負担は占用料だけで10〜15万円/月程度になっているとのことで、将来の常設化を考えると、この占用料の高さはネックになりそうな気がします。減免の必要があるでしょう。

ひとまず、ざっと感想を述べました。他のサイトで、日本大通りのオープンカフェの様子を写真で見ましたが、日本らしくない、美しい景観が出来上がった様子です。
これを広島・平和大通りでも… と思います。具体的な手法等も、サイトの書き換えで提示していければ、と思います。

ところで、めぐめぐさん、写真はどうでしょう? 今は札幌かな?(まあ、書き換える原稿がまだ出来ていないので、日本大通りの写真が必要かどうかも、現時点では不明ですが…)

2006/1/23 | 投稿者: らっち

 今年、ウィーンフィルが広島に来るそうです。しかも指揮はアーノンクール。間違いなく、今年一番の話題の演奏会になるでしょう。
http://www.greenconcert.jp/
 このサイトの「平和記念公園」のページで、「広島には音楽専用ホールがないから世界のトップクラスが来ない」というようなことを書きましたが、専用ホールがなくても厚生年金会館でやるそうです。
 …でも、なんで郵便貯金ホールじゃないんでしょう? 客席数を優先した? まず間違いなく、そうでしょうね。
 …それで良いのでしょうか? 「何だよこのホールは! 二度と広島には来るもんか!」と思われたりして…。
 やっぱり、専用ホールは欲しいですね。
(取り急ぎ、今日はここまで。)

2006/1/22 | 投稿者: らっち

 昨日・今日と、大学入試センター試験が行なわれ、新聞にも問題と回答が掲載されていました。
 私にとって、大学入試などもう遠い過去の話なのですが、暇つぶしをかねて、入試問題にチャレンジしてみました。
 と言っても、英語なんてきれいに忘れてしまっていますので、挑戦したのは、国語(現代文のみ)、地理B、現代社会の3科目です。
 国語は今でも日常的に使っている言葉。地理は元々好きだし、現代社会は今生きている日常そのもの。まあ、簡単に平均70点くらいはとれるだろう… と思っていました。

 結果は…。国語56点、地理55点、現代社会70点でした…。(すべて100点満点)

 恥ずかしい…。全科目、あと10点くらいは取れてもよさそうなものですが…。
 「な〜んだ。コイツ、馬鹿じゃん!」と思った貴方! 実際にやってみな。以外と難しいですよ。現代文なんて、「こんな難しい文章を読ませるの?」という感じです。
 大学生の知能低下が問題視されますが、入試問題自体は難しいですよ…。(それにしても、疲れた〜。試験って、体力使うものですね…)

2006/1/20 | 投稿者: らっち

 貨物ヤード跡地への新球場建設をきっかけに、広島駅周辺が大きく変貌しそうです。
 新幹線口Cブロック地区が相次いで動き始めたほか、第2バスセンター構想も出、またBブロック地区についても動き出す気配があります。
 これまで懸案だったものが動きはじめること自体は結構なことですが、少々問題なのは「いずれも民間主導である」ということです。
勿論、財政難の時代ですので、民間主導はある程度やむを得ないことだとは思いますが、それにしても、「広島市自体が、ここをどういう風にしたい」というビジョンはないのでしょうか?
玄関口であり、また交通の要でもある場所です。「ただ立派なビルが建っていれば良い」という訳にはいかない筈です。
一応、広島市の都心ビジョンの中に、こういうイメージ図がありますが、どうもはっきりせず、具体的な方針が見えてきません。
そこで今日は、広島駅周辺について、私の思うことを語りたいと思います。

@どうしても計画内に取り入れて欲しいもの
既存の駅周辺の施設、そして今後出来そうなものを全部見てみると、ホテルや商業施設・飲食店と言った、「玄関口に欲しいもの」は概ね整備されることになりそうです。
ですが、それとは別に、個人的に私がどうしても欲しいものがあります。以前にも語ったことがありましたが、「広島都市圏の各大学の共同サテライトキャンパス」です。(イメージとしては、京都の「キャンパスプラザ京都」です)
広島大学を筆頭に、広島の大学はそのほとんどが郊外に立地しています。郊外に散っている大学生を街中に呼び戻すため、また学生間の交流を活発化させるため、ひいては各大学の生き残りのためにも、こういう施設を街中に作ることはどうしても必要だと思います。
以前にも書きましたが、「授業を受けるための施設」だけでなく、「学生間が交流できるための施設」も併設できればもっと良い。その手段として、以前「合同サークルボックスなどは作れないか」と書きました。
せっかく動き出す再開発です。行政や各大学が関与して、こういう施設を取り込むことを考えるべきではないでしょうか?

A路面電車網の整備
元々、交通網整備に問題がある広島です。これを機に、せめて駅周辺だけは、完璧に近い交通網を整備しましょう。以下、私の妄想図です。
クリックすると元のサイズで表示します
赤い線、緑色の線はいずれも路面電車です。(緑色は比治山線、赤色はその他路線です)
福岡が、空港〜博多駅〜天神を一本の地下鉄で結んでいるのと同様、広島も、第2バスセンター〜広島駅南口〜八丁堀・紙屋町を路面電車で結びましょう。
この案では、比治山線は、第2バスセンターを出た後、広島駅南口、新球場を経由して、中広宇品線(段原サティの前の通り)を走り、皆見町6丁目で既存の宇品線と合流します。
 一方、比治山線以外の路線は、第2バスセンターを出た後、広島駅南口を経由し、そのまま駅前大橋を通って、稲荷町交差点からは既存の路線に戻ります。
 いずれの路線も、広島駅を横断することになりますので、地下化、あるいは高架化が必要になります。出来れば、駅前の交差点も地下や高架で建設し、少しでもスピードアップを図りたいところです。
 また、右折が必要となる稲荷町交差点も地下化すれば、さらなるスピードアップが図れます。ここまでやれば、「もう、スピードの面では地下鉄は不要」と言って良いでしょう。
 …と、夢を語ったのは良いですが、これらの工事は相当難しいでしょうね…。例えば、「広島駅周辺を高架化や地下化する」と言っても、駅前大橋だけはどうしても橋の上を走らないといけないでしょうから、広島駅側から見た場合、駅前大橋に着くまでに高架や地下化は終わらないといけないことになる。ましてや地下化となると、今の駅前地下広場をなくすのはちょっと難しいでしょうから、地下広場のさらに下を路面電車が走らないといけないことになる。さてさて、どれだけ急勾配になることやら…。
 また、比治山線にしても、新球場までまともな道路すらない現状で、どうやって電車を走らせるんだ? という話になってしまいます。
 う〜ん。難しいですね…。誰か、良い案はないでしょうか?




AutoPage最新お知らせ