2016/5/28 | 投稿者: らっち

 オバマ大統領が広島を訪問しましたね。このことについての、歴史的な意義とか、世界平和や核兵器廃絶に向けての意義とかについては、私は語りません。そういう面については、私なんかよりもっと詳しい人がたくさんいるでしょうからね。
クリックすると元のサイズで表示します

 私が注目したいのは、広島の街についてです。大統領の広島訪問が決まって以降、あのサミットが完全に前座扱い。大統領が訪問すると言うだけでこれだけ話題になる都市は世界中見渡してもそんなにないのではないでしょうか。
 まあ、私自身、正直言うと、世界中のマスコミがなぜこんなに騒ぐのか、今ひとつ良く分からないのですが。。。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 まあ、広島はそれだけの話題性がある都市ということなのでしょうか。今回の大統領訪問をきっかけに、一層のMICE推進、外国人観光客誘致が実現すればよいなと思います。その広島に住む市民は、最低限、英語での日常会話くらいは出来るようになるべきでしょうね。私も頑張りたいと思います。

=おまけ=
 と、ここで記事を終えたのでは、ちょっと短いので、ちょっとおまけを。そんなわけで広島の街が大騒ぎになっている最中、私は原爆ドームから約1.5kmのところで、まったりとお酒を飲んでおりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 はい。このブログでも何度か取り上げた、cafe43(キャラントトロワ)ですね。平和公園界隈の騒動の影響もなく、いつもどおりまったり過ごすことが出来ました。やっぱり良いお店ですよ。外国人のお客さんも多く、良い雰囲気です(外国人は、なぜあんなにオープンカフェが似合うのだろう…。なんかカッコいいですよね)。前回も言いましたが、広島はまだまだ面白いものがたくさんあります。それらを繋ぎ合わせて、来訪者を充分におもてなしできる広島でありたいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2016/5/22 | 投稿者: らっち

 ひろしま美術館で開催されているヴェネツィア展に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 数年前に開催された県立美術館のヴェネツィア展は、ヴェネツィアという都市を切り口にした、「都市展」みたいな側面がありましたが、今回のヴェネツィア展は、もう、ストレートに「芸術」でした。お腹いっぱいになるほど、「美」を堪能してきました。個人的には、やはり「都市」を感じることが出来る風景画と、宗教画がやはり面白かったです。(まあ、正直言って、「都市」が好きな私からすると、もうちょっと都市としてのヴェネツィアも見たかった気もしますが、そもそも、美術展ですからね…。)
 ところで、今回、幸運だったのは、着いていきなり、ミニコンサートが始まったことです。

クリックすると元のサイズで表示します
 グノー(バッハ)のAve Mariaや、ヴィヴァルディ(ヴェネツィア出身ね)の春、その他ヘンデルなど、バロック中心のプログラムで、チェンバロの演奏。いや〜楽しかったですよ。そもそも、チェンバロの演奏会自体、あまり遭遇しないじゃないですか。古楽ファンの私としては、とっても楽しい演奏会でした。こういう具合に、美術×音楽というような企画があれば、お互いの良さに触れ合う機会が増え、ファンが増えるんじゃないですかね。良いと思いますね。

 ところで、話は戻ってヴェネツィア展。一つの都市をテーマに、こういう企画展が出来るのって、面白いですね。もし、広島をテーマに、企画展をするとどんなことになるでしょうか。こう言うと、どうしてもまた「ヒロシマ」が前面に出てしまうのですが、一度その「ヒロシマ」を抜きにして、広島の美を考えてみたら面白いと思います。広島の場合、「ヒロシマ」が大きすぎて、他の特徴が表に出てきにくい面があるのではないかと思います。広島が持つ「美」を再度見つめて直してみても面白いのではないでしょうかね。
クリックすると元のサイズで表示します
(水の都ヴェネツィアでも、サン・マルコ大聖堂は普通に地上に建っていますが、広島では、神社を海の上に建てています。そう考えると、広島って凄いですよね。)

 それにしても、こういう企画展があると、また私の「ヨーロッパに行きたい病」が再発してしまいます。ヴェネツィアじゃなくても良いので、イタリア辺りに行きたいなぁ〜。チャンス見つけて、行きたいですね…。
クリックすると元のサイズで表示します
(イタリアには、一度、2000年に行ったことがあります。その時、ヴェネツィアでわざわざサッカースタジアムを観に行きましたね…。(当時、日本代表だった名波選手がセリエAのACヴェネツィアに所属していたのです) 今度イタリアに行くチャンスがあれば、本場のカルチョ(サッカー)を観戦してみたいですね)

