2009/11/29 | 投稿者: らっち

 今日、本家サイトに新ページ「紙屋町再生」を新設し、それに伴い、「市民球場跡地考」をリニューアルしました。
 是非、ご覧いただき、ご意見をいただければと思います。
 UPしてみて、ちょっとページのレイアウトが悪いな…と思っています。以前にも言いましたが、ホームページビルダーの使用するモードを変え、不慣れなモードで作成したため、こんなになってしまいました。順次また修正して行きたいと思いますので、しばらくこれで我慢してください。
 でも、これでどのOSでもきちんと見れるはずです。いかがでしょうか? >ふがじんさん。
 また、この2ページ。言いたいことを全部書いたため、もしかすると若干文章が読みづらいかもしれません。
 書いた文章が読みやすいかどうかは、実は書いた人間にはよく分からなかったりするものです。「ここ、何が言いたいのか分から〜ん!」「ここ、文章が長すぎて読む気にならない。もっと簡潔にして欲しい」と言うような部分があれば、ご指摘ください。
 他にも、様々な意見をいただければと思います。より良いページを作成するためです。批判等も構いません。ご意見をいただければと思います。よろしくお願いします。

2009/11/23 | 投稿者: らっち

 ゆめタウンみゆきが開店するなど、商業施設の進出が相次ぐ宇品地区。
 その宇品地区にあって、そういう流れに乗れない施設が一つありますね。
クリックすると元のサイズで表示します

 はい。広島港宇品旅客ターミナルです。相変わらず、多くの空きテナントが存在します。
 ここが失敗した原因は実ははっきりしていて、@乗船客のみをターゲットとするには、テナントの数が多すぎる。Aかと言って、広域的な集客を実現できるほどのテナントが存在するわけでもなく、また、駐車場の場所などの問題から、広域から客が集まらない。 ということですね。
 これは結果論になりますが、もし、ゆめタウンにでも「旅客ターミナル地区の土地を全部無償で貸します。好きに商売して良いので、代わりに旅客ターミナルを造って下さい」と言っておけば、ゆめタウンがそれなりに賑わいのある旅客ターミナルを造ってくれていたかもしれませんね…。(その代わり、安っぽい建築になることは間違いないですが)

 まあ、広島港については置いておいて、こういう手法で都市基盤を整備する、というのはあっても良いかも知れませんね。一種のPFIとでも言いましょうか。
 この手法で、白島新駅を造れないですかね? 45億円かかると言われるこの事業。民間企業の力を借りて、少しでも安く造れないでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

 写真左に見える高層アパート群。県が管理する「長寿園高層アパート」ですが、この建物、そろそろ今後どうするかを検討するべき時期に来ているように思います。
 白島新駅が出来たら、「駅前」になるこの地区です。アパート取り壊し→再開発というのは自然の流れではないでしょうか。

 そしてそこで行なわれる再開発ですが、ここは思いきって、この場所をどっかのSCにでも無償で貸してあげることにしましょう。
 そしてその代わりとして、「白島新駅の建設に、資金面で協力してよ。SC〜駅直結のペデストリアンデッキの建設も認めてあげるからさ」とお願いする。
 長寿園アパートの敷地は、SC建設にしては狭く、駐車場の確保なども難しそうですが、検討してみる価値はありそうです。駅直結のSCですよ。手を挙げてくる業者はいると思うけどなぁ…。

2009/11/22 | 投稿者: らっち

 最近、私、仕事で勤務する自治体の「総合計画」策定に関わっています。
 「総合計画」というのは、その市町村の将来像を示すもので、市町村にはその策定が義務付けられています。(詳しくはこちら。ウィキペディアって何でも載っているんですね…)
 「その市町村の将来像を示すもの」なので、その策定はかなり重要な仕事で、責任感を持って臨んではいるのですが、総合計画策定に関わると決まったとき、私の本音はそこではなく、一番に思ったことは「やった、まちづくりの勉強が出来る」というものでした。
 実際、面白いですよ…。何が面白いかと言うと、一番はコンサルの方々の仕事ぶりを目の前で見ることが出来るということ。
 コンサル、要はまちづくりのプロの方々はやはりすごいですね…。住民さんの話の引き出し方、会議の運営、そしてそのとりまとめ方、そして自身が持っている莫大なノウハウ、事例集…。本当、その場にいるだけで勉強になります。
 野球が好きな人がプロ野球選手に憧れ、音楽が好きな人がプロの奏者に憧れるのと同様、「都市計画」が好きな私からすると、こういうコンサルの方々は憧れの存在ですね。「あんな風に毎日まちづくりの仕事ばっかりやりたいなぁ…」と羨ましく思います。(実際には、色々としんどいこともたくさんあるのでしょうが)

