2015/6/27 | 投稿者: らっち

 そごう広島店ポケモンセンターがオープンしたそうですね。ちょっと前に本通りにオープンしたジャンプショップと言い、今回のポケモンセンターと言い、漫画・アニメ関係のお店の進出が続きますね。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャンプショップ。ドラゴンボールが飛び出てきていますが、ドラゴンボールって、実はすごく古い漫画ですよね…。私が昔少年ジャンプを買っていた時期に連載していた漫画です。大昔ですね。今の若い人って、ドラゴンボール知っているのでしょうか??)

 私の家には、定期的に外国人のホームスティが来るのですが、やって来る外国人の反応を見ても、確かに、日本の漫画・アニメって海外でも人気みたいですね。シンガポールの女子大生は、うちの子のためにドラえもんの似顔絵を描いてくれたし、韓国の女子高生は、TVに映っていた名探偵コナンを見て、「コナン君♪」と喜んでいました。
 最強だったのは、いつか来た、アメリカの男子大学生。事前に、「アニメが好き」ということを聞いていたのですが、確かに凄かった。
 たまたまTVに映っていた、何かのアニメを見て、「OH! It’s ○○○」とか何とか言って、食い入るように見ていました。
 で、「そんなに好きなら…」と思い、大手町にあるブックオフに連れて行ってあげました。
 その時、「ヤミノマツエイ」「ヤミノマツエイ」と盛んに言ってくるので、「何? 闇野松栄とかいう漫画家でもいるの?」と思って探していると、近くにいた人が「闇の末裔ってこれですよ」と教えてくれ、その大学生は大喜び。そこで2〜3冊買って帰りました。まあ、私が漫画に詳しくないという事情もあるのですが、おそらく日本でもそんなにメジャーではない漫画を、外国人が知っているという事実にまずビックリ。で、日本語で書いてあるコミックを、一生懸命読む外国人の姿にまたビックリ。「日本語の表現では、良く分からないだろうに…」と思っていたのですが、それでも面白いのでしょうね。この大学生、1週間程度滞在していたのですが、私の知らないうちにブックオフに通い詰めた様子で、日に日にコミックが増えていく。帰る頃には、バッグがパンパンになるくらいのコミックを買い溜めていました…。しかも、その「闇の末裔」を始めに、私の知らない漫画ばっかり…。「これがマニアのパワーか…」と思い知らされました。
 こうしてみると、日本の漫画・アニメって、確かに凄いのでしょうね。逆を考えると良く分かる。日本人が、外国の漫画やアニメをどれだけ知っているか。私は、「トムとジェリー」とか「ポパイ」ぐらいしか知りません(ちょっと古すぎるか…)。
 そう考えると、日本の漫画・アニメって、貴重な日本発の文化なのでしょうね。貴重な観光資源のような気がします。
 広島の場合、こういう漫画・アニメのお店は、紙屋町(大手町)界隈を中心に、徒歩圏内にポケモンセンターやジャンプショップが点在する、ということになってくるのでしょうか? 平和公園を訪れた外国人が、ちょっと訪れてみるのに丁度良いんじゃないかな…と思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(平和公園近くの本通り。随分前に撮った写真です。先日この前を通ったら、少しお店が入れ替わっている様子でした…)

 で、出来ればですが、そういう「広島のオタクショップ」をMAPにしたものがあれば便利良いですね。勿論、英訳付きで。
 私などは、そういう方面に疎いので、外国人が来てもブックオフに連れていくしか出来ないのですよね。英語のMAPがあれば、きっと「ここに行ってみたい」というディープな発見があるはず。だれか、そういうMAPを作ってくれないものですかね…。間違いなく、観光振興に役立つと思いますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
(相生通りでみかけた、漫画・アニメのお店(と思われるもの)。正直、ちょっと入店する勇気が私にはないのですが(カルチャーショックを受けそうで)、外国人にも面白いと思わせることが出来るお店なのでしょうか? そういう情報を、外国人に提供したいのですよね…)

2015/6/18 | 投稿者: らっち

 今回タリス・スコラーズを聴きに行った際、ほとんど時間はなかったのですが、ざっと街を歩きました。(行きは新神戸で降りて、神戸〜大阪の街をちょっとだけ散策し、帰りは新大阪で乗るという、非常に合理的な日帰り旅行をしました)
 思いつくまま、記事にしていきます。
 最初に、新神戸駅界隈。
クリックすると元のサイズで表示します

 う〜ん…。やっぱり、高層ビル建てても、マンションはマンションだって感じがしますね。広島駅前再開発、完成後はどんな風景になるのでしょうか?