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2016/5/14 | 投稿者: らっち

 少し前、区の子ども会の総会に出席してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 いつだったか、このブログでも触れたと思いますが、今年から、小学校の子ども会のとある役員を引き受けた私。こういう具合に、区の総会にも出席させられるようになっています。
 で、こういう子ども会もそうですが、様々な地域の活動に参加して思うこと。それは「やはり、ネットの世界なんてごく限られた世界だな」というのが第一ですね。
 例えば、いつだったかの広島五輪構想。ネット上の意見では、「こんなに多くの人が賛同している」とか、そんな書き込みをよく見ました。まあ、正直言って、世界中に繋がるインターネットで、100人の賛同があったとしても実際には全然大したことがない数なのですが、ネット上ではさぞかしそれが世論のように見えてくる。実際には、現実の地域のコミュニティの中では、広島五輪構想なんて笑い話以外の何物でもありませんでした。
 また、例えばネトウヨさん。ネット上の威勢の良い書き込みや、「マスコミは真実を報じない。我々こそ真実を知っている」とかいう主張。それも実社会の中を生きていると、随分的外れであることが分かります。で、ネトウヨさんはその事実に気付かず、ネット上で仲間を作り、その仲間こそ正義で、反発するのは全て反日で、悪だとかいう、これまた随分視野の狭い、排他的なグループになってくる。こうなるともう手がつけられないですね。「日常生活に戻れよ。日常生活の中で、今一度自分たちの主張を見直してみろよ」と言いたくなりますね。

 で、まあ、最近の広島のまちづくりでも、こういう随分視野の狭い、排他的なことをやっている人々を見つけることが出来ますね。具体的にどの連中がそうだとは言いません(それを言ったらまた炎上するw)が、まあ、おかしな人が実際にいるのは確かです。

 閑話休題。話を戻しましょう。地域のコミュニティ活動について。一見、良いことのように思えますが、功罪両面があるのも確かですね。
 こういう地域の活動って、何となく「その地域の暗黙のルール」というものが存在します。昔から長い歴史を培って行われてきた活動です。その中で、自然と「その地域の常識」と呼べるようなものが築かれているし、「地元の名士」と言う存在の人もいるし、市会議員、県会議員などとも繋がってくる。それら全部をひっくるめて、地域のコミュニティ活動となり、地域を作り、守ってきました。
 それはそれで非常に大事ですが、一方で、そういう組織は得てして保守的でやや閉鎖的なものですね。「ムラ社会」的な面があり、新たな考え方や、少数派は入りづらい。そういう面があるのも確かと思います。
 特に広島の場合、他の同規模都市と比較して、他地域からの人口の流入が少ない。その結果、昔からの地元住民が多く、その分郷土色や地域コミュニティが強い。これは良い面もたくさんあるのですが、一方で、新たな風が吹きにくい。新たなイノベーションを生み出しにくい。そういう側面もあると思います。
 なので、こういう広島で、新たなことにチャレンジするのは難しい話なのだと思いますよ。市長選などで、現職が強いと言うのは、こういうところにも原因があるのではないかと思います。今の松井市長、正直、「市長としての資質はどうなん?」という感じを受けますが、それでも選挙に強いのは、何だかんだ言って、そういう地域社会をうまく回している、ということなのではないでしょうか。「調整タイプの市長」でしたっけ? 「ライフ&バランス」でしたっけ? 確かに、地域コミュニティが強いこの広島の土地では、奇をてらったような変わった市政運営をするよりも、地味でも、地域と上手く繋がり、調整し、バランスを取ることのほうが重視されるのでしょうね。それを考えると、前回の市長選で小谷野氏が惨敗したのもやむを得ない気もしますね。この意味では、サンフレッチェ、確かに可哀想だと思います。