 まあ、実際には、そもそも専門的な知識を持ってなく、年齢も年齢なので、全ては夢物語なのですが、それにしても羨ましい。
 なので私、とある日のワークショップ後、ここぞとばかりこのコンサルの代表の方と名刺交換させていただきました。そして併せて、このサイトと、今水面下で進行中の某プロジェクトのPRをさせてもらいました。「今、こんなことを企画中です。もしかすると、何か相談に乗ってもらうこともあるかもしれません。よろしくお願いします」と。
 するとこの方、「ああ、もうその話は主宰者から聞いています。そうですか、実際に動き出したのですね」と。
 あら、話が早いこと…。その後いろいろと話を聞くと、このコンサルの代表の方、広島のまちづくり界ではかなりの有名人だとのこと。そんな方の仕事ぶりを、私は目の前で拝見していたのですね…。ありがたい話です。

 ともあれ、「まちづくりのプロ・コンサル」。憧れの存在です。私、少々給料下がっても構わないので、コンサルで雇ってもらえないかな…。そんな旨い話、ある訳ないよな…。

*文面中で何度か、「水面下の進行中のプロジェクト」と述べました。要はこのプロジェクトなのですが、もう少しプロジェクト内容が煮詰まってきたら、皆様にもPRしたいと思います。ご協力いただければ嬉しいです。

2009/11/15 | 投稿者: らっち

 プロ野球公式戦も終わり、マツダスタジアムの初年度も(ほぼ)終了しました。(正確に言うと、公式戦が終わったからと言ってスタジアムの1年が終わったわけではないですからね…)
 1シーズンを終了した結果、観客動員は大幅増、経済効果も見込みより多く、スタジアム運営としては最高のスタートを切りましたね。
 このマツダスタジアム。私も、野球を観る環境としては、最高級の球場であると思います。
 しかし、です。やはり低予算で造られた球場ですね。建築としては、「安っぽい」と言わざるを得ない球場です。今後の改善のためにも、今日は敢えてマツダスタジアムの欠点を探して見ましょう。
 まずはこれ。ゲートブリッジです。
クリックすると元のサイズで表示します
 なんと言うか、味も素っ気もないゲートですよね…。安っぽくてもいいから、せめて次の写真くらいの華やかさを持たせて欲しいです。
クリックすると元のサイズで表示します

 また、外観。「内部が充実していれば、外観なんかどうでもいいや」と言わんばかりの外観ですね。基本的にすべてのものをむき出しにしたままで、色を塗る必要がある場所だけ、赤茶色(?)でベターと色を塗っています。
クリックすると元のサイズで表示します
(いくら何でも凸凹しすぎでしょう…。全然美しくない…。せめて、もう少し配色に気を使ってくれれば、まだ「見れる」ものになったように思いますが…)

 こう考えると、旧市民球場の外観はすっきりして美しかったですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 あと、経費削減のためやむを得なかったのでしょうが、見ていて気分が悪くなるような箇所もありますね。
クリックすると元のサイズで表示します
 (この階段を見る度、金属が擦れる時のいや〜な音が頭に浮かんでくるのですが…。そういう感想を持つのは私だけでしょうか…)

クリックすると元のサイズで表示します
(露出配管の方が管理しやすいのは分かりますが、あまりにも露出させすぎじゃないでしょうか…。ごちゃごちゃしすぎです。また、やはりいや〜な金属音が頭に浮かんできます…。)

ついでに言うと、新球場のスタンドの色、実は私好きじゃないのですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
(これ↑よりも、こっち↓の方が明るくて、何となく心地良いと感じるのは私だけでしょうか?)
クリックすると元のサイズで表示します

 最後に、屋根。安っぽくてかっこ悪いし、中途半端ですよね。こんなのならいっそのこと屋根なんてなくても良かったような気が…。
クリックすると元のサイズで表示します
競輪場の屋根とかの方がまだカッコいいんですが。
クリックすると元のサイズで表示します

 と、色々と辛口に語ってみましたが、最初に述べたとおり、「野球を観る場として」は最高級の球場であることには間違いありません。つまり、基礎となっている部分は素晴らしいのですから、後はそれを発展させていきたいですね。今後の改良を期待したいと思います。

2009/11/11 | 投稿者: らっち

 広島市は、サッカーの2018年、22年のワールドカップ(W杯)の開催地立候補を断念したそうですね。
 その理由は、「五輪招致に専念するため」とのこと。

 …。いい加減にしろ! と言いたいですね。
 確かに、「W杯たった数試合のために、ビッグアーチを改修するべきかどうか」というのは議論の分かれるところだと思います。
 ただ、今回問題なのは「W杯を誘致するべきかどうか」ではなくて、それ以前に「誘致するべきかどうか議論すら行なわれなかった」という点です。
 しかも、何故議論すら行なわれなかったのか。それは「五輪誘致に専念したいから」とのこと。
 
