2021/8/7 | 投稿者: らっち

 市民球場跡地整備に動きがありました。事業内容の具体案が提出され、事業者も事実上決定したとのことです。(広島市関連ページ)(提案概要資料
 気になる点をいくつか見てみましょう。

@事業者について
 事業者は、NTT都市開発を代表に、NTT関連企業、広島バスセンター、広島電鉄などで構成されるとのこと。こういう具合に、「紙屋町に縁がある企業が複数関わっている」というのは大事だと思います。他人事ではない、自分たちのためのまちづくり、と言うことで、まずは地元が考え、動かないと、と言うことですね。その後のエリアマネジメントに繋げることを考えても、良い事業者が選ばれたな、と思います。(まあ、選ぶも何も、1者しか応募がなかったとのことですが…)

Aエリアマネジメント
 で、事業案を見てみると、「公園を整備する」というのが第一にあるのは当然ですが、その中で、しっかり、整備後の維持管理や活用という、エリアマネジメントを意識しているな、という印象を受けました。むしろ、「マネジメントを考えてから整備案を考えたのかな」と思うくらいです。当たり前ですが、利活用があってこその公園。そこにしっかり言及してあるので、期待して良いのかな、と思います。

Bもっと遊べよ
 と言うことで、基本的には期待したい事業案なのですが、欲を言うならば、「ちょっと堅実すぎかな」とも思います。関係者ではない、自由な立場で勝手にモノを言うならば、「もっと遊べよ」と思ったりします。

 例えば、「球場のかたちを継承する2つのリボン」を骨格として整備するとのこと。
クリックすると元のサイズで表示します
(広島市HPより)

 こういうところ、もっとデザインで遊んで良いとも思いません?? 例えば、現在のマツダスタジアム。コンペの時には、こんな、「流動感ある屋根」がイメージとして描かれていました。「2つのリボン」とかに、こんな屋根を設置しても面白いのにな、と思ったり。
クリックすると元のサイズで表示します

 で、次のような場所も、「低層で木造」ってのも悪くはないですが(高さ規制もあるし)、もっと建築で攻めても良いと思います。世界のヒロシマで、欧米系の人も多く訪れるだろうこの場所。欧米系の人って、建築好きじゃないですか。ヘンテコなアーティスティックな建築のカフェとかにすれば、世界中で話題になるかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
(広島市HPより。これも悪くはない)

クリックすると元のサイズで表示します
(参考までに、オーストリア、グラーツのカフェ。まあ、私も行ったことないのだけど、行ったことがない私ですら知っているカフェ。話題性は十分。これくらい遊び心があっても良いと思います)

クリックすると元のサイズで表示します
(グラーツのカフェ、中はこんな感じなんだって。行って見たいよね)

C屋根付き広場
 そう言えば、屋根で思い出しましたが、当初、広島市が出していたイメージパースでは、大きな屋根つきイベント広場、なんてものがありましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

 「なんかブサイクだし、使い勝手悪そうだな…」と思っていたのですが、今回の提案では、こういう「大きな屋根付き広場」はなくなったみたいですね。良かったです。今後設計を詰めていく中でも、こんなものが復活しないように祈りたいと思います。

Dシンボリックな建築
 折角整備される公園。出来るなら、ここを新たな広島のシンボル的な空間に出来ないものか、と思います。先ほどのグラーツのカフェなどもそうですが、何か、シンボリックな建築物とか、欲しいですね。例えば、先ほどのグラーツで言えば、こんな建物が有名ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

…この、どう見ても周辺の景観にマッチしていない、グロテスクな建物が人気だというのだから、建築やアートの世界って難しい(笑)。球場跡地に同じものを建てろとは思いませんが、何かこう、シンボリックな、カッコいい建物があっても良いのにな、と思います。(まあ、それは、中央図書館の建て替えでやるべきことですかね)