おまけ
 前々回の宇品デマ報道に関する記事、ネット上で色々と取り上げられたみたいですね。まあ、上述のとおり、ネットの世界なんてごく限られた世界なのでそこでどうこう言われようがまるっきりどうでも良いのですが、なかなか笑える意見がたくさん上がっていました。あの記事のどこをどう読んだらそうなるのか分かりませんが、私はサッカースタジアムみなと公園派にされてしまっているようです。そんなこと、一言も書いていないんだけどなぁ…(笑)。
で、それを分かっていて敢えて今回、記事の写真をUPしました。はい、写真をみて分かる通り、私は南区在住ですね。さあ、ネット上の声が聞こえてきそうです。「自分が南区在住だからみなと公園派なんだ。利権だ〜」って(笑)。
 …あのなぁ。南区在住だからって、みなと公園にサッカースタジアムが欲しいと思う訳ないだろ。みなと公園にスタジアムが出来ても、今の不動産の価値が上がるとは思えないし、むしろ子どもを自由に遊ばせることが出来る公園が一つ減るということで、メリットよりデメリットの方が大きい。地元民の目線から言えば、あの場所は公園が良いのです。Jリーグが開催されるときは渋滞も発生するだろうしね。
 ついでに言っておくと、この前の記事で、「みなと公園周辺が市内有数の渋滞地帯と悪名高いだなんて、聞いたことがない」と書いたのが、これまたなぜか「こいつはみなと公園にスタジアムを造っても渋滞しないと思っている」ということにされている(笑)。「市内有数の渋滞地帯とは言えない」とは言ったけど、「Jリーグの時にも渋滞は発生しない」なんてことは一言も言っていないのですけどねぇ…。どうしてこう、読解力がないのでしょうか…。
 まだまだ面白い話があって、私の「中心部から路面電車を利用した場合の所要時間は約1時間というのは嘘だ」という主張に対しては、「広島駅から紙屋町経由の路面電車に乗ると1時間近くかかる。あながち間違いではない」だって(笑)。もう、言葉も出ない(笑)。誰か暇な人、突っ込みいれてやってくれ、と言う感じです(笑)。
 他にも、色々と笑える意見を見たのですが、まあ、みなさん、まともな読解力がない。あの記事をUPした時点で、「様々な反響があるんだろうな」とは思っていましたが、まさかここまでズレた意見ばかりとは(笑)。やはり、ネットの世界は、所詮はネットだと再確認した次第です…。今回の記事もまた色々と言われるのでしょうね。まあ、何を言おうが勝手ですが、少しは私が焦るようなことでも書いてみろ、と思います。苦笑せざるを得ないようなことばかり書いて、ギャグかよ、と思ってしまいます…。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2016/5/8 | 投稿者: らっち

 GWが終わろうとしています。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
「今年のGWは2日休みを取ると10連休!」なんて言われていましたが、その休みを取れない人間からすると、今年はただの飛び石連休。まあ、子どもたちの学校も通常通りある訳だし、ただの飛び石連休やむなし、という感じですね。
 さて、そんな今年のGWですが、私の唯一のプチ遠出は福山のみろくの里に行ったことでした。
クリックすると元のサイズで表示します

 広島県内唯一のテーマパークであるみろくの里。経営母体は常石造船の持ち株会社であるツネイシホールディングスですね。結局、「造船に頼りきりでは好況・不況の波が厳しい。多角化で経営のバランスを取ろう」と言うことだと思うのですが、それで展開している事業が凄いですね。一つづつ見てみましょう。

@テーマパークとしての「みろくの里」
クリックすると元のサイズで表示します
 県内唯一のテーマパークですね。遊園地としての機能のほか、レトロな町並みを再現した「いつか来た道」とか、ちびっこ向け遊園地コーナーとか、色々充実しています。
クリックすると元のサイズで表示します
(ちびっこ向け遊園地コーナー。このコーナーだけで、マリーナHOPのミニ遊園地の5倍くらいは充実している)

Aスポーツ施設
 有名なのは、夏場のプールですが、他にも、特筆すべきものがいくつかあります。まずはツネイシしまなみビレッジ。国際試合サイズのサッカーフィールド3面、立派なクラブハウス、体育館などがあります。地方都市のスポーツ公園並みの施設が揃っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(クラブハウス)

 FCバイエルンと提携したクラブ「FCバイエルンツネイシ」がここを拠点に活動しているんですっけ? それも凄い話です。あと、スポーツ施設と言えば、野球場「ツネイシスタジアム」ですね。昔、カープの2軍本拠地だったこの球場。今は社会人野球「ツネイシ硬式野球部」のホームグランドです。これもまた、地方都市にあるようなスタジアムです。
クリックすると元のサイズで表示します
(この写真はかなり前に撮影したものです)