 三宮センター街。前々から不思議なのですが、この2層式っぽい商店街は、どうやって生まれたのでしょうか? 設置者は誰? どういう経緯で建設に至った? 維持管理はどうなっているの? 等々、色々な疑問がわいてきます。
クリックすると元のサイズで表示します

 ただ、今ひとつ有効活用されていないような感じも受けるのですが、実態はどうなのでしょうか?

 次になぜか、阪神甲子園球場。マツダスタジアムも確かに立派ですが、「聖地・甲子園」には敵わない部分がありますね。風格はやはり大したものです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 球場に併設された、甲子園歴史館。以前にも言いました(こちら)が、マツダスタジアム周辺にも、こういうものが欲しいですよね。「広島スポーツ博物館」とかあったら、名所になると思うのだけどなぁ…。目先の金儲けを優先して、コストコだの、結婚式場だのを造っている場合じゃないでしょうに…。そりゃ、短期的に見れば、コストコの方が儲かるかもしれないけど、コストコは観光資源にはならんよな…。街全体のことを考えると、どちらが有益かは言うまでもないですね。こういうのは、行政が口や金を出してでも何とかするべきだと思うけどなぁ…。
クリックすると元のサイズで表示します

球場近くにある昭和な風景。歴史を感じます。
クリックすると元のサイズで表示します

 今回演奏会があった兵庫県立芸術文化センター。素晴らしい施設です。こういうのを見ると、「せめて広島にも、まともな音楽ホールの一つは欲しい」という声が挙がるのも分かります。岡山にだって良いホールあるのですからね。
 ただ、仮に広島に素晴らしいホールが出来たとしても、それで広島にタリススコラーズが来てくれるわけではないのですよね…。実際、岡山はいつもスルーされていますから。
 広島は、「ヒロシマ」の名を使えば、素晴らしい演奏会の誘致も出来るのかも知れませんが、そういうので「ヒロシマ」を使うのもどうかと思うしねぇ…。てか、そもそも、私の場合、音楽を探求したい気持ちが強いので、安易に「ヒロシマ」を使われるのがイマイチ気に入らない。良い演奏を聴いた後、簡単に「ヒロシマ」と結び付けられると、むしろうんざりする。今年は被爆70年ですっけ? なんかまた、安易に平和と音楽を結び付けるコンサートが多いみたいですね。もっと真剣に音楽と向き合いたいものです。
クリックすると元のサイズで表示します

その、兵庫県立芸術文化センターと阪急西宮北口駅の中間にある、音楽ギフトショップ「レオノーレ」。様々な音楽グッズが一杯で、ぶち面白いお店です。今回、私はここでネクタイとペンケースを買いました。(ちなみに、2年前は、鍵盤型のストラップを買ったのですが、スマホにストラップを通す穴がないことに後から気づき、使わないまま無くしてしまいました…)
クリックすると元のサイズで表示します

 最後に、新大阪駅。知らない間に、商業施設が増設されたような気がします。以前からこんなでしたっけ?
クリックすると元のサイズで表示します

 結局、JRは鉄道事業だけじゃなく、今後はデベロッパー的と言うか、不動産事業というか、そういうものも全面的に力を入れていくということですね。さあ、広島駅。どうなることでしょうか…。

 以上、神戸〜大阪報告でした。

2015/6/15 | 投稿者: らっち

 先日、私の大好きなアンサンブルグループ「タリス・スコラーズ」の来日公演を聴きに、大阪方面に行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

 2年ぶりとなる来日公演ですが、前回と比較して、ソプラノに一部メンバー変更があった様子ですね。2年ぶりなので、前回との比較は出来ません(覚えてない…)が、今回、特にそのソプラノが美しかったのが印象に残りました。一名、非常に透明感があって、なおかつ豊かに、綺麗に響かせる人がいらっしゃいますね。感動ものの美しさでした。
 さて、このグループの定番と言えば、やはりアレグリのmiserere(wikipediaより)。今回も素晴らしい音色を聴かせてくれました。前回もでしたが、この曲になると、会場の雰囲気が本当に変わる。ピンとした緊張感。すべてを引き込んでいく演奏。演奏が終わった瞬間、誰しもが大きく深呼吸をするような感じ。本当に引き込まれます。私など、この曲が聴きたいがためだけに、わざわざ広島から足を運んでいるようなものなのです。

(生演奏では、これよりもはるかに感動する演奏を体験することが出来ます)

