2022/4/2 | 投稿者: らっち

 先週、「並木ジャルダン」と称して、並木通りを1車線潰して歩行者空間にする社会実験が行われましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 あの並木通りの車線を1車線まるごと潰しているのにはびっくりしました。迂回路があるとは言え、基本行き止まりの道路をUターン出来なくしているのです。凄いことやるな、と素直に思いました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ただまあ、今回のようなことを日常的な風景にするのは相当難しいでしょうね。個人的には、「そこまで無理しなくても、既存のスペース使ってより魅力的な空間を作れば良いんじゃない? 近くにはアリスガーデンや袋町公園もあるんだ。この辺りを上手く使うことをまずは考えよう」と思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(アリスガーデン)

 それに、そもそもの話ですが、私、今の並木通り、非常に好きなのですよ。あの通り、現段階で、既に「クルマのための空間」と「歩行者空間」のバランスがそれなりに取れてると思っています。ロータリー界隈を見ればよく分かります。
クリックすると元のサイズで表示します

「クルマはここまで! ここからは歩行者空間です!!」というのがよく分かり、みんなそれを良く守っている。特に終点がロータリーと言うのが良く、物理的にどんな車も徐行運転になるし、車線の幅員も広くないので不法駐車なども存在しない。一方、この道端で、目立ちたい若者が、これ見よがしにカッコいいスポーツカーでエンジン吹かせているのはご愛嬌。まあ、街のいいアクセントになっていると思います。それらも含めて、並木通り界隈は、なんか素敵な街が出来ていると思いますね。

 ついでに言うと、ロータリーにある木も良いですね。もみの木、ですかね? 貴重なアイストップになっていると思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(どうせなら、この木に愛称でもつけれないですかね。「並木ツリー」とか、ベタでしょうか?)

 まあ、正直言うと、私は個人的にはあまり並木通りには縁のない生活を送っているのですが、そんな私から見ても、この並木通りは楽しい。若い人がたくさんオシャレして、街を精一杯楽しんでいる光景は、見ているだけで気持ちが良いですね。
 今回の記事の残りは、そんな素敵な並木通りをもう少し写真でご紹介。広島一、華やかな通りだと思いますよ。これは守らないといけない貴重な街だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(こうしてみると、パルコと言う存在はやはり貴重ですね。)

クリックすると元のサイズで表示します
(この通りで、個人的に好きなビルはこのビル。なんかかわいいし、オシャレです。ちなみに私、先ほど「並木通りにはあまり縁がない」と書きましたが、このビルにある「カフェ・ア・ラ・モード」や「ビストロ・ア・ラ・モード」だけは、ちょくちょく行きます。(この2店の区別がいつまで経ってもつきませんが) クリスマス時期など、ここから見る並木通りは素敵ですよ)

2021/11/28 | 投稿者: らっち

 今、ひろしま美術館で開催中のバンクシー展が話題ですね。私も行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 私は、アートについては詳しくないので、今回の展示自体については多くは語りません(最後に、少しだけ語ります)。 今回の視点は、「集客施設としての美術館」です。
今回のバンクシー展。私は閉館間際に行ったのに、非常に人が多かった💦。さすが話題の特別展です。
クリックすると元のサイズで表示します
(今回の特別展、写真撮影OKなのですよ)

 美術館を集客施設として見ると、とても優秀な施設だと思いますね。普段から一定の集客がある上、今回のような話題性のある特別展となると、一層人が集まる。今回のバンクシー展などは、中四国地方では広島でのみ開催なので、広域的な集客も期待できる、と言うことで、非常にありがたい施設です。
 特に「いいな」と思うのは、集客が平準化されていること。例えば、「カープの試合は年間に200万人集めます」と言いますが、球場周辺が賑わう時間帯は限られている。試合開始前数時間と、試合終了後の数時間程度でしょう。年間365日のうち、70日程度の、数時間が賑わうだけです。
 それと比較すると、美術館は(ほぼ)毎日賑わっているし、時間帯も平準化されている。スポーツの試合のような「一度に数万人」という集客力はありませんが、いつもそこそこ賑わっている。「街中の賑わい創出」という面から見ると、こちらの方がありがたいもの。それらを考えると、このひろしま美術館。重宝するものですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(ひろしま美術館外観。これは大昔、「ヴェネツィア展」を観に行ったときのもの)

 まあ、欲を言うならば、「広島の美術館って、他の地方と比較しても小さめのものばかりだし、イマイチマイナーだよな。中四国地方の中ですら、もっとメジャーな美術館たくさんあるぜ」という話にもなるのですが、そこは無いものねだりをしても仕方ない。今回のバンクシー展のように、話題性のある特別展を開催することでカバーしていけば良いでしょう。

