2008/5/24 | 投稿者: らっち

 議論が分かれるものの一つとして、「街中を走る路面電車は美しいかどうか」というものがありますね。
 このテーマについて、広島に限って話をした場合、私は「正直、あんまり美しいものではないよな…」と実は思っています。
 例えば下の写真を見比べてください。(写真上・相生通り。写真下・城南通り)
 普通に見て、城南通りの方がはるかに美しいでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(適当な写真がなかったので、新・広島復興2から写真を無断拝借しました(2枚とも)。Hiroshimagogoさん、元気かなぁ…)

 こういう風に比較してみて思うのは、「いくら路面電車を最新のものを走らせても、その他のもの(架線や軌道)がやぼったいと駄目なのだな」ということですね。
 もし、路面電車がなければ、相生通りはもっと美しい通りになるのではないか、と思ってしまいます。
 ただし、現実的な問題として、路面電車を廃止することは出来ない。「地下鉄が出来れば…」なんて話もあるかもしれないが、それも今後数十年の間で実現するとは思えない。
 そう考えると、「じゃあ、いかにして路面電車を美しくするか」と言う話になってきます。そのヒントを探しに、広島港近くを歩いてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
 ポールはいわゆる「センターポール化」され、架線は出来る限り減らしてある。また、軌道周辺には芝生を植えています。
 これと同じことが市内中心部で出来るかどうかはちょっと置いといて、仮に市内中心部に出来た場合、美しいかどうか、です。
 どうでしょうかね…。まあ、電線が減って、少しすっきりするのは確かでしょうね。
 芝生化は…。どうかな? 相生通りに似合うかどうか、やってみないとわからない様な気がします。
 いずれにしても、路面電車が廃止できない以上、これはその状況を逆手にとって、「どうだ。街中に路面電車が走ると、こんなにカッコいい風景が作れるんだぜ。うらやましいだろ?」と、自慢できるような風景を作っていかなければ仕方ないですね。広電、頑張れ!

広島ブログ

2008/5/18 | 投稿者: らっち

 みなさんに質問します。
 貴方が、どこかの市の市長だとします。
 そのとき、「若者がたくさん集まる街にしたい。若者を集めることにより、地域経済を活性化させたい」と思ったとき、貴方ならどういう方法で若者を集めますか?

 答えは色々あるかとは思いますが、てっとり早くて、なおかつ効果的な答えの一つに「大学誘致」があるのは確かでしょう。
 大学を造れば、そこに大学生が集まる。その大学の周辺に若者が住み、消費活動を行い、地域にお金を落としていく…。
 最近は少し落ち着いてきましたが、この発想こそが、全国の地方都市に大学が乱立した最大の原因でした。「どうすれば人口流出を防ぐことが出来るか」を考える地方都市にとって、大学の誘致・設置は非常に魅力的な政策であることは間違いないでしょう。
 そんな中、広島はどうか。
 広島大学を西条に追い出してしまった、という面は少しおいておくとして、その他の面では、行政は出来る限りのことをやっています。
 まず、県は3つあった県立大学を統合し、本部キャンパスを広島市に置いた。また、広島市も、西風新都に市立大学を建てた。
 県も市も、出来る限りのことはやっていると言って良いでしょう。
 この状況、逆に言うと「これ以上は行政の力ではどうしようもない」ということを意味し、残るは、「いかにして私立大学が踏ん張れるか」にかかってくると思います。

