2015/8/29 | 投稿者: らっち

 前回も少し取り上げた、マツダのF工場閉鎖。元々もう10年も使われていなかった工場であり、また老朽化が著しいこともあり、「解体やむなし。さあ、跡地をどう使うか」と考えてしまうところですが、よくよく考えると、ここを再開発するというのは、広島経済や、広島の雇用確保の観点からすると、得策ではないのですよね…。
 広島と言う街は、札幌や仙台、福岡と比較して明らかに中枢性が低い。ただ、その中枢性の低さを、製造業の強さで補っていると言う街です。で、その製造業と言うのは、結局はマツダで、下請け、孫請けというすそ野の広さを考えると、マツダと言う自動車メーカーを有しているということは、広島の街が持つ大きなアドバンテージと言って良いでしょう。
 そして、そのマツダの工場が閉鎖されるということです。まあ、これまでもう長い間倉庫としてしか使っていなかった工場なので、閉鎖自体は全然ショッキングではないのですが、問題は今後ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(F工場。敷地外から見ても、老朽化が進んでいるのはわかります。そして、莫大な面積があるのも分かります)

 このF工場に限らず、府中地区の工場は、概ね老朽化が進んでいます。今後否応なく、工場建て替えの問題が出て来るでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
(外部から見るだけで、老朽化しているのが分かる。内部はどんな風なのでしょう…)

 その時です。「建て替えはやむを得ないんだが、じゃあ、建て替え中の生産をどうするかという問題があるよな。生産止めるわけにもいかないし、仕方ない。海外に新たな工場造るか。広島工場に拘る必要ないぜ。広島の土地は、不動産屋にでも売るか。その方が儲かるぜ」なんて話になったら、広島経済は大ダメージを受けることになりますね。
 それを考えると、F工場跡地は、やはり新しい工場を建ててほしいと思いますね。で、新しい工場が出来次第、順次府中地区の別工場を建て替えていく。これが理想となりますね。
 そう考えていくと、「F工場跡地にサッカースタジアム」というのは、やめておくべきだという結論になってしまいますね。経済的価値を考えると、どこからどう見ても、マツダ工場>>>>>サッカースタジアム、という結論になります。
 まあ、いずれにしても、マツダの判断待ち、と言うことになりますが…。続報を待ちたいと思います。

おまけ:マツダF工場云々は別として、私、個人的に府中町界隈は、なんか「サッカーの町」というイメージを持っているのですよ。
 「なんでかな〜」と考えてみたのですが、この2施設の存在が大きいですね。

@広島青少年文化センター。サンフレのジュニアユース、ジュニアのホームグランドとなっています。
クリックすると元のサイズで表示します
(良質な人工芝に照明設備あり。敷地内にはクラブハウスもあり、かなり充実した施設です)


A揚倉山健康運動公園。こちらは天然芝。あの、なでしこジャパンも練習に使用したサッカー場です。
クリックすると元のサイズで表示します

 こういう状況を見ると、府中町界隈にサッカースタジアムを造って、あの界隈をサッカーの町にするのも良いなぁと思いますね。マツダの工場は無理としても、どこかないものですかね…。府中町で工場跡地と聞いて思い出すのが、かつてのキリンビールの工場です。イオンモールなんてくだらないものが出来てしまいましたが、イオンモールの代わりなんていくらでもある訳で、今から考えると、キリンビール工場跡地にでもサッカースタジアム建てておけば良かったですね…。マツダF工場跡地は、間違っても、イオンモールとかゆめタウンを作るのは絶対にやめてもらいたいものです。

(↓良く分かりませんが、登録してみました。クリックをお願いします。)
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村


2015/8/26 | 投稿者: らっち

 サッカースタジアム建設問題で、前回、市民球場跡地の話をしましたので、今回はみなと公園の話をします。
 みなと公園案で、一番色々言われているのはアクセスの問題ですね。実は私、みなと公園まで徒歩圏内のところに住んでいますので、現状については割とよく知っているつもりです。その実体験を元に、みなと公園周辺の現状を語ります。

@広島みなと公園の位置状況
 JR広島駅から直線距離で約5km,紙屋町から直線距離で約4.5km

A現状アクセス

 広島駅から路面電車で32分。
 本通りから路面電車で34分。路線バスで20分弱。

B道路状況

南北方面の道路は割と充実している。
1.都市計画道路鷹野橋宇品線
クリックすると元のサイズで表示します
(広島港と都心部を直結。4車線)
(今回の写真は、全て「新・広島復興2」から借用しました。今回の記事用に、あらかじめスマホで写真撮っていたのですが、間違って全て消してしまいました…)

2.昔ながらの電車通り(名前知らない…)