Eオブジェ
 シンボリックと言えば、オブジェもありですね。提案には特に言及はなかったのですが、たぶん、設置されると思います。「BE KOBE」がカッコいいのは誰もが思うことでしょうが、だからと言って、ただの2番煎じの「HIROSHIMA」とか、広島がやりがちな「PEACE」とかはやめましょうね。安易すぎる。個人的には、「Yes,we can」とかにすれば、広島らしいし、カッコいいと思うのですが、どうでしょう??
クリックすると元のサイズで表示します
(BE KOBE。これは神戸だからカッコ良いのであって、パクってもインパクトないと思う)

 と言うことで、市民球場跡地事業に関する感想でした。ざっくりいうと、「大筋良いと思うし、期待したい。ただ、もっと攻めても良いし、遊んで良いと思う」ということです。まあ、予算上の制約や、あの土地特有の諸問題があり、なかなか思い切ったこともやりにくいかと思いますが、堅く堅く行くのではなく、遊び心を持って整備してもらえればと思います。それくらいの方が、たぶん上手くいくのではないか、と思います。

(おまけ)
 個人的には、ずっと前から言っているのですが、以下の大アーチ。やっぱり球場跡地に欲しいですね…。建築費用は、世界中からの寄付金で賄います。「世界市民の手で、ヒロシマに大きなアーチを掛けよう」がテーマで、「広島版サグラダファミリアプロジェクト」です。高さ規制の抵触する? 「高い=悪い」ではないでしょ。景観上、美しければ問題ないと思いますが、いかがでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

2020/1/25 | 投稿者: らっち

 先日、出張で名古屋に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 広島は、時々「西日本の名古屋だ」と言われます。「関西圏、北部九州圏という大都市に囲まれながら、独自の方言とプロ野球を持ち、車を作り続ける城下町」と言うことですね。
 他にも、両都市のカテゴリ(三大都市圏や札仙広福)の中では一番下のポジションである、とか、両都市とも商業と言うよりも工業メインで成長した都市なので、都市の華やかさに欠ける、とか、両都市とも100m道路を有す、とか、色々共通点がありますね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(問題。どっちが平和大通りで、どっちが久屋大通りでしょうか?)

 まあ、そんな話はさておき、今回は、名古屋の事例から、市民球場跡地利用について考えてみましょう。
 まずは、名城公園のtonarinoです。
クリックすると元のサイズで表示します

 まあ、これはもう最近のトレンドと言って良いのでしょうね。公園内にあるやたらにカッコいいスタバ。全国的なスタンダードになりましたね。
 予言しておきましょう。市民球場跡地も、同じようなことをまず間違いなくやるでしょう。スタバになるかどうかは知りませんが、球場跡地の一角に、間違いなく、テラス席付きのカッコいいカフェが出来ることになるでしょう。これはこれで正解だと思います。
 で、このtonarinoの面白いところはここ。マルシェとか、定期的にイベントが行える空間が整備されています。
クリックすると元のサイズで表示します
 マルシェでおいしそうなパンでも買って、右側に見える階段に腰かけて食べる、とか、楽しそうです。これも球場跡地でやったらよいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
(こんな感じで)

 次はこちら。オアシス21です。広場とバスターミナルとショップが一体化しています。
クリックすると元のサイズで表示します
(この屋根は、市民球場跡地利用案にあったイメージ図の屋根に似てるねぇ…)

クリックすると元のサイズで表示します
(出た。必殺「BE KOBE」パクリ。広島でもやってもいいけど、「HIROSHIMA」とか「PEACE」とか、余りにもベタなものはやめようね。前も言いましたが(こちら)、「Yes,we can」とか、いかがでしょう?)