 その中で、私が期待しているのは、この大学ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 はい。広島修道大学です。なにげに、私の母校であったりするのですが、この大学の踏ん張りが、広島都市圏の活性化に繋がってくるのではないか、と思っています。
 近年、少子化&公立大学の乱立&有名私大の学部乱設で、中堅以下の私大の経営が苦しくなっている、と言います。特にこの中国・四国地方などは、ほとんどの大学が定員割れを起こしているとのこと。
 そんな中、修道大学は、地方都市の私大としては検討していると言ってよいと思います。
 これは各々で調べていただきたいのですが、3大都市圏以外に立地する私立大学で、定員割れの心配なく運営できている私立大学がどれだけあるか。医大系や保健福祉系、または非常に規模の小さな女子大などを除くと、これは本当に数が限られています。
 極端な話、「各地方の拠点都市の、拠点私大」以外は定員割れやむなし、という状況になってきている様子です。(勿論、例外はありますよ)
 では、「各地方の拠点都市の、拠点私大」とはどこか。要するに、札幌・仙台・広島・福岡の代表的な私立大学、ということになって来ます。ここで、この4都市の代表的私大の法学部の偏差値を比較してみましょう。(法学部を持ち出したのは、今回取り上げた全ての大学に設置されているからです。)

札幌:北海学園大学 54
仙台:東北学院大学 51
広島:広島修道大学 52
福岡:西南学院大学 56
    福岡大学    52     (こちらを参照)

 4都市の中でも、一回り規模が大きい福岡は、2大学取り上げてみました。この5大学を比較した場合、西南学院大学は頭一つ抜けているように思いますが、その他4大学は横一線、という感じですね。
 ここからは完全な推測となるのですが、この4大学、恐らく各地方では同じような扱いをされているのではないでしょうか? 次のような感じです。
@地元民なら誰でも知っている、「地元でごく普通に勉強が出来る子が行く大学」
A地元で就職するには強い大学
B学生生活では「お山の大将」になれる大学

@、Aは普通に理解してもらえるでしょう。Bについては、ちょっと補足が必要ですかね。

 最初に言ったとおり、私は修道大学の卒業生ですが、「いかにして楽しい学生生活を送るか」ということを考えた場合、これほど便利な大学はなかったですね。(私の場合、卒業してもう10年以上経過しましたので、必ずしも現状がわかっているわけではないのですが、多分大して変わっていないと思います…)
 一番良いのは、「他にライバル大学なんてものが存在しない」っていうこと。人に聞いた話ですが、大都市の中堅私大なんて行ったら、有名私大相手に、結構コンプレックスを持ってしまうものなのだそうですね。なんとなく、分かるような気がします。
 そういうものとは全く無縁の修大。コンパとかでは結構人気あったのですよ。私は滅多にコンパなんて行くことなかったのですが(本当?)、とりあえず、周辺の女子大には人気があったみたいですね。「広島の大学では、一番大学っぽい大学だよね」などという、どう解釈してよいのかイマイチ分からない言葉を頂いたこともあります(笑)。(いや、何となく言いたい事は判るけど(笑)。)
 こういう状況を、私は「お山の大将」とか、「井の中の蛙」などと表現するのですが、これ、決してネガティブな表現ではないのですよ。て言うか、どうせ学生生活を送るのなら、楽しい学生生活が送れるほうがよいでしょ? 中途半端に、大都市の中堅私大に行ってコンプレックスの塊になるくらいなら、修大のほうがよっぽど良いと思いますが、いかがでしょうか?

 話が少しそれました。修道大学を始めとする、各地方の拠点私大。これ、私はお買い得の大学だと思いますね。地元で生活していくことを第一に考えるなら、大都市の中堅私大なんかに行くよりも絶対に良い。「でも、やっぱり大都市が良い」なんて意見もあるかもしれませんが、札幌・仙台・広島・福岡なら一通りの遊びが体験できる、それなりの都会。トータルで見たら、大都市の大学よりもよほど充実した学生生活が送れる可能性があります。私の価値観からすれば、首都圏の「日東駒専」や関西の「産近甲龍」に行くぐらいなら、地方の拠点私大に行く方が賢明だと思うのですけどね…。
 今後、この地方拠点私大は、まとまってPRしていく必要があるかもしれませんね。
「都市機能がそこそこ充実した、地方の100万都市で、地元での知名度、評価が高く、地元での就職が強い「お山の大将私大」。進学は、是非地方拠点私大へ!」みたいな感じで。
 そのためには、地方拠点私大をまとめて表す言葉が必要ですかね。「関関同立」とか「MARCH」とか「日東駒専」とか「産近甲龍」なんかに並ぶ言葉。「北東修福(西)」とかどうでしょうか…? 変だな(笑)。

