2021/10/24 | 投稿者: らっち

 廃校が決定した広島国際学院大学。改めてみると、なかなか立派なキャンパスです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(体育館まである)

 ここ、廃校後はどうなるのでしょうか? 「このまま取り壊してマンションか何かを建てる」では、つまらないですね。
 そう言えば、中区の広島国際大学跡地は、広島県が買い取って「叡啓大学」なんてものを設置しました。

クリックすると元のサイズで表示します
(左より、叡啓大学、世界平和記念聖堂、エリザベト音楽大学)

 同様のことを、ここでも考えられないですかね。そう言えば、少し前に広島大学の法学部が中区千田町に戻って来る、という報道がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
(広島大学東千田キャンパス)

 う〜ん。千田町も良いですが、敷地が狭く、今後、他学部の都心回帰がどこまで可能か、不透明です。いっそのこと、東千田キャンパスは民間に売り払って、その機能は国際学院大学キャンパス跡地に集めたらどうでしょうか。そして、ここに文系学部(文学部・法学部・経済学部)を集めましょう。
 中野東と言う立地、見方によっては東千田よりも魅力的な可能性もあります。いくつか挙げてみましょう。

@敷地面積・既存施設の活用
 これから校舎を建てないといけない東千田と比較して、中野東なら既にある施設をそのまま使えます。

Aアクセス
 東千田と比較して、随分遠いイメージがあるかも知れませんが、広島駅からJRでわずか15分です。全然悪くないですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(最寄り駅のJR中野東駅。ここから徒歩7分です)

B西条キャンパスとの連携
 広島大学の一部学部である以上、現在の西条キャンパスと連携が必要なのは言うまでもないでしょう。学生によっては、学年により西条キャンパスに通ったり、市内のキャンパスに通ったりする必要が出てくるかもしれません。
 中野東駅、JR西条駅からもわずか20分です。西条キャンパスと中野東キャンパスの両方に通う必要がある学生は、西条駅近くに住むのが便利。西条駅近くからなら、いずれのキャンパスも公共交通機関1本で行けます。
 また、来年度末には東広島・安芸バイパスが開通します。中野東はこのバイパスのインターチェンジからも近く、西条キャンパス〜中野東キャンパスはクルマなら15分程度で繋がるのではないでしょうか?


 と言うことで、妄想「広島大学中野東キャンパス」でした。現実には、誰がお金出して買収するのかとか、クリアしないといけない課題が多いことでしょう。が、長い目で見ると、ここに文系学部を集めると言うのは正解のような気がしますが、いかがでしょうか?

2021/7/3 | 投稿者: らっち

 広島大学法学部が千田町に戻ってくることになりましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
(現在の東千田キャンパス)

 素直に良い話だと思います。5年前、医療系学部の教養課程が市内に戻って来たのに引き続いての、広島大学の都心回帰です。
 出来れば、この流れを加速させたいもの。法学部と同様に、社会科学系の経済学部、そして文系という括りで文学部ぐらいが、この千田町に帰ってくるのがベストです。隣接する東千田公園の敷地の一部を活用してでも、何とか都心回帰を実現させてもらいたいものですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(東千田公園)

 ところで、今回初めて知ったのですが、広島大学が今の西条に移転する際、その他の候補地として可部や石内が挙がっていたのだそうですね。
 う〜ん。勿体ない…。「たられば」の話になりますが、もし、石内地区に移転していたら、都心回帰の必要もなく、最善の結果となっていたように思います。
 「石内」と言っても広くて、どこかよく分からないのですが、仮に今アウトレットがある場所だったら、これはベストの選択だったでしょう。

 今、石内地区ではアストラムラインの西広島までの延伸の話が出ており、私はこれには大反対の立場を取っているのですが、仮に石内に広大があるというなら、逆にアストラム延伸大賛成です。正直言って、広大があるくらいではアストラムの採算がとれるとは思いませんが、それでも、石内に広大があるなら、「都市の機能」として、アストラム延伸ありだな、と思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(アストラムライン延伸ルート案。もし、石内東駅の場所に広大があったら、わずか3駅(10分ちょっと?)で西広島駅まで到着することになる。正直、それで採算が取れるとは到底思えませんが、まあ、都市の機能としてあって良いでしょう。アストラムの採算云々を越えた価値があると思います。(念のため言っておきますが、軌道系交通網の採算性を甘く見てはいけません。広大があるくらいで儲かるなら、今の西条駅〜広島大学間なんて、とっくの昔にLRTぐらい走っています。ましてや、アストラムのような新交通システムで採算性を確保しようってのは、かなりの至難の業です。ネット上を見てると、随分簡単に考えている人が多い様子ですが、もう少し真面目に考えてもらいたいもの。バスなどと同じレベルで考えられては困ります)