クリックすると元のサイズで表示します
(地上や地下の広場部分は、イベントやったり、ショップがあったり…。市民球場跡地も、当然、こういう感じになって来るのでしょうねぇ…。)

クリックすると元のサイズで表示します
(屋根の上に上がることも出来、なんと水が張ってあったりします。こりゃ、維持管理大変だろうなぁ…。広島でここまでやれとは言いませんが、屋根の上に上がれる、と言うのは良いかも。屋根の上から原爆ドームを眺めてみたい…)

 と言うことで、名古屋から市民球場跡地利用を考えてみました。各地の様々な事例を見ていくと、おぼろげながら、市民球場跡地の具体計画が見えてくる気がしますね。

(↓1日1クリックよろしくお願いします)




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2019/12/8 | 投稿者: らっち

 前回、最後にオブジェ「KOKURA」の話をしましたね。「BE KOBE」などもそうですが、世界的に、この手のオブジェは色々ある様子です。
クリックすると元のサイズで表示します

 もし、市民球場跡地に同様のオブジェを置くとしたら、どんなものが考えられるでしょうか。
 まず、私がこちらのページに書いたとおり、地球儀のモニュメントを置いたりすることが考えられます。
 で、日本のところには「平和」、アメリカのところには「PEACE」、スペインのところには「PAZ」と書いてあるような。
クリックすると元のサイズで表示します
(これはUSJのもの。参考までに)

 次に考えられるのは、やはり折り鶴でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します

 次に、文字による表現を考えてみましょう。「HIROSHIMA」とか、「PEACE」とか、余りにもベタなものは除いて考えましょう。球場跡地ということで、私の脳裏に真っ先に浮かんだのはこれでした。

クリックすると元のサイズで表示します
 言うまでもなく、オバマ前大統領の言葉ですね。オバマ前大統領がありなら、これも良くないでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
(「I」を「We」にしてもいいかもね)
 キング牧師のDREAMは人種差別をなくすことでしたが、HIROSHIMAのこの場所でDREAMと言ったら…。その夢は一つしかないですね。一言もPEACEという言葉を使わないのに、「I HAVE A DREAM」とこの場所から発信するだけで、何を目的にしているかわかる。この土地の持つ特異性です。凄いことだと思います。
 続けていきましょう。次はジョン・レノンです。

クリックすると元のサイズで表示します
 ジョン・レノンがあるなら、これも良いかもね。

クリックすると元のサイズで表示します

 以上、「HIROSHIMA」とか「PEACE」という言葉を全く使わずに、「HIROSHIMA」「PEACE」を表現してみました。とてもスマートでカッコいいと思いませんか? いずれも、東京や神戸、小倉などでは「?」になってしまうものです。広島だからできる。広島だからカッコいい。そういうものを目指したいですね。
 球場跡地利用、市民の意見を聞く機会設けるのですっけ? 機会があれば、ぜひ提案したいと思っていますし、皆さんもぜひ、提案してみてください。
(今の広島市政がイマイチ評価できない点に、こういう部分のセンスが全く感じられない点があるのですよね…。比治山の整備事業、何て言うのですっけ? 「平和の丘」ですっけ? そのあまりにもそのまんまなネーミングどうなのよ…。恥ずかしくないのかね…と思います)





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2019/9/7 | 投稿者: らっち

 市民球場跡地利用、有識者を集めての検討が始まったそうですね。
 正直、球場移転から10年。「まだ議論するの?」という感じです。もう、基本的にはこのイメージで良いではないか、と思います。これ以上、何を議論すると言うのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
(平面イメージ図)

 まあ、強いて議論するとすれば、次のことぐらいでしょうか。

@バスセンター移転の調整
 そごう建て替えが言われている中、「じゃあバスセンターはどうするの」というのは当然出て来る話で、そこの調整は間違いなく必要です。
 ただ、これはもう、実務担当者で基本的には決める話ですね。わざわざ有識者会議で話すことでもないでしょう。まずは、実務担当者&バスセンター関係者で方針出して、それを跡地利用全体計画に反映させるだけの話かと思います。今年度中に方針出せる話ではないでしょうか。

