2022/3/26 | 投稿者: らっち

 前回記事の広島交響楽団のコンサートで、久しぶりにフェニックスホールに行きました。
 以前から思っていたのですが、このホール、立地的には最高ですね。中心市街地から近いだけでなく、「平和記念公園」という、世界的に見ても特別な場所。日本有数の立地で、世界に出しても恥ずかしくない、素晴らしい立地のホールです。
クリックすると元のサイズで表示します
(日本中を見ても、こういう写真が撮れるホールなんて珍しいでしょう)

 そういうことを考えていくと、「ここを広島交響楽団用のホールにすれば良いんじゃない? 音楽を世界に発信できる拠点に出来るぞ」と思ってしまいます。
 ただ、久しぶりに行って再認識しました。ここはやはり、「会議場」です。「音楽ホール」と呼べる物ではないですね。ちょっと比較してみましょう。まず、ステージ周辺。ステージ後ろの反響板や天井部分。他のホールと全然違うでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します
(フェニックスホール)

クリックすると元のサイズで表示します
(兵庫県立芸術文化センター)

クリックすると元のサイズで表示します
(HBGホール)

 そして、ホールの袖部分。フェニックスホールは、「いかにも会議場」という感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

 一流のホールはこうですよ(兵庫県立芸術文化センター)
クリックすると元のサイズで表示します

 つまり、現段階では、フェニックスホールは「大きな会議室」と呼ぶべきもの。では、「内部を改修すれば良いホールになれるか?」と聞かれた場合、詳しく調査をしてみないと分かりませんが、「相当難しいんじゃない? と言うか、まず無理じゃない?」と思います。
 時々、「他都市では既存のホールを改修して一流のホールにしている」なんてことを言う人がいますが、そんな便利な方法がどこでも通用すると思ってはいけない。上の写真を見比べてみてください。フェニックスホール、他のホールと比較して明らかに高さが足りない。他のホールだって、別に見栄で高い空間を確保している訳ではないでしょう。豊かな響きを確保しようと思ったら、これくらいの高さが必要と言うことなのではないでしょうか? それを考えると、「フェニックスホールを改修して良い音楽ホールに」と言うのは相当難しいのではないか、と思いますね。
 そう考えていくと、「フェニックスホールを音楽用ホールに」とか言うのは、妄想でしかなく、現実的ではない、と思いますね。やはり、今話が出ている通り、今の中央図書館辺りに新設、と言うのが妥当かなと思います。

 中央図書館辺りに新ホールを造る場合、どんなホールが良いでしょうね…。まあ、近所の福岡や岡山の事例を参考に、2000席規模のホールを造ることになるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
(福岡シンフォニーホールが入るアクロス福岡。やはりここも高さがあるのが、外観を見るだけでわかる。音響に高さはどうしても必要だよ、ということでしょう。岡山のホールのビルもデカいですよね…)

 福岡、岡山のホールに共通しているのが、ビルの中にヤマハが入っていること。そうですね。広島のヤマハ、なんか狭苦しいし、新ホール建設に併せてそちらに移転するというのも良いですね。そうすれば、明らかに、新ホールは「広島のクラシックの拠点」となることでしょう。他の飲食店などは、基町クレドなどに任せればよいので、ヤマハぐらいは、新ホールにテナントとして入ったら良いでしょうね。欲を言うなら、ノルディックサウンド広島とかが新ホールのテナントに入ってくれれば嬉しいですが、まあ、ありえないでしょうね…。
クリックすると元のサイズで表示します
(ノルディックサウンド広島。全国的に見ても珍しいお店で、貴重な存在です)

 と言うことで、フェニックスホールと新ホールについての話でした。

2022/3/20 | 投稿者: らっち

 先日、広島交響楽団の演奏会「音楽の花束〜広響名曲コンサート〈春〉」を聴きに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 私自身、久しぶりの広響コンサートだったのですが、いや〜。実に良かったですね。「これぞプロ」「さすがプロ」という感じでした。
 この広響の10日前、私は広島カントライの一員として、定期演奏会を開催したばかりで、「良い演奏が出来た♪ バッハやメンデルスゾーンをここまで歌いきれる合唱団って、なかなかないのではないかい? どこに出しても恥ずかしくないぜ!」なんて己惚れていたのですが、広響さんの前では赤子同然ですね。己惚れていたのが恥ずかしくなりました(苦笑)
クリックすると元のサイズで表示します
(私たちの演奏会の様子。これはこれで、良い演奏ができたとは思っています。ちなみに、このオケの中にも、3名ほど広響の方がいらっしゃいます。私たちって、なんて贅沢なことしているのだろう、って思います)