 と言うことで、集客施設としての美術館についてでした。まあ、そんなに難しく考えなくても、普通に、街中に美術やアートを楽しめる施設があって、鑑賞後は普通に街中で遊ぶことが楽しめる、と言うだけで美術館はありがたい施設です。これからも重宝したいものですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(美術館から出て徒歩1分で、今はこんな風景が広がっています。美味しい飲食店もこの界隈には多いし、デートとかにぴったりですね♪ 美術館は、間違いなく、街の付加価値を上げていると思います)

【おまけ】バンクシー展感想(的なもの)
 元々、美術やアートには詳しくない私。正直、バンクシー展を観ても、「だから、何?」みたいな感想を持つ作品が多かったです。
 少し前、お笑いで「ゴッホよりピカソより、普通にラッセンが好き〜」と言うのが流行りましたが、実は私、どちらかと言うとそういう感想を持つ人です。まあ、音楽で、ルネサンス期の宗教音楽が好きなので、絵画でも、ミケランジェロとか、ラファエロとか、エル・グレコとか、あの辺りの宗教画は興味を持って観ますが、それ以外の絵画は、正直…💦💦💦
 ピカソとかを観ても、「何なん、あれ。キュビズムだか何だか知らんけど、何でわざわざ汚く描くのか分からん。もっと素直に、綺麗に描けば良いのに…」と思ったりしてしまいます。(まあ、それを言うと、「綺麗なものがみたいなら、絵画じゃなくて写真で良いではないか。絵画ならではの表現がある」とか言われるのですが)
 ただ、個人的には、こういう、勉強不足の私のような感想もあって良いのではないかと思います。それこそ、「ゴッホよりピカソより、普通にラッセンが好き〜」です。
 ここからは、半分ギャグで書きますが、ひろしま美術館で、「ラッセン展」とかしたら面白いかな、と思ったりします。この美術館には、ゴッホもピカソもある訳で、ここでラッセン展をやって、なおかつ、あのお笑いの人を呼んで、「ゴッホよりピカソより〜」とか歌わせたら、どんな雰囲気になるでしょうか(笑)。空気が凍りつきますかね(笑)。
 でも、そういうものこそ、「アート」のような気もします。反体制で、既存の価値観に噛み付く存在。今回のバンクシー展のテーマは「天才か反逆者か」でしたが、この「妄想ラッセン展」は、まさにそういう感じになると思うのですが、いかがでしょうか??
クリックすると元のサイズで表示します
(いつだったか、この美術館で行われたコンサート。ここで、「ゴッホよりピカソより〜」とかやったら、是非は別としても、もの凄いインパクトのある光景になりますね💦)

2021/11/14 | 投稿者: らっち

 エキニシで火事が発生してしまいましたね…。
 コロナ禍が少し落ち着いてきて、本格的な稼ぎ時期が来ている時のこの火事です。なんともまあ、言葉も出ません。今回は、このエキニシについて考えてみます。
クリックすると元のサイズで表示します

 まずは、基本的事項の確認です。エキニシの経緯をまとめると、次のとおりとなるのではないでしょうか。

@ここは元々、古い民家が立ち並ぶ地域。何故その古い民家がそのままになっているかと言うと、「事実上建て替えが不可能」だから。建て替えとなると、現在の法令(建築基準法等)を遵守する必要がある。しかし、各建物の敷地面積や、前面道路の幅員等を考えると、まともな建物を建てるのは相当難しい。ただでさえ狭い敷地が、セットバックで道路に取られ、残った敷地で何が出来るんや、という話です。
Aなので、建て替えは行わずに、現在の建物をリノベーション(改修)して活用することになる。リノベなら、「今ある建物を最新の法令にあわせろという無茶は言わんよ。ただ、建て替えの時はきちんと基準守ってね」という話になる。(これを「既存不適格」といいます)
B古い住宅のリノベなら、初期投資もさほど大きなものにならないし、家賃も安い。なので、個人でお店がやりたいと言う人が集まってくるようになり、その結果、現在のような集積が出来た。

 ザっと言うとこんなところでしょうか。某ブログのコメント欄で、「地域住民のごね得で再開発が進まない」とか、「市は当初解体する予定だったが、方針転換して存続することになった」とかありましたが、大ウソです。「市が存続することを決めた」とか、市に民地の建物の存続を決めるような権限があるとでも思っているのでしょうか? 被爆建物の保存問題じゃあるまいし、ウソもたいがいにして欲しいものだと思います。

 で、まあ、そんなことはともかく、そういう地域で火災が発生した。これもやむを得ない面があり、これ、普通のRCの建物ならボヤ騒ぎ程度で問題は収まっていたのではないかと思います。密集した木造建築、そして、古い建物なので防火面の対策も十分でない。そういう状況なら、ちょっとボヤが起きただけでも、すぐに大火事になってしまいます。なので、今回の火事発生も、ある意味必然的だった、と言えるかもしれません。