Bその他みろくの里
 ほかにも、宿泊施設(研修施設)があったり、温泉施設「神勝寺温泉・昭和の湯」がありますね。

 ここの遊園地がオープンした当初、私は「あんな山奥で経営が成り立つんかいな…。すぐに潰れないか?」と子ども心に思っていたのですが、逆なんですね。あんな山奥で、土地代がタダ同然だからこそ、こういう遊園地がやっていける。簡単に潰れた呉ポートピアランドとは真逆ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(広大な土地に様々な施設が展開されています。分かりますかね? 手前から、遊園地・プール、サッカー場、宿泊施設と続きます。広大な丘陵地だから出来る訳で、広島ではそもそも無理ですね…)

クリックすると元のサイズで表示します
(ついでに行っておくと、みろくの里、一つ一つの整備はなるべく簡素に行われています。舗装とか簡素でしょ? これも呉ポートピアとは真逆で、簡素でお金をかけていないからこそ、ここまで経営できているのでしょう)

Cその他
 リゾートホテル「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」とか、それに付随する(?)マリーナ「ベラビスタマリーナ」、リゾートホテル「神石高原ホテル」、ビジネスホテル「常石ハーバーホテル」と、大規模に展開していますね。これだけホテルを持っていれば、スケールメリットも出てくるのかもしれません。

 以上、ツネイシホールディングスの事業をざっと見てみました。サッカー場とか、野球場とか、ファミリープールのようなものとか、広島ではことごとく行政が担っているものを、ツネイシはやってくれています。それどころか、広島ではどうしてもできないテーマパークも運営してくれています。恐るべきパワーを持つ企業ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2016/5/3 | 投稿者: らっち

 最近、例のサッカースタジアム建設問題もあって、宇品が全国レベルのマスコミに取り上げられることが多いですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 ただ、どうやらまともに調べないまま記事を書いている様子ですね。間違いがとても多い。風評被害レベルの記事も多く、これは宇品に住んでいる人、不動産を持っている人にとってかなり失礼なレベルです。こういう出まかせ記事により、不動産の価値が下がるようなことがあればどう責任とるのでしょうか。
 ここでは、一つずつ間違いを正すことにします。

まずはこちらのサイトから。
THE PAGE>どうなる広島の新スタジアム問題

 一つずつ誤りを指摘していきます。

@「広島みなと公園」は中心部から約7km離れた港湾地区
→正解は、紙屋町交差点から直線距離で約4.5km。鷹野橋宇品線を使っての最短ルートでは約5kmです。

A路面電車を利用した場合の所要時間は約1時間
→本通りの電停から広島港までは約30分です。半分ですね。ちなみにバスを使うと約20分です。なお、同じ記事の中に「旧市民球場跡地は広島駅前から路面電車で約10分」とありますが、こちらは逆に、1.5倍の15分以上は確実にかかります。

B現在でも市内有数の渋滞地帯と悪名高く
→そんな話は聞いたことがありません。国交省が公表している「主要渋滞個所」にも入っていません。(こちら

 あと、真夜中のにゃーごとか何とか言う番組で、やまもといちろうとか言う人が、「広島みなと公園一帯は昭和50年までに埋立された」「埋め立てに六価クロムを使っている」とか言ったらしいけど、「馬鹿言うなよ」と言いたくなりますね。宇品と出島の間の海が埋め立てられたのは平成に入ってからです。そういう、比較的最近の埋め立てで六価クロムを使っているかどうかなんて、詳しく調べないと分かりません。
 と言うか、あの埋め立て地では、既にたくさんのマンションやショッピングセンター、そして大学なども建てられました。その開発時に六価クロムが検出されたか否か。根拠にするならそこですね。TVで発言するなら、そこを押さえてから発言するべきです。広島都市学園大学を建設するときはどうでしたか? ゆめタウンみゆきを建設するときはどうでしたか? その他たくさんのマンションを建設するときはどうでしたか? そういうたくさんの開発の一つでも押さえれば、発言に信ぴょう性が増すのですが。なぜそれをしないのでしょうね。何か不都合なことでもあるのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
(これらのマンションが建設されるときは六価クロムは検出されたのでしょうか?)

 以上、最近の報道の中で、宇品に関する間違い報道を挙げました。全国的なマスコミは、正しい報道をすることよりも、とにかく面白おかしく取り上げて、多くの人に見せることを考えているのではないでしょうか? これまでの様々な報道を見て、残念ながらそういう印象を持たざるを得ませんでした。マスコミって本当に怖いですね。だからマスゴミだなんて言われるのですよ。これなら、広島ローカルのマスコミの方がよほどまともですね。(あ、「ひろスポ!」のようなクズのようなメディアは除きます。当たり前の話ではありますが念のため)

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村




AutoPage最新お知らせ