 プロのオーケストラの何が凄いって、音の一つ一つが、和音の一つ一つが明確に伝わってくることですね。
 比較するのも良くないかとは思いますが、普段聴くアマチュアの「何となく良い感じ」とか、「何となく綺麗な音がしている」と言うのとはやはりレベルが違って、「あ、今、綺麗に音がぶつかって不協和音が鳴った。何か意味があるのだろうな」とか、「このクレッシェンド、音の広がりが凄いな。でも、全然音楽が崩れないな」とか、もう、「これがプロなんだな」と思うことの連続でした。

 「けっ。プロとは言え、所詮は日本の、地方都市のオケじゃないか。世界にはもっと凄いオケたくさんあるぜ」なんて言わない。確かに、広響は、日本の地方都市のオケですが、じゃあ、世界的なオケの生演奏を聴く機会って、一体どれだけあるんだ、って話です。ウィーンフィルの演奏会なんて、普段聴けるものじゃないでしょ? まずは地元のプロオケを楽しみましょうよ、と思います。
 例えば、ウィーンフィルは毎年正月にニューイヤーコンサートを行っていますが、あれをどんな高級なTVで視聴するよりも、生の広響の演奏会の方が楽しい。まあ、私の家のTVがそんなに高級なTVではないと言うこともありますが、それでも、生の演奏に勝るものはないでしょう。音楽の立体感とか、音の響きとか、オーディオでは表現できないものがたくさんあります。

 正月関連で少し関連して言うならば、正月によく「芸能人格付けチェック」という番組やっていますよね。あの番組で私、クラシック音楽の問題で間違ったことありません。なので、ある程度「音楽を聴く力」は持っているつもりでいます。
 その私が言うのだから間違いありません。広島交響楽団のコンサートは楽しい。そして素晴らしい。TVを通じて聴くウィーンフィルよりも素晴らしいです。
 結局何が言いたいかと言うと、「広島に住んでおきながら、広響を体験したことないなんて勿体ない!」と言うこと。
 クラシック音楽と言うと、よく「小学生の時に音楽の事業でベートーヴェンとか、色々聴かされた…。でも、全く面白くなかった」とか言われます。でも、それは、さっきの「TVでのウィーンフィル」と同じ。やはりクラシック音楽は生演奏じゃないと面白くないですよ。一度、生で一流の演奏を聴いてみてごらん、と私は思います。その「一流」が広島にはあるのだから、それを体験しないなんて、何て勿体ないんだ、と私は思います。

2022/3/13 | 投稿者: らっち

 「PIXARのひみつ展」を見るために、東広島市立美術館に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 CGを駆使したアニメーションの制作過程を学ぶ、という感じなのでしょうか。純粋に面白かったです。建築にも通じるものがあるような気がします。
クリックすると元のサイズで表示します

 しかし、東広島市、凄いですよね。。。。ここ数年でどれだけ公共建築物を建てたのやら。この美術館周辺を見るだけでも凄いですね。
 まずは、この東広島市立美術館
クリックすると元のサイズで表示します

 次に東広島芸術文化ホール くらら
クリックすると元のサイズで表示します

 で、東広島市役所
クリックすると元のサイズで表示します

 まあ、「さすが全国屈指の成長都市」という感じでしょうか。1年後には東広島バイパスも開通し、広島市との連携もまだまだ増し、まだまだ成長しないといけない都市です。マイクロンメモリの工場増設の話でも分かる通り、今後、ある一面では、広島都市圏を引っ張っていく役割も期待されている都市です。今後の発展をまだまだ期待しましょう。

2022/3/5 | 投稿者: らっち

 私が所属する、「Kammerchor”Hiroshima Kantorei”(以下、「広島カントライ」)」が、明日、第8回定期演奏会を開催します。
クリックすると元のサイズで表示します

と き:3月6日(日)13:30開場 14:00開演
ところ:マエダハウジング安佐南区民文化センター ホール
入場料:900円
曲 目:Jesu,meine Freude(J.S.バッハ)
    詩編42番「谷川の流れを鹿が慕うがごとく」(メンデルスゾーン)
    Sicut cervus(谷川の流れを鹿が慕うがごとく)(パレストリーナ)
    Pacem(マクドナルド)
    ひなげしの花びらのように(松下耕) 等
助 成:(公財)広島市文化財団 (公財)エネルギア文化・スポーツ財団
チケットぴあPコード:209520

クリックすると元のサイズで表示します

 新型コロナウィルス感染症対策をしっかり講じた上での開催です。チケットまだあります。(と言うか、売り上げがイマイチです) 我々のテーマである、「熱い祈りの音楽」を、皆様にお届けできるものと思います。是非、お越しください。

(メンデルスゾーンの詩編42。とっても美しい曲です。是非、会場でお楽しみください)




AutoPage最新お知らせ