広島ブログ

2008/5/17 | 投稿者: らっち

 郊外型のSCがガンガン進出してきている広島都市圏。間違いなくオーバーストアのこの状況ですが、ここに来て、勝ち組、負け組が出てきていますね。
 負け組の筆頭として挙げられるのが、観音にあるアウトレットモール「マリーナホップ」でしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
 最近、誰も話題にすることがなくなったこのマリーナホップ。実際に訪れると、目も当てられない光景がそこには広がっています。全体の10%程度が既に空き店舗となってしまっているだけでなく、残る90%の店舗もかなり入れ替えがあった様子で、例えばオープン当初話題だった「自分で釣った魚が食べられるお店」などは「どこにでもあるカラオケ屋」なんかに変わってしまっていたりします。
 「こりゃもう駄目だな…。あと何年ここは営業されるだろうか…」なんて思っていたところ、新たなニュースが入ってきました。
 マリーナホップの親会社(?)、「ミキシング」が民事再生法適用を申請したとのこと。新聞記事によると、「商業施設の営業は継続する」とのことですが、これにより、マリーナホップの今後が一層厳しくなったのは言うまでもないですね。「マリーナホップ、完全閉店」という報道が、そう遠くない未来に聞かれることになると思います。

 …何ともあっけないですね…。まあ、個人的には、あんなものがどうなろうが知ったことではないのですが。
ただ、今後の「じゃあ、マリーナホップの跡地利用はどうするよ」という話には注目ですね。あの土地、県有地のとのこと。県の財政状況を考えれば、「どこかに売ってマンションでも建てさせろ」という話がメインになりそうな気がしますが、それじゃちょっと面白くないですね。せっかくの県有地。思い切って、サッカー専用スタジアムでも造りませんか? 何? アクセスが悪い? う〜ん。それは確かに気にはなりますが…。

広島ブログ

2008/5/10 | 投稿者: らっち

 前回報告したとおり、今回のGW、私はカープ観戦、サンフレ観戦をそれぞれ一回ずつ行ってきました。
 …はい。見事なまでに、両試合とも負け試合でした。特に痛かったのはサンフレの敗戦ですね。ロスタイムにまさかの失点。ちょっとこの敗戦は痛いのではないでしょうか?
 
 まあ、そういうスポーツの話はおいておいて、今回は広島ビッグアーチの話です。
 広島ビッグアーチが、サンフレサポの間であまり評判が良くない、という話は良く聞きますね。市街地から遠い。無駄にスタンドがでかい。ピッチからスタンドまでが遠い。スタンドに屋根がない。e.t.c…。

 今回観戦に行って、確かに、これらの指摘はもっともだと思いました。Hiroshima-KOPさんが指摘されているような、専用スタジアムの必要性、もっともな話だと思います。

 ただですね…。「広島ビッグアーチがサンフレ用のスタジアムとしては不適格だ」という点を別にして、「広島ビッグアーチはスタジアムとしては良いものなのかどうか」という話になった場合、実は私、このスタジアム、意外と好きなのですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