A「文化芸術施設」の中身
 現在の中央図書館の場所、旧市民球場一塁側スタンド界隈の2か所に予定されている文化芸術施設。確かに、その内容と整備スケジュールについては検討していかないといけません。
 ただ、もう、基本方針は出ています。内容としては、「既存施設(中央図書館や青少年文化センター)の集約化」「音楽専用ホール」「コンベンション機能(MICE)」がメインになります。あとは、「それぞれの規模をどうするか」「どういう順番、スケジュールで整備するか」等の話になるかと思いますが、個人的には、これらも、わざわざ有識者の意見聞かなくても、それぞれの部門の担当者、および関係者(広響とか)の意見を聞いて、まとめれば良いと思います。これもきちんとやれば、今年度中に概略をまとめること出来ると思いますね。
クリックすると元のサイズで表示します
(兵庫県立芸術文化センター大ホール。広島にも、こんなホールが出来る日が来るのですかねぇ…)

B「屋根付きイベント広場」の中身
 なんだか、「空間埋めるのが目的になっているでしょ」「とりあえず広場にしたでしょ」と言わんばかりの屋根付きイベント広場。ここはちょっと詰めないといけないですね。。ここに関しては、議論が必要かもしれません。
 個人的には、そんなに大きな屋根付きのスペース設けなくても、普通に広場で良いから、代わりにシンボルになる空間、インスタ映えする空間を整備したらよいと思いますけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
(神戸の事例)

クリックすると元のサイズで表示します
(広島なら、「世界は一つ」と訴える大地球儀を設置したら良いかもしれません。この写真はUSJ)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(理想を言うなら、こんな大きなアーチを架けるのも良いね)

その他:アリーナ
 今は全く議論に出て来ていませんが、アリーナ(体育館)を建てることを考えても良いかもしれません。広島グリーンアリーナが飽和状態であることは既に報道されているところで、グリーアリーナクラスのライブ会場が不足している、というのはよく聞く話です。
 「だからグリーンアリーナクラスのアリーナをもう一つ建てろ」とまでは言いませんが、「中規模アリーナを整備し、グリーンアリーナを利用しているアマチュアの興行をその新アリーナに移す。その結果、グリーンアリーナ利用にゆとりが出来、グリーンアリーナでのライブ開催を増やすことが出来る」ぐらいは考えても良いかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
(広島グリーンアリーナ)

 これくらいでしょうか。基本的に、今のコンセプトを元に、担当部署、関係団体と調整して整備のスケール、スケジュールを決める(令和元年度)。そして広場の設計に入る(令和2年度)。着工(令和3年度)、ぐらいの流れかな、と思います。本当、いい加減、さっさとやりましょうよ。









にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2019/1/12 | 投稿者: らっち

 サッカースタジアム建設について、微妙な動きが出てきている様子ですね。候補地が確定するとかしないとか。
 中国新聞は「中央公園が候補地に決定」と書き、松井市長は「最終結論はまだ」と言う。
 おそらく、「もう中央公園で内諾済みなのだが、まだ正式ではない」という状況なのだと思います。
 で、松井市長の「色々なスケジュールを考えれば、来月と言う言葉も出て来る」と言う発言の通り、2月に正式発表となるのかな、と思います。
 ここで市長の言う「色々なスケジュール」と言うのは、主に来年度予算編成のスケジュールのことですね。
 来年度に何らかの事業をしようとなると、出来れば来年度当初予算に予算計上したい。そうすると遅くとも2月末には議会に予算案を提示しなければならない。そうすると、遅くとも2月中旬までには結論が必要、と言うことです。(蛇足ですが、市長が「色々なスケジュールを考えると」と言ったことに対し、どうせどこかのネット民連中は「市長選のスケジュールことだろ。選挙のことしか考えていないのだろ」などと言うのでしょうね。まあ、それもないとは言いませんが、「2月に拘る」と言うのは、選挙よりも予算編成のことが頭にあるのです。選挙のためのリップサービスなら、3月で良いのですし)