 そう考えていくと、抜本的な改善が必要と言えるのですが、さて、どうすれば良いのか。一番わかりやすいのは市街地再開発事業ですね。駅前だと、BブロックやCブロック再開発でお馴染みのやつです。
クリックすると元のサイズで表示します
(Cブロック再開発)

 ただ、再開発となると、間違いなく家賃は上がる。結果、個人経営のお店は入れない、と言うことになり、それはもうエキニシではない、と言うことになってしまいます。駅前Cブロック開発の際の愛友市場のように、再開発に組み込む、と言うことも考えられないことはないでしょうが、「あなたたちはこういうものが欲しかったのですか?」みたいな感じになってしまうでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
(新しくなった愛友市場。Cブロックはともかくとして、エキニシに欲しいのはコレじゃないでしょ)

 …う〜ん。。。難しいですね。まあ、常識的に考えて、「古臭いのが魅力」「家賃が安いのが魅力」の場所を、再開発と言う「莫大なお金をかけて新しくする手法」で守れるはずがない。正反対の手法ですもんね。他に良い方法はないでしょうか…。個別に順に建て替えていくのはやむを得ないとして、現在の敷地面積を確保しつつ建て替え、という方法はないでしょうか…。
 色々調べていて、「なるほどな」と思ったのが、建築基準法第86条第2項の連担建築物設計制度。簡単に言うと、「複数の敷地を一つの敷地とみなし、個別の建物は、その一つの敷地の中の一部建物とみなす」という制度です。
 …分かりにくいか(笑)。例えば、市営住宅などで複数棟ある場合、真ん中にある建物は接道していない、ということがあります。「おかしいじゃないか。法令違反だ」と言われかねないところですが、それは「一つの団地として基準をクリアしているからOK」なのです。(これを一団地認定と言い、建築基準法第86条第1項に規定されています) これと同じイメージでエキニシを一つの敷地としてみなすのが、第2項の規定ですね。
 
 うん。これなら、出来ないことはない。まあ、そう簡単に、「目の前の道路は敷地内通路ですよ。だから幅員4mなくても良いでしょ」という理屈が通用するのかどうか知りませんが、検討する価値はあるかなと思います。この適用を受けて、この敷地内の建物を、現規模とほぼ同じ規模で、順次耐火建築物に建て替えていければと思います。
 いずれにしても、大事なのは地元のやる気。手法が見つかったとしても、地元が本気にならないと、到底無理です。
 これは連担建築物設計制度に限らず、普通の再開発でもそうでしょう。どちらにしても、今後何らかの取り組みは必要なのは明確になって来ました。コンサルを巻き込んで(状況によっては行政も巻き込んで)、しっかり話し合いをしていただければと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
(いつだったか行ったお店の柱や外壁。風情があるのは確かだが、いつまでもこのまま、という訳にもいかないでしょう。「持続可能なエキニシ」を作るため、本気で検討する時期が来ているように思います)

2021/9/5 | 投稿者: らっち

 中央公園の再編案が発表されましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
AND BUILD HIROSHIMA 「広島市中央公園の施設再配置案が明らかに サッカースタジアム含め一帯は大きく変貌!」より)

 まず最初に思ったこと。「よくもまあ、次から次へと金使うなぁ」と言うことですね。近年明らかになったものだけでも、サッカースタジアムの建設に、アストラムラインの延伸、それから広島城の建て替え、そして中央公園の再編ですか。まあ、「バブル期ですか?」と言いたくなるような勢いです。
 これを見て、「秋葉市政の頃と比較すると、行政がずいぶん積極的になった。良くなった」と感想を持つ人もいるかもしれませんが、それはちょっと違うと思いますね。
 結局、秋葉市政の頃,広島市を苦しめていたのは、1994年のアジア大会開催に向けたインフラ整備による負債です。
 行政が大規模な事業を行う時は、「国庫補助金の充当」「起債の充当」というのは必ずセットで行われます。特に「起債」と言うのは、簡単に言うと借金で、15年債とか20年債とか言うのは、大規模な事業になるとよく行われます。
 今年でアジア大会開催から27年が経過することを考えると、「ようやく起債の償還も落ち着いたところなのかね」と想像できるところ。この状況で、秋葉市政の頃と今の松井市政を比較すると言うのはフェアではなくて、私からすると、むしろ、「財源に少し余裕が出来たからと言って、そんなにジャンジャンお金使って良いの? また90年代の悪夢が再来するよ」と言いたいところです。「本当に、こんなにイケイケドンドンで良いのかねぇ」と思います。例えばサッカースタジアム。コンペ案では、こんなスタジアムになるとのことですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 う〜ん。。。もし、私が市長なら、こんな豪華なスタジアムには絶対にしません。将来構想として、こういう案は持っておいても良いとしても、今すぐこれだけのスタジアムを一気に整備することなんて絶対やらない。私なら、収容人数20000人程度の、仙台のスタジアムやフクダ電子アリーナのようなスタジアムで当面をしのぎ、拡張は将来的な課題とします。
 スタジアムの周辺整備も同じことで、私なら、とりあえず整備には着手しません。有効性は理解しますが、今、やるべきことだとは思わない。サッカーばかりに、そんなにお金かけてる場合じゃないでしょ、と思いますね。