 まず、メインスタンドにかかるこの巨大なアーチ。手元にあるとある資料では、「平和への祈りと未来への架け橋をデザインしたもの」と書いてあります。で、普通に見て、「これは平和公園の慰霊碑をイメージしたものでしょ?」と思うでしょ?(ウィキペディアを見ると、「原爆ドームをイメージした」なんて書いてありますが、これは単純な間違いでしょうね(こちら))
 こういう「さりげない配慮」。私は好きなのですよ。よくある「いかにも頑張って平和をPRしています」なんていう恩着せがましさは感じないのに、「ヒロシマらしさ」はきちんと感じることが出来る。いいなぁ、と思います。
 ついでに言うと、「広島ビッグアーチ」という名前も好きです。こういうスタジアムに名前を付ける際、どうしても浮かんでしまうのが「地域の特色+スタジアム」などという、ワンパターンなネーミングです。ほら、近くにもあるじゃないですか。「坊〇ゃんスタジアム」とか、「桃〇郎スタジアム」なんていう、「少しは頭ひねって考えろよ」と言いたくなる様な単純なネーミングのスタジアムが(笑)。
 こういうパターンのネーミングでいくと、ビッグアーチも「広島ピーススタジアム」とか「平和の森スタジアム」なんて名前になっていてもおかしくなかったのですが、そういうパターンを敢えて排除して、「広島ビッグアーチ」なんていう素敵な名前を付けた。なかなか良いじゃん! と思います。
 で、この広島ビッグアーチ。「名前の由来は?」と聞かれた場合、「あのアーチを見ろよ」の一言で説明が出来る。しかもそのアーチは、平和公園の慰霊碑をモチーフにしたもの。つまり、名前のどこにも「平和」関連の文字は出てこないのに、名前の由来を考えると、自然と「ヒロシマ」にたどり着く。このさりげなさが良いですね。
 ちなみに、「ビッグ〇〇」という名称。東京ドームの愛称「ビッグエッグ」が最初だと思うのですが、これは全然浸透しませんでした。
 その後、「広島ビッグアーチ」が生まれ、その後続々と「新潟ビッグスワン」とか「大分ビッグアイ」なんていうスタジアムが誕生しました。
 新潟や大分、これ、きっと広島の真似をしたのでしょうよ。「広島ビッグアーチ? うん。良いネーミングじゃないか。うちもこんなセンス良いネーミングをしよう」って。
 ところで、ネーミングと言えば、ネーミングライツ(命名権)です。今建設中の新球場でも導入されることが検討されている様子ですが、なぜ、広島ビッグアーチにはそういう話が出てこないのでしょうね…。財政難にあえぐ市にとって、手っ取り早い財源確保になると思うのですけど。もしかして、私のように「広島ビッグアーチと言う名前が好きだ。だから命名権は導入しない」なんて考えている? それだと嬉しいのですが、多分そんな理由ではないでしょうね…。
 ここからは少し話がずれますが、命名権っていうのも考えものですね。先ほど「手っ取り早い財源確保だ」なんて書きましたが、だからと言って、簡単に名前をコロコロ変えるって言うのは、どうも安易過ぎるようにも感じます。名前を馬鹿にしちゃいけない。だって、考えてみてください。かつての渋谷公会堂。今では「C.C.Lemonホール」ですよ。何と言うか、「文化的な香り」みたいなものが全く感じられないと思いませんか?
 やっぱり、名前って大事なものですね。新球場、どんな名前の球場になるかわかりませんが、ある程度風格のある名前を付けてもらいたいものですね。

広島ブログ

2008/5/4 | 投稿者: らっち

 世間はGWですね…。私も、しっかりと暦どおりの休みをいただいています。
 このブログで「忙しい」と愚痴をこぼしておきながら、こういう点ではやはり役人ですね。仕事が溜まりまくっているのを無視し、ちゃっかりと休みだけはきちんと取る。民間ではGW関係なしで仕事をしている人もたくさんいらっしゃるでしょうに…。
 ま、そんな話はおいておき、私のGWのスケジュールを一応報告しておきます。

3日:合唱団の強化練習(魔の6時間練習)→終了
4日:フラワーフェスティバル→終了
5日:野球観戦
6日:サンフレ観戦

 どうです? このスケジュール。今のところ、広島市外へは一歩も出る予定ありません。(笑) たまには旅行にでも行きたいのですけどね…。「早め早めにスケジュールを組む」ということをやらないので、どうしてもいつも近場で済ませてしまうことになります。
 カープ&サンフレ観戦などは、気が向けばまたこのブログで報告します。特にサンフレ。もう何年もビッグアーチに行っていない私。久しぶりにJリーグを楽しんで来たいと思います。


広島ブログ




AutoPage最新お知らせ