 で、それはともかく、2月にスタジアム候補地が決定すると言うことは、来年度当初予算に、球場跡地整備関連、スタジアム建設関連の両方で、何らかの事業のための予算計上が行われる、と見て良いと思います。

 まあ、スタジアム問題は誰か他の方に任せるとして、私が注目したいのは球場跡地整備です。市民球場跡地が、スタジアム建設候補地から外れることにより、正式に整備に向けて動き出すことが出来る。まあ、来年度すぐに工事、と言うことはないですが、何らかの形で業務委託が行われると思います。おそらく、基本設計に取り掛かることになるのではないでしょうか。
 この市民球場跡地。とても可能性を秘めている場所です。相当気合入れて整備する価値がある場所ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(現在考えられているイメージパース)

 基本的に、こちらに書いてあることが前提となってくるのでしょう。「何だよ、普通の公園じゃないか」なんてこと言わない。そこは工夫です。デザインです。運営手法です。
 以下、私が思いつくまま、設計段階で意識して欲しいことを書いておきます。

@世界一美しいスタバ
 ご存知の方も多いと思いますが、富山の環水公園にあるスタバが、「世界一美しいスタバ」と呼ばれています。
クリックすると元のサイズで表示します
ここから勝手に引用)

 ここがきっかけになったのでしょうか。その後、上野恩賜公園店、福岡大濠公園店などなど、公園への設置が続いていき、いずれも「滅茶苦茶美しい!」と評判の様子です。
 球場跡地でも、上手くデザインすれば、それらに負けないスタバが出来るでしょう。「公園」「原爆ドームが見える」「水辺との一体化」などなどがテーマになるのではないかと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(現在のメインエントランスのイメージ図。左側、ガラス張りの2階建てのハコがいかにもスタバ。市も同様のことを考えていると判断してよいのですかね?)

A平和公園側からの景観
 今後、商工会議所の移転も本格化するということで、今のところ市は将来的にこんな景観になることをイメージしています。
クリックすると元のサイズで表示します
うん、やっぱり、大アーチ架けましょうや。
クリックすると元のサイズで表示します

 いつか書いた通り、これを世界中の市民からの寄付だけで造る。「世界市民の手で、ヒロシマの空に大きなアーチを架ける」がコンセプトです。名付けて、「サグラダファミリアぱくりプロジェクト」です。
建設可能な場所は、現在の平和公園か、球場跡地しかありません。今すぐにこれを具体化しろとは言いませんが、将来的なビジョンとして、検討しておいてもらえればと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(丹下健三氏の元ネタ)

B文化芸術施設
 市のイメージ図にある「文化芸術施設」。ここ、難しいですね…。正直、ココに欲しいものがありすぎます。「MICE系施設」(会議場もしくは展示施設)、「劇団四季などミュージカル用劇場」「音楽ホール」「老朽化した青少年センター等の代替施設」等がパッと浮かびますが、全部整備すると、跡地全てを使い切ってしまうことになってしまうでしょう。
 ここについては、「当面、ハコモノ整備には着手しない。当面は広場だけ整備して、とりあえずハコモノを建てるだけのスペースだけ確保しておいて」という話になるのでしょうが、何を整備するかによって、確保するスペースの面積も変わって来ますよね…。
 でも、そんなことを言っていては、広場の整備が出来ません。
 さて、どうするよ…。当面、全て公園として活用せざるを得ないような気がしますね。

 他にも、いまや日本屈指のマーケットに成長したThe Trunk Marketのこの場所への移転とか、広場の日常管理の民間への委託とか、色々考えないといけないことがありますね。この広場、きちんとやっていけば、凄いものが出来そうな気がします。
 今後の、広島市の本気に期待したいと思います。まずは、どこのコンサルが受注することになるか知りませんが、有能なコンサルが落札しますように…と、願わずにはいられません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村











AutoPage最新お知らせ