クリックすると元のサイズで表示します
(今、これを整備する必要ありますかねぇ。私が市長なら、「この土地は当面現状維持。観客の歩行者導線を確保するために、とりあえず簡素なデッキを1本のみかけます」としますよ。ここばかりにお金をかけている場合じゃないと思います。)

 それは、今回の中央公園再編についても同じことで、「あれもやります。これもやります」は良いけど、このご時世にこんなことばかりやって良いのかね、と思います。将来的な計画として持っておいて、少しずつ、前に進めるのが現実的ではないでしょうか。音楽やっている人間の立場からすると、音楽ホールとか、確かに欲しいし、このブログでもそう主張したことがあるように記憶していますが、正直、「出来なくても仕方ない」とも思っています。日本はもう、経済大国じゃない。今後どんどん貧しくなっていく国です。そうなんでもかんでも出来るとは思わない方が良いと思いますね。

 で、その他、この再編案についての私の想いを箇条書きで以下にまとめます。

・中央図書館は、確かに老朽化が著しいし、建て替えるべきだろう。ただ、このエリア外に移転させることは大反対。知的財産の塊のような施設はやはり都心にあるべきだし、賑わいづくりの面からも、図書館の存在はサッカースタジアムや音楽ホールよりも重要と考える。何故移転と言う話になるのか理解できない。
・ファミリープールは郊外移転もやむなしと思う。移転しても良いから、出来る限り存続させてほしい。ちゅーピープールは遠い…。
・中国庭園…どうでもいい。てか、廃止で良いと思う。

 と言うことで、中央公園再編に関する私見でした。まあ、ボチボチやっていっていただきたいと思います。

2021/4/17 | 投稿者: らっち

 ビッグなニュースが入ってきましたね。本通3丁目地区、本通りを挟んで南北に、大規模な再開発事業が動き出しそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(位置図。いずれも中国新聞より)

 この計画、期待大ですね。期待する点をいくつか見てみましょう。

@合同で再開発
 細分化された地権者による個別の再開発ではなく、合同で再開発、と言うことで、戦略的にかなり凄いことが出来そうです。こういう話で思い浮かべるのが、高松・丸亀町商店街の事例です。このページのラスト「おまけ@」で取り上げていますが、丸亀町では、まちづくり会社が商店街をトータルで管理・運営しているので、商店街を一つのSCとみなして(イオンモールのように)、様々な戦略を打つことが出来ています。
クリックすると元のサイズで表示します

 右側と左側の再開発ビルでデザインを統一し、街に一体感を持たせています。広島の今回の再開発地区の場合、鯉城通り側からよく見える位置にあるので、ここと同様、デザインには気を使って欲しいですね。風格あるデザインを期待したいと思います。(その意味では、高層部がマンションになると言うのが少し気がかり。マンションになると、大抵、デザインが画一的になっちゃうよね…)

 で、共同で建て替えると、こんな感じの素敵な空間を生み出すことが出来る。一体で運営しているから、こういう「コンセプトに基づくまちづくり」が可能になります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 丸亀町商店街の南端、「丸亀町グリーン」では、再開発ビル建設に際して、大きな広場的な空間を設けています。ここにも当然地権者は存在する訳で、個別に再開発を行うなら、商売できる自分の土地をわざわざ広場にする人なんていません。こういう空間が実現できるのは、共同で建物を建て、一括で管理するから可能となるのです。広島の今回の再開発でも、きっとこういう具合のオープンスペースが出来ることでしょう。期待したいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

Aもう一つの改善点の改善
 こちらのページの「おまけA」で書いた、「本通りからシャレオへの入り口部分の動線改良」。これ、今回の再開発で改良可能でしょう。再開発ビルの地下2階(かな?)とシャレオ(と言うかアストラム本通駅)を同レベルで接続する。で、その部分にはサンクンガーデンでも設け、本通りにダイレクトで繋がるエスカレーターでも整備する、となると、人の流れは一気に変わると思いますよ。再開発ビルにとっても、シャレオにとっても、本通りにとっても、良い効果が生まれると思います。これは期待したいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(↑この空間が…)
(↓こんな風になる日が来るかも。(まあ、ここまでやれとは言わないけど))
クリックすると元のサイズで表示します

 と言うことで、本通りに新たに出てきた再開発計画についてでした。これは期待したいですね。続報を待ちましょう。




AutoPage最新お知らせ