 やはり、本当に美しい音楽っていうのは、人を惹きつけます。これは断言して良いですが、もしこの演奏を、日本国民全員に、生で聴くことを義務付けるとすれば、間違いなく、合唱ファンは現在の倍以上に増えます。これは本当に断言して良い。それだけのパワーがある曲です。

 ちょっと話はずれますが、以前、私はエリザベトマドリガルシンガーズの演奏会に賛助出演し、VictoriaのRequiemを演奏したことがあります(こちら)。
 この時、友人の女性が聴きに来てくれたのですが、その時の感想が素晴らしかった。この女性は、クラシックには基本興味がなく、「コンクールとコンサートって別物?」みたいなとぼけたことを言ってきた(笑)人なのですが、そんな人が、演奏会後、こんなメールを送ってきました。
「演奏会を途中まで聴いた後、ちょっと油断していて、この曲がいきなり出てきてやられました。頭をガーンと叩かれた感じでした。演奏会後、フタバ図書とかでこの曲のCDを探しているんですけどないんです。持っていたら貸してくれませんか?」

 …私としては、「してやったり♪」でしたね。マドリガルシンガーズの演奏は、そりゃ、悪い演奏ではないですが、タリススコラーズなどと比較すると、足元にも及ばない演奏。その演奏でも、元の曲が良ければ、その素晴らしさは伝わる人には伝わる。「本物の良さ」っていうものは、分かる人には分かるっていうことです。その女性には、後日、タリススコラーズが歌うVictoriaのRequiemのCDを貸しました。

(VictoriaのRequiem)

 と言う具合に、素晴らしい音楽はただそれだけで素晴らしいし、演奏する団体が高いレベルを持っているならば、その音楽はより一層素晴らしいものとなりますね。今回のタリスの演奏会も、本当に充実した演奏会でした。

 今度はまた、2年後ですかね…。期待して待ちたいと思います。
 ただ、欲を言うならですね…。タリススコラーズも確かにすばらしいのですが、一度、The Sixteenの演奏を生で聴いてみたい。The Sixteen、来日しないかな…。


2015/6/10 | 投稿者: らっち

 アストラム西風新都線とか、相変わらずアホな事をやっている広島市政。もう、相手にする気にもなれません。
 ということで、もう、仕方ないので、市民は勝手に楽しいことやりましょう。
最近の遊びの報告しておきます。

@劇団四季「美女と野獣」
 少し前に、観に行きました。劇団四季を観に行ったのは、初めて(?)広島でロングラン公演が行われた「キャッツ」の時以来ですね。10年振りぐらいでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

 10年振りの感想として思ったこと。「歌が上手くなってる!」ってことでしょうか。
 いや、上手くなっているというより、発声方法が以前と違う気がします。10年前は、いわゆる「歌謡曲歌い」みたいな感じだったような記憶があるのですが、今回は、かなり声楽的な発声をされていました。ベルカントっぽい感じ。
 まあ、それはともかく、ミュージカルって、確かに面白いですね。良く、オペラが総合芸術だって言われるけど、ミュージカルには、オペラにはほとんどないダンス(バレエ)がある。演劇の目で見ても、オペラよりミュージカルの方が劇として充実している。オペラ以上の総合芸術じゃないか、と思います。(オペラは、その分音楽面が充実していますが)
 劇団員も大変ですね…。歌も歌えて、踊れて、劇も出来なければならない。皆さん、本当にスーパースターだと思います。

A黒田
 先日、黒田投手登板の楽天戦を観て来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

 優勝候補といわれながら、なかなか波に乗れないカープ。まあ、色々な要因があるのでしょうね。
 ただ、今年のこの低迷は、私は誰も責めることが出来ないようにも思います。
 色々と批判を受けることが多いフロント陣も、今年はよく金を出した。エルドレッド、グスマン、シアーホルツ。合計何億円ですか? 黒田にマエケン。合せて何億円ですか? これはフロントを責めることは出来ません。
 じゃあ現場が悪いのか。確かに、監督の采配・コメントにはイラッとさせられることもありますが、だからと言って、今年も野村監督が指揮していれば優勝争いしていたか? と言われれば、大きな疑問符が付きます。
 結局、微妙に歯車が噛み合わなかったり、運が悪かったり、そしてそもそも、若手に本当の実力が付いていなかったり、と言うことではないかと思います。まあ、今後に期待しましょう。優勝はもう難しいとしても、せめてCS進出ぐらいは果たして欲しいものです。

 ところで、今回の観戦。実は100名規模の団体で観戦し、しかも私がその取りまとめ役だったのですが、少しうれしいことがありました。
 取りまとめ役だった私に、オーナーの直筆サイン入りのお礼状が届きました…。
クリックすると元のサイズで表示します
(文章も、「雨の降る中…」とか、きちんと考えて書いてありました。定型文にサインしただけのものではありませんでした)

