2017/7/30 | 投稿者: らっち

 先日、イオンシネマで「カーズ3 クロスロード」を観てきました。

(正直、あの結末はちょっと期待外れでした…。言いたいことは分からない訳ではないですが、感動はしなかったですね。。。(個人的な感想です))

 以前、サロンシネマを紹介した時に、「シネコンがどこも似たり寄ったりで、映画館の個性が無くなっている中、この映画館(サロンシネマ)はまるっきり違う雰囲気で映画をみせてくれる。」と書きました。(こちら
 ただ、元々を辿っていくと、シネコンって、人気が凋落傾向だった映画界の救世主みたいな感じがあったのですよね。
 今から20年程度前は、「映画館で観るならば、レンタルビデオして観たほうがお得」とか、「地上波のTV放送があるまで待てば良いよ」みたいな雰囲気が大きかったのは事実で、そこにシネコンが登場し、「いやいや、こんな感じの映画の楽しみ方もあるよ」と、多くの人々の足を映画館に運ばせたのは事実でしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

 初めてシネコンが登場した時、「一つの映画館に7つも8つもスクリーンがあるって、採算取れないだろ?」と思っていたのですが、実は発想が思いっきり逆で、「スクリーン数が多くてもチケット売り場を一か所に集中させれば、逆に合理的だ」とか、フード&ドリンクコーナーにしても、「たくさん上映して、たくさんの来場があるから、逆に大量生産が可能で、単価を抑えることが出来る」ということなのでしょうね。よく考えられていると思います。

 あの、大味で、いかにも「大量生産・大量消費」みたいな感じのポップコーンも、@いかに映画以外の部分で儲けるか A映画に適したフードは何か を追求した結果出てきたもののような感じを受けますね。よくよく考えると、確かに、ポップコーンは映画鑑賞に適していると思います。
 結局、シネコンは「お客の映画離れを食い止めることに成功した」「映画館で儲ける方法を見つけ出した」と言って良いわけで、この辺りは、「さすがエンターテイメント王国のアメリカ生まれだな」と思いますね。
 その、エンターテイメント王国アメリカ。そこから学び、シネコンと同様に「お客離れを食い止めた」「儲ける方法を見つけ出した」事例が広島にありますね。言わずと知れた、マツダスタジアムです。
クリックすると元のサイズで表示します
(7月29日に観戦に行きました)

 アメリカのボールパークをお手本に造られたマツダスタジアム。このスタジアムだけが要因ではないにしろ、15年位前までは年間観客動員数が100万人を割ることがあったカープ球団は、今では3年連続で200万人突破が確実視されているところです。勿論、チームが強いのも要因ですが、このスタジアムでなければ、間違いなく年間200万人の動員など不可能だったでしょう。ありがちなドーム球場などでは到底不可能だったと思います。

 こうしてみると、なんだかんだ言って、アメリカのエンターテイメントって凄いなと思いますね。正直、私はアメリカという国はあまり好きではないのですが、この辺りはさすがだと思います。
 それを考えた時、私が色々考えてしまうのがクラシック音楽のホールです。「広島交響楽団が拠点とする本格的なホールを」というのはよく聞く声ですが、果たして、今のまま普通にホール建てても、広響の定演の動員が目に見えて増えると思うか? と聞かれると、正直、首を傾げざるを得ません。音響だとかの以前に、「いかにしてホールに足を運んでもらうか」ということも考えないといけないのかも知れませんね。さて、アメリカ人なら、どんなホールを造るでしょうか??










にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2017/7/23 | 投稿者: らっち

 最近、ブログネタが不足していますので、ちょっと個人的な話を。
 実は、私の父親が4月に脳梗塞で倒れ、「介護認定」を受けました。
 4月頃、福山だの尾道だの、やたらに備後方面の話題が多かったのはこれが原因です。
 ついに私にも、「介護」が身近な問題となりました。
 昨年、イタリアに行った後、私はこんなことを書きました(こちら)。

 短い人生、やりたいことをやれるうちにやらないと駄目ですよ。無駄に遠慮して、「ヨーロッパ旅行なんて贅沢だ。なるべく控えよう」なんて考えたら絶対にダメ。行けるときに、無理してでも行かないと駄目ですよ。「また数年後チャンスがあるさ」なんて考えたら絶対にダメ。その数年後、本当に確実に行けるの? もしかしたらあなた、病気になっているかもしれないよ。 いや、あなたが健康でも、例えば家族が病気になってそれどころじゃないとか、親の介護をしないといけなくなったとか、子どもが変な方向に走って家を空けることが出来なくなるとか、人生、何があるかわからないよ。やれるときに、やりたいことやらないと駄目ですよ。

 …で、実際に、イタリアに行った翌年に介護が始まった。本気で、「昨年、イタリアに行っておいてよかったなぁ。あと1年遅けりゃ行けなかったよ」と思っています。やっぱり皆さん、やりたいことはやれるうちにやっとかないと駄目ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
(昨年のイタリア。アッシジのサン・フランチェスコ大聖堂)

 今、私は、もう様々な活動を休止させています。合唱も、あのアーキウォーク広島ですら現在休止中。小学校のフットベースボールクラブにも、「本当に人がいないときだけ声かけて」とお願いしているところです。
 まあ、実際には、今でも本当に好きな分野の音楽だけは細々と歌っていたり、アーキウォークもフットベースボールクラブも本当に大事なところだけは関わっていこうとしているのですが、それでも、もうこれまでのようには行かないですね。家族第一。そこから、時間的に都合がつけば、他のことに関わっていく。これはもう仕方ないことです。これまでより一層、時間を大切に使っていきたいと思っています。
クリックすると元のサイズで表示します
(いつぞやのアーキウォークのイベント。当面は、関われる部分のみ関わっていきます)

 介護生活が始まり、色々と思うことはあります。介護に関する話だけで、ブログ記事10本は書けそうな気がしますが、まあ、当面やめておきます。
 ただ、一つだけ、決定的に思うことは、「この国はもう相当厳しい。各個人も、行政も、もう日々を生きていくだけで精一杯になるな」ということです。もう、どうにもならない時代が来ていることをひしひしと感じます。

 行政で言えば、減り続ける税収に反し、大幅に膨らみ続ける社会保障費。インフラの新規整備などはもうほとんど出来ず、既存のインフラの更新すらままならない時代となるのではないでしょうか。道路舗装がボロボロになろうが、水道管が錆びて赤水が出る状態になろうが、何とかごまかしながらそのまま利用せざるを得なくなる。そんな時代があと10年もすれば来るように思います。
 各個人もそうで、皆さん、もう給料が伸びない中、如何にして心配のない老後を迎えるかを本気で考えなければならない時代となったように思います。
 介護の世界、本当厳しいですよ。終わり(最期)が見えない中、破産しないようにやりくりを計算していかなければならない。まあ、うちの父親の場合、国民年金や企業年金、そしてこれまでの貯蓄がある程度あるので、当面は大丈夫なのですが、それでも、「最終的にどれだけの負担となることやら…」と考え出すと、安泰、とはいきません。正直、怖さはあります。

 で、そんなことをあれこれ考えていると、つくづく、「今後、この国は本当に厳しくなるなぁ」と思います。今後10年以内、特に、何となくですがオリンピックが終わる2020年以降。この国の、もうにっちもさっちもいかない現実に、多くの方が改めて気づくようになるのではないかと推測しています。

 それを踏まえて、広島市政です。時々、「今の市長は何もしない」とか言われますが、結果論として、それはそれで良いのかも知れません。無駄にハコモノ整備して、その借金の返済に何年も苦しまされるよりも、今ぐらい何もしないくらいで良いのかな? と思ったりします。
 今でも、「日本一国民健康保険税が高い自治体」と言われる広島市。「無駄にハコモノ整備するくらいなら、そっちに回せよ」と言うのは当然出てくる意見で、今後、そういう意見は間違いなく増えて来るでしょう。
 もう、「あれもこれも」と何でもかんでも整備することは出来ない時代です。生活に密着した部分から投資していく。これはもうやむを得ないことですね。それを考えると、アストラムの西風新都線建設などは、絶対にやめさせなければならない事業ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(今回は暗い話だったので、せめて写真ぐらい楽しいものを。昨日の花火大会の様子です。まあ、これくらいの楽しみはあって良いでしょうね♪)









にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2017/7/17 | 投稿者: らっち

 おりづるタワーが開館1周年を迎えましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

 正直、最近あまり話題を聞かなくなった感じがありますが、本来は、広島ピースツーリズムの目玉として、期待されてオープンしたものです。
 最近、久しぶりに行ってみましたので、そのレポートを。

まずは、カフェの「握手カフェ」。世界で一番原爆ドームに近いカフェです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 雰囲気良いカフェであることは間違いないですね。ただ、「雰囲気が良いカフェ」なんて、最近はそこら中にあるからなぁ…。「外国人観光客をいかに取り込むか」がやはりカギになるのでしょうかね??

 そして、物産館「SOUVENIR SELECT 人と樹」。やはり、世界で一番原爆ドームに近い土産物屋です。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらにも書きましたが、「バスセンターから高速バスに乗って帰るよ」という人にとっては、便利良い土産物屋ですね。

 どちらも、「そこそこ繁盛しているのかな??」とは思いますが、本音を言うと、もっともっと爆発的に観光客を集めてもらいたいものだ…と思いますね。
 そのためには、やはり、このタワーの売りである最上階の展望スペースにもっともっと頑張ってもらいたいですね。正直言うと、やはり、入館料が高すぎです…。
クリックすると元のサイズで表示します
(以前行って撮ったもの。正直、高い入館料払ってまで何度も行きたいとは思いません…)

 そう言えば、先日、広島マツダが1,000万円広島市に寄付したというニュースが掲載されていましたね。本音を言うと、「そんな寄付するゆとりがあるなら、少しでも入館料下げてよ…」と思わないこともありません。(まあ、トータルで見ると、年間で1,000万円分入館料下げても、微々たる値下げにしかならないのですけどね…。)
 ともかく、おりづるタワーの今後の展開に期待したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
(最近、広島マツダのお店でもらったおりづるタワー水。涼し気でずね♪ 東広島市の志和の水と言うことで、地産地消です。こういうこだわりは良いですね!)

(おまけ:ピースツーリズムについて)
 最近、新聞紙上等でも「ピースツーリズム」と騒がれています。もし、私に「本気でピースツーリズムを考えてみろ」と言われたら、やはり以下のものの実現を目指しますね。こちらで書いた、「サグラダファミリアぱくりプロジェクト」です。一番すっきりする案だと思うのですけどね…。
クリックすると元のサイズで表示します
(「サグラダファミリアぱくりプロジェクト」完成予想図その1)

クリックすると元のサイズで表示します
(「サグラダファミリアぱくりプロジェクト」完成予想図その2)

クリックすると元のサイズで表示します
(実存するゲートウェイアーチ(セントルイス))


(サグラダファミリア)









にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2017/7/8 | 投稿者: らっち

 本家サイト「広島・都市観光の創造」に、新しく「厳選!広島情報」というページを新設しました。本来、広島のまちづくり系のサイト・ブログですが、それだけでなく、「広島を訪れた方に、少しでも役立つ情報を提供できれば」と思い作成しました。
 新ページの構成を思いついたのはわずか1月前。その気になれば、あっと言う間に出来ますね♪ 作りながら、もう一つ「広島の市内交通をテーマにしたページを作ろう」と思いつきました。大まかの構想は出来ていますので、今後、作成していきます。
 今回の新ページオープンに併せて、本家サイトを少しいじったほか、ブログ名も変えました。より本格的なまちづくりサイトにしていければと思っています。
 ぜひ、ご感想を聞かせてくださいませ!
クリックすると元のサイズで表示します









にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村




AutoPage最新お知らせ