クリックすると元のサイズで表示します
(2車線)

3.中広宇品線
クリックすると元のサイズで表示します
(段原方面を経由して広島駅方面へ。6車線)

 一方で、東西方面の道路は貧弱。都市高速3号線はあるものの、それを過ぎると、2km近く離れた県病院前の道路まで幹線道路がない。
クリックすると元のサイズで表示します

 また、これらの幹線道路以外の道路状況は貧弱で、幹線道路以外は一方通行の道も多い。幹線道路以外は全て生活道と捉える方が無難。
 渋滞はさほど醜いものはなく、ゆめタウン広島店がバーゲン等をやるときにその周辺が多少混雑する程度。
 この実態を元に、公共交通でのアクセスを考えると次の通りとなるのではないでしょうか。赤い線がシャトルバス、緑色の線が路面電車です。
クリックすると元のサイズで表示します

渋滞等を考慮せずに、単純に所要時間を考えると、@路面電車を利用すると都心部や広島駅から(まで)30分強、Aシャトルバスを利用すると都心部や広島駅から(まで)20分程度、と言うことになると思います。
 しかし、ここで問題があります。

@大量輸送機関も新交通システムもなく、路面電車やシャトルバス頼りでは、輸送人員に限界がある。特に帰宅時に大きな混雑が予想される。

A特に路面電車は、その性質上、所要時間が現行より大幅に必要となる可能性がある。都心部や広島駅まで、50分程度かかってもおかしくない。(一方で、シャトルバスは割とスムースに走るような気もする)

B路面電車は、日常的に市民の足となっているものであるが、広島港発の路面電車がサッカー観戦者で最初から満員になってしまうと、他の市民が使用できなくなる。市民の足として機能しなくなる。

 次に、マイカーやその他でのアクセスを考えます。問題点を挙げてみましょう。
・南北方面の幹線道路は割と充実しているが、公園の立地条件を考えると、帰宅時はマイカーは北方面に向かう車ばかりとなる。東西方面は、都市高速を使って分散させるしかない。どの程度の渋滞が発生するか、詳細な調査が必要。
・平野部に立地し、また幹線道路がある程度整備されている現状を考えると、その他自転車や徒歩でのアクセス状況が良好と言える。デルタ住民からすると、自転車等での来場が便利だと思われる。

 で、それらの結果に基づく、私の結論は次の通りです。

3万人前後の観客が一斉に帰路に向かうような興行は、本来ならば都心部の便利な場所か、JR山陽本線の沿線で行うべきである。ただし、広島みなと公園については、都心部や広島駅まで比較的近距離にあること、また都心部や広島駅までの幹線道路の整備が充実していることから、工夫次第では対処できる可能性がある。その辺りについては、詳細な検討が必要である。ただ、現在の広域公園は、周辺に何もないため、試合後の動きが「帰宅」に集中してしまっているが、みなと公園の場合、周辺に飲食店等も多く、試合後の楽しみも多岐にわたる可能性がある。その辺りについて、地域全体のまちづくりとうまく融合できれば、みなと公園案も充分検討するべき価値はある。

 と、みなと公園のアクセスを考えていると、ちょっと大きなニュースが入ってきましたね。マツダのF工場が解体されることになった、とのことです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(この画像も、「新・広島復興2」からです)

 敷地面積は約27000uということで、サッカースタジアム建設は可能っぽいですね。ここなら、JR駅も近く、立派なスタジアム建てれそうです。工場群に埋もれたスタジアム、と言うことで、男っぽい、鉄骨むき出しの、イングランドスタイルのスタジアムとかが似合いそうです。ちょっと本気で検討してくれないですかね…。ただ、そうすると、スタジアム名に「マツダ」が入ったほうが自然ですね。野球場と区別できなくなりそうです…。

2015/8/22 | 投稿者: らっち

 前回、サンフレ観戦記でしたので、今回もサッカーの話をしましょう。
 気付いている方もいらっしゃるかと思いますが、私のサッカースタジアムに対する表記は、その時々で微妙に変わっています。「市民球場跡地に」とはっきり書いたこともあれば、「便利の良いところに」などという書き方をしているときもあります。最近は、もっぱら「便利の良いところに」という書き方ですね。
 元々、私が市民球場跡地を推していたのは、この案が出てきたときです。
クリックすると元のサイズで表示します

 市民団体ALL-FOR-HIROSHIMAの案ですね。私が思う、この案の素晴らしいところは、以下の3点です。
@旧市民球場を活用していること。事業費を抑えることが出来るし、全国的に話題にもなるし、カープファンからしても喜ぶべき案だと思われること。