 こういう辺りは、カープフロントの素晴らしいところですね。今年なんて、黙っていてもいつも満席で、むしろこっちが無理言ってチケット確保してもらった状況なのに、古くから付き合いのある団体にはこうして礼状を送ってくれる…。カープフロントの暖かいところです。(だからこそ、「乗車魂」のようなくだらない企画(こちら)には頭に来るわけですが。やはり、あの企画は、オーナーの発案ではないと思いますね)

 現オーナー(元オーナーという名前の現オーナーですw)、いろいろと言われていますが、やはり、親会社からの出向などではない分、カープに対する愛情は人一倍ありますね。
 確かに、不満を感じることもありますが、それでも、他球団のオーナーと比較すると野球・球団・ファンをきちんと見ている。
 それを考えると、10年前でしたかね? ホリエモンがカープを買収しようとしたのは。あんな奴に買収されなくて本当に良かった。週刊誌ネタなので、真実ではないかもしれませんが、ホリエモンはカープファンに「カープで好きな選手は誰ですか?」と聞かれ、「選手は知らないが、経営状況は調べている」と応えたというのを昔読みました。そんな、野球をビジネスとしか捉えていない人間の手に渡ることがなく、本当に良かったと思います。
 ホリエモンは極端だとしても、他球団の経営を見ても、「この球団、どうなん?」みたいな球団はたくさんあります。私が一番嫌いだったのは、ダイエー時代のホークスでしたね。中内氏、スポーツに真摯に向き合うことなく、派手なことがやりたいだけの人間だったように思います。ああいうのを反面教師にして、カープフロントには、スポーツビジネスのあるべき姿を追い求めて欲しいものだ、と思います。

クリックすると元のサイズで表示します
(ダイエーホークスの初代ユニフォーム。南海時代の記憶をすべて捨て、自分たちのカラーを前面に出したユニでした。)

クリックすると元のサイズで表示します
(その時話題になったヘルメット。「とにかく目立ちたい」オーラがプンプン出ています。野球のユニは、シンプルなものが一番ですよ。観客は、ユニを見に来ているのではなく、選手の躍動感あふれるプレーを見に来ているのですから。選手のカッコ良さが引き出せるユニでないと。異常なまでにゴテゴテしている必要はありません。その辺り、ダイエー・中内氏はまるっきり分っていませんでしたね。それを考えると、カープのユニはシンプルで良いですね)

2015/6/6 | 投稿者: らっち

 市民球場跡地問題で、一部に「そんなに広場ばっかり作ってどうするんじゃ〜。やはりサッカースタジアムじゃ」という声がありました。
 私も、確かに、サッカースタジアム建設を応援していましたが、だからと言って、実は広場が必ずしも悪いとは思いません。
 きちんとデザインして、維持管理方法・運営方法をきちんと確立できれば、広場と言う案も決して悪くない。平和公園に隣接していること(ピースセンターの軸線上にあること)、リバーフロントと言う立地、中心市街地の端、という条件を活かすことが出来れば、サッカースタジアムより魅力的な空間も不可能ではない、と思っています。
 福岡って、実は街中に広場が多いのですよ。今回は、その様々な広場をざっくりご紹介。どういう感想をもたれるかは、各々の自由です。
まず、一番有名と思われるこの公園。
クリックすると元のサイズで表示します
 いつの間にか、アクロス福岡が完全に「緑あふれる山」みたいになって、公園と一体化して良い雰囲気出しています。行った日には、何かイベントの準備をしていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 次に、市役所前広場。九州全域(?)のグルメイベントを行っていました。広島も、県庁前でやったらどうでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

 ちなみにこれは人工芝です。上から見たらこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

 そして警固公園。周辺の商業施設に、良い付加価値を与えています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 この商業施設で、公園眺めながらお茶する…とか、気持ち良さそうです。広島でも、市民球場跡地問題はさておき、平和大通り沿いとか、河岸緑地とかを、もっとうまく使いたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 公衆トイレかと思ったら交番でした。そうか、広場に交番あれば、治安対策にもなるよな。
クリックすると元のサイズで表示します

 最後に、博多駅前広場。
クリックすると元のサイズで表示します

 近年流行のマルシェ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 広場の役割って、「イベント行って賑わい創出じゃ!」というものだけではなく、景観の向上だったり、周辺へ付加価値を与えることだったりと、色々とあるということですね。やはり、色々と街を見て回ることは大切ですね。




AutoPage最新お知らせ