 あのですね…。「五輪誘致に専念したい」のは誰ですか? 広島市民? 誰かそんなこと言った?
 結局「W杯を断念して五輪を誘致する」ということは、市民の間では全く議論する時間すら与えられずに、秋葉忠利広島市長がすべて独断で決めました。

 はっきり言っておきます。このまま仮に五輪開催が決定してしまうと、今後は全てが五輪中心に動くことになりますよ。
 「五輪があるからまずはそのためのインフラの整備を」「五輪に関係ないインフラ整備は後回し」「そもそも、財政が厳しい中での五輪。他の事業は原則全部ストップでもやむを得ない」 こんな感じになってしまいます。

 ただ、そこは言葉巧みな行政。「五輪を開催すれば停滞する広島に活力が生まれる」だの、「五輪を契機に一気に観光客が増える」だの、「五輪を開催すれば世界中から注目される都市になる」だの「そもそも、五輪と財政難はさほど関連性はない。むしろ、道路整備の方が問題」だの、言葉巧みに丸め込もうとしてくるようになるでしょう。

 五輪にそんな魅力がないことなど、もはや誰でも知っていることで、発展途上国ならいざ知らず、成熟した日本の都市で、半月程度のイベントを開催したって、そんな効果が生まれるはずがありません。むしろその後大借金に苦しむだけになります。

 これならむしろ、W杯を誘致した方が良いのではないか。W杯なら、「一都市開催」なんて決まりもなく、堂々と広島・長崎+αで大会を開催できる。開会式=長崎、決勝戦=広島なんて素敵じゃないですか。

 ただ、それでも議論はしないといけないですね。

「W杯決勝が広島に来たら、五輪並みの注目を浴びるのではないか」
「アホか。瞬間的に注目を浴びても何もメリットない。むしろ巨大スタジアムの建設費、維持管理に困るだけじゃないか」
「確かにそれは問題だが、W杯決勝、ユニバーシアード、世界陸上と立て続けに大会を誘致すれば、決して「無駄なスタジアム」とは言えない。五輪よりはよほど安くつくし、様々な大会が定期的に開催された方が、地元の負担も少なくて、かつ経済的効果も大きい」
「そんなことよりは、サンフレのための専用スタジアムの方が先だ。イベント開催では、その場しのぎの経済活性化にしかならない。地道に地元クラブをきちんと育てる方が長期的にはメリット大きい」

などなど、深い議論が生まれるはずです。
 こういう議論こそが、今の広島市政に欠けているもので、市民球場跡地問題しかり、今回の五輪誘致にしかり、いつも一方的に話を出し、進めていく。そしてその根拠として、いつも伝家の宝刀「平和・ヒロシマ」を利用する。平和のために折り鶴ホールを造るんだ、核兵器廃絶のために五輪を開催するんだ。これらに反対する連中は世界平和を否定する奴らだ、と言わんばかりに。例えば、折り鶴施設に反対する市議会議員について、こんなことを書いているブログがあります。

核兵器廃絶と言うヒロシマの哲学の否定に通じる思考の議員は広島市民とは思えない残念な人達だ。

 この発言、どう思いますか? この言い方では、「折り鶴施設に反対する人=ヒロシマの哲学を否定している人」と言わんばかりです。何ですか? 世界平和を願うなら、絶対に折り鶴施設に賛成しないといけないのですか? 
 これは健全な民主主義とは呼べません。世界平和のための施策なら、すべて賛成しないといけないのですか? 

 こういう具合に、特定の「正義」を押し付け、それに反対する人はすべて悪。議論する場すら与えない。これは民主主義とは呼べません。まるでどこかの国みたいですね。

 さて、そんなことを言っていると、また面白いニュースが入ってきましたね。東京都がまた五輪誘致に名乗りを挙げるとのこと。しかも実現したら広島と共催するとのこと。
 石原知事、GOOD JOB!! ただでさえ歯の立たない巨大都市「TOKYO」と、広島は争わざるを得なくなりました。唯一広島が優位なのは例によって「平和という理念」だけですが、それも「東京は広島と共催する」などと言われては、もう広島に勝ち目はありません。
 こうなったら私、徹底的に「東京五輪」を応援することとします。頑張れ東京! 絶対に広島五輪を阻止してくれ! 
 まあ、広島では、マラソンくらい開催させてもらえれば、と思います。正月の駅伝大会同様、平和公園をスタート&ゴールとすれば、核兵器廃絶の良いPRになると思いますよ。




AutoPage最新お知らせ