Aピースヒル+大階段。「広場としての回遊性が…」と言われる中、この案は面白い。こういう大階段があると、ついつい登りたくなるのが人間の性。うまくやれば、ローマのスペイン広場の大階段みたいな名物になるんじゃない? と感じます。大階段に座って、原爆ドーム眺めてみたいと思いませんか?
クリックすると元のサイズで表示します
(スペイン広場。wikipediaより)

 それに、ピースヒルも面白い。この図ではそこまで述べられていませんが、この丘と河川敷を上手く繋げることが出来れば、広島ならではの美しい風景が出来そう。基町護岸のポプラのような、美しい物語が生まれないものかな…と期待してしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
(この付近の河岸緑地。この空間はぜひまちづくりに利用したいね…)

B軸線への意識。この場所が、ピースセンターの延長線上に位置することは誰もが知っていること。そこをきちんと意識しているのは当然と言えば当然なのですが、きちんと処理しようとしているのは好感が持てます。
クリックすると元のサイズで表示します
(誰しもがはっきり軸線を感じることが出来る。これは大事な軸線です)

 で、結局、市民球場は取り壊され、この案は消えてしまった訳です。
 その後、サンフレやサッカー関係者が出してきたイメージ図がこちらですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 …う〜ん。。。見事に、AFH案の長所3点が消えています…。言うまでもなく、市民球場跡地と言うのは非常に重要な土地です。ピースセンターの景観軸の延長線上にあること。原爆ドームに隣接すること。河岸緑地に隣接すること、等々…。うまくやれば、広場として整備しても、世界に誇れる広場・空間にすることは十分に可能です。球場を解体してゼロから整備するならば、こういう視点を抜きに考えることはありえません。スタジアムを造るなら、この前提を押さえてから造るべきだ、と私は思います。
 それがこのサンフレ案…。正直、「これでは、サッカーのための空間でしかないじゃないか。「多目的に使う」とか、そういうことじゃなくて、場所の持つ意味をもっと考えてほしいな…。これじゃあ、良くあるスタジアムを、そのまま跡地に当てはめただけじゃないか。。。ただまあ、これはあくまでも現段階でのイメージ図。今後の展開に希望しよう」と思いました。まあ、「様子見」という感じでしたね。
 ところが、いつまで経っても、このイメージ図以上の展開が見受けられない。市長選が始まって、面白いスタジアムイメージ図を見ることが出来るかと思っていたのですが、それもない。「コンコースを広めにとって、イベントを行えるようにする」とか言っているけど、「正直、それだけじゃダメなんだよな…。もっと現場をしっかり歩いて、もっと「まちづくり」を語ってくれよ…」と思っていました。ただ、現市長を素直に応援する気にもなれず、ある意味、消去法で小谷野氏に投票しました。
 で、現在です。スタジアム問題は進んでいるような雰囲気がありませんが、もし、サンフレが本当に市民球場跡地にスタジアムを希望するというなら、市民球場跡地と言う、土地の特性にもっときちんと向き合って欲しいと思います。球場跡地は、非常に特殊な土地です。「賑わえば良い」というものではありません。球場が解体され、ゼロから整備することになった以上、まちづくりの面からも最適解が求められます。今のままでは、残念ながら球場跡地案には賛同できません。

2015/8/16 | 投稿者: らっち

8月12日、何年振りでしょうか、Jリーグを観戦してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 夏休みとは言え、平日の、しかも雨天のナイトゲーム。観客少ないだろうな…と思っていたのですが、意外に多く、17000人弱。お盆休みの力なのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 広島における、サンフレの位置付けは、語るのに非常に難しい面があります。
 ブログの記事にしようと思った場合、私は「街の将来のために積極的に活用するべきだ」という主張もすることが出来るし、逆に「街の将来を考えると、サンフレは今のままでやむを得ない」という主張もすることが出来ます。
 結局は、私の中で「こうあるべきだ」とはっきり言い切れない状況にあり、そのため、最近はスタジアムについてあまり語っていないという面があります。
 ただですね… そういう点を抜きにしても、エディオンスタジアムのクオリティの低さは目に余りますね。今回、改めて感じた点を述べましょう。

@遠い…
 エディオンスタジアム、やはり遠いですね。市内を18時頃出発し、「キックオフ(19時)に間にあいそうにないから高速4号を使っていこう」ということになったのですが、これが大誤算。高速4号の料金所を通過してからが大渋滞。結局、試合を観戦できたのは後半からでした…。結局、出発してから観戦開始まで、2時間弱かかっています。あり得ない状況ですね…。