 さて、話を戻して、広大の石内キャンパス案について。
 何故石内がベストだったと思うか。話を30年前に戻しましょう。

(以下、私の思い出話スタート…)
 当時、修大で合唱のサークルに入っていた私。学内での活動だけでなく、「広島学生合唱連盟」というものがあり、他の大学合唱団とも交流がありました。年1回、ちょうど今頃の時期に合同でコンサートをやっていた他、みんなで遊びに行ったり、お互いの単独のコンサートを聞きに行ったりしていました。
 この連盟の活動拠点は広島大学の東千田キャンパス。合同でのコンサートの練習は、毎週日曜日の午前中に東千田キャンパスで行い、そのまま役員は千田町界隈のお好み焼き屋で昼食食べながら打ち合わせを行い、その帰りに他の女子大の子たちと遊びに行き、合コンの話をまとめて帰る、というのがまあ普通の流れでした。
 で、当時からよく話をしていたのが、「広大の移転が完了したらどうするの?」ってこと。練習会場は区民文化センターとか借りる? 広大生はわざわざ西条から毎週市内に出てくる?? って話をしていたのですが、結局どうなったのでしょうかね…。今、学生合唱連盟がどうなっているのかは知りませんが、とりあえず、合同でのコンサートが実施されているという話は聞きません。。。

 これがもし、広大が石内にあったらどうなっていたか。広島学生合唱連盟の活動拠点は広大石内キャンパスもしくは修大キャンパス。合同練習なども、この2大学のいずれかで行い、帰りはみんなアストラムに乗って西広島駅に直行。で、周辺のお好み焼き屋で打ち合わせをして、そのまま女子大の子と遊びに行き、コンパの話をして帰る、と言うことになっていたでしょう。

 たまたま、私の経験談を基に話を展開してみましたが、この手の話、山ほどあるはずです。要はインカレサークルですね。今、広島の大学生でインカレサークルに加盟している学生数はどれだけいるか。合コンはどれくらい実施しているか。データを持っていないので分かりませんが、まず間違いなく、同規模の仙台には圧倒的に負け、岡山にすら負けていると思います。大学の立地条件での不利が大きすぎます。仮に石内に広大があり、広大、修大、安田と、広島でも規模が大きい大学がアストラムで繋がれば、これは楽しいことになっていただろうにな、と思います。

 …まあ、過ぎた話はもう言うまい。広大法学部の東千田キャンパス移転。期待したいと思います。

2019/6/29 | 投稿者: らっち

 広島国際学院大学が募集停止するそうですね。
 まあ、いずれどこかの大学で出て来る話であり、そう驚く話でもないような感じは受けます。今回は、この話題から私の妄想を膨らまします。
クリックすると元のサイズで表示します

@承継する大学は出て来るか?
 かつて、鈴峯女子短大が修道学園に吸収された時は、「短大がなくなる代わりに、修道大学に新しい学部が出来る」という流れが生まれました。今回は、学園自体がなくなる訳ではなく、学園の一部の大学がなくなるだけなので、あまり期待できないかと思いますが、理想としては、「国際学院大学が無くなる→修道大学が残った設備などを買い取り、修道大学に理工系の学部を新設する」という形になれば面白いのにな、と思います。
 札幌の北海学園大学や仙台の東北学院大学と比較して、修道大学が劣るのは理工系の学部がないこと。理工系の学部が出来れば、文理バランスの取れた、総合私立大学の誕生です。文句なく中四国を代表する私立大学になります。
 ただまあ、実際には、国際学院は元をたどると広島工業大学の鶴学園と同族のようなもの。どこかの私立大学と提携するとなると、広島工大になるのではないでしょうかね。

A跡地利用はどうする?
 仮に、今の校舎を国際学院が使わないことになった場合、跡地はどう使うことになるでしょうか?
 中野キャンパスなどは、JR駅からも近く、普通にマンション建てたり、と言う話になってもおかしくないと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(広島の中でも、最もJR駅に近い大学の1つだと思います。(presented by GOOGLE MAP))