Aグルメが…
 元々、コンコースに飲食のブースが入るエリアが設営されておらず、店舗はガスや給排水設備のない状況で営業しています。なので、グルメのレベルも、残念ながらそれなりのものしかありません。マツダスタジアムと比較するのはそもそも酷ですが、それでももうちょっと…と思ってしまいます。考えようによっては、温かいカープうどんが食べることが出来た旧広島市民球場よりも貧相かも知れませんね…。
 ついでに言うと、マイカーでのアクセスが主となっている現状では、アルコールの売り上げも伸びるはずがなく、商機を逃していると言わざるを得ませんね。

8/17追記:サポーターの方から、ご指摘いただきました。バックスタンドのコンコースはともかく、メインスタンド側はかなり改善されているとのことです。オーブン持ち込んでの焼きたてアップルパイとかあるそうです。今回は、記事に書いたとおり、後半からの観戦だったので、メインスタンド側まで見に行く時間的余裕がありませんでした…。


Bその他
 その他良く言われるのが、「陸上競技場なので客席からピッチまでが遠い」「洋式トイレの数が足りない」「スタンドのほとんどに屋根がなく、雨天時の観戦が辛い」と言うことですね。ただ、私は、エディオンスタジアムと広島スタジアムでしかJリーグを観たことがないので、専用スタジアムの良さを知らないし、「洋式トイレじゃないと嫌だ」なんてことも思わないのでトイレについても不満はないし、ということで、私はこの辺りは語れません。思っていないことを語る訳にはいかないので、この辺りはスルーさせてもらいます。

 こう見ていくと、やはりある程度便利な場所に、それなりに使い勝手の良いスタジアムを造ってあげたい気はしますね。
 広島の場合、プロスポーツの分野では、カープと言う強烈なコンテンツが存在するため、どうしてもJリーグ、サンフレッチェは軽視されがちです。(ただ、これはプロ野球のある都市ほとんどでそうですね)
 それでも、年間30万人程度を動員するコンテンツと言うのは貴重な存在で、サッカーツーリズムというものは確実に存在すると言ってよいでしょう。プロ野球だけでは拾い切れないビジターを呼び込んでいると言ってよい。具体的には、巨人ファンでもない、スワローズファンでもない、浦和レッズや横浜マリノスのサポーターを呼び込むことを可能にしているはずです。それを考えると、便利の良いところにサッカースタジアムを建設する意義と言うのはやはりあると言って良いのでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
(ブレまくりで申し訳ないのですが、アントラーズのサポーター陣。おそらく、広島人はほとんどいないはず。こういった方々に、広島を満喫してもらい、多少なりとも消費活動を行って帰ってもらいたい、というのは当然の発想ですね)
(おまけですが、いつの間にかオーロラビジョンが修繕されていますね…)

2015/8/8 | 投稿者: らっち

 今年の8月6日は、カープのナイターを観てきました。いわゆる「8.6ピースナイター」ってやつですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(3万人越えの超満員)

クリックすると元のサイズで表示します
(み〜んな背番号が86。さあ、この3塁ランナーは誰でしょうか?(僕にも分らん…))

 8月6日の重要性は、今更私などが語る必要もないですね。広島市民にとって、年1回、自分自身を見つめなおす日になっていると思います。元々広島市民ではない私ですら、この日は、悔い改める日となっています。さすがにこの日は、自分自身の生き方を見つめ直しますね。多くの広島市民にとって、そうではないでしょうか?
 ただ、この8月6日を、なんか政治的な活動に利用している人が近年は多いみたいですね。私も数年前、8月6日の8時15分を平和公園で迎えたことがあったのですが、8時15分という、みんなが黙とうを捧げてる時間ですら、「ヒロシマの祈りを忘れるな〜!」とか、スピーカーで騒いでいる連中がいる。もはやギャグかと思うのですが、もう、言葉が出ません。右だか左だか知りませんが、何を考えているのか、理解不能です。
 …まあ、昔ながらの左翼とか、近年出てきたネトウヨとか、結局は「世のため人のため」とか言いながら、ヒロシマを利用しているだけなのですね。関わらないほうが良い人たちだ、と私は判断しています。

 さてまあ、そんな話はおいといて、カープです。
 本来なら、既に消化試合に入っているような成績なのですが、上位球団ももたついているため、何とか辛うじて、首の皮一枚で繋がっている、という状況ですね。
 なんだかんだ言って、カープの元気は広島の元気です。シーズン最後まで、粘り強く、元気に戦って欲しいですね。そろそろ、監督も多少は慣れてきたでしょうし、これまでずっとチグハグだったチームが、最後の最後で歯車がかみ合うと、もしかすると…と、期待してしまいます。頑張れとは言いません。思い切り、プレーしてもらいたいものだと思います。




AutoPage最新お知らせ