ただ、それじゃ平凡すぎて面白くない。折角校舎が残っているのです。大学誘致しましょう。一番良いのは、広島大学のキャンパスの一部をここに移すこと。2〜3学部をここに移したらどうでしょうか? 
クリックすると元のサイズで表示します
(これだけ校舎があるのです。2〜3の学部なら、充分収容できると思います。広島大学西条キャンパスには、東広島バイパスを使っていけばそう遠くない。良い話だと思いますけどね)

という具合に、妄想してみた広島国際学院大学の今後。大学の閉鎖はこれからも出て来る話です。折角の施設。有効活用したいものですね。





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2019/3/31 | 投稿者: らっち

 最近、新しい大学群として、「東西南北広」という言葉が誕生したみたいですね。嘘だと思うなら、ググってみてください。それなりにヒットします。次の大学のことを言うそうです。週刊朝日かどこかが、言い始めた様子です。

東北学院大学(仙台)
西南学院大学(福岡)
南山大学(名古屋)
北海学園大学(札幌)
広島修道大学(広島)


クリックすると元のサイズで表示します
(修道大学正門)

 ところで私、10年以上前に、こんなこと言っていますね。
2008年5月18日付「修道大学への評価」より

(北海学園大学、東北学院大学、広島修道大学、西南学院大学、福岡大学を指して)
 今後、この地方拠点私大は、まとまってPRしていく必要があるかもしれませんね。
「都市機能がそこそこ充実した、地方の100万都市で、地元での知名度、評価が高く、地元での就職が強い「お山の大将私大」。進学は、是非地方拠点私大へ!」みたいな感じで。
 そのためには、地方拠点私大をまとめて表す言葉が必要ですかね。「関関同立」とか「MARCH」とか「日東駒専」とか「産近甲龍」なんかに並ぶ言葉。「北東修福(西)」とかどうでしょうか…? 変だな(笑)。


 この時、西南学院大学をカッコ書きにしたのは、「この5大学を併記するのはさすがに無理があるな…。西南学院は、明らかに1〜2ランク上だよな…」という思いからでした。

 で、その後、大学群で「東西南北」という言葉があるのを私は知りました。「東西南北広」から、修道大学を除いた4大学を表すものですね。私が提唱した「北東修福(西)」が、ちょっと形を変えて、本当に言葉になった、と言うことですね。
 この言葉を最初聞いた時、私の感想は「おいおい…。西南学院だけじゃなく、南山まで入れるのか。さすがに南山に失礼だろ。それにそもそも、名古屋を地方都市扱いにするのかよ…」というものでした。

 で、今回それに、広島修道大学が加わった、と言うことです。
 まあ、正直言うと、違和感ある括りですね。普通に考えて、南山と西南は怒るでしょう。
 ただ、広島修道からすれば、喜ばしい括りです。私も正直、嬉しいです。その理由を言います。

@大都市に負けるな!
 MARCHだとか関関同立だとか、私立大学となるととかく大都市ばかり注目される昨今。政府が都内の大学定員に制限をかければ解消する、などという話ではなく、地方の大学がもっと魅力的にならなければならないですね。そのためには、こういう、話題性のある言葉が生まれること自体は喜ばしいことです。地方の私大が見直される契機になるかも??
 
Aやはり札仙広福ね
 「東西南北広」なんかよりももっと一般的な言葉で、都市のくくりを表すもので、「札仙広福」というものがあります。
札幌、仙台、広島、福岡のことを表す言葉ですが、この括り、ある程度妥当性のあるものですね。
・3大都市圏以外の都市で、いずれも都市単独で人口100万人超え。
・国の出先機関や、大企業の支店が集中して立地する地方中枢都市
・いずれの都市もプロ野球球団のフランチャイズ

 で、この札仙広福の新たな共通点として、「東西南北広」の大学立地という共通点が生まれました。正直、札仙広福から滑り落ちそうで、何としても札仙広福にしがみつきたい広島からすると、新たに大学のくくりで一緒になれた、というのは、まあ、嬉しいことです。
 それこそ、イメージの問題で、「地方消滅とか言われる中で、やはり札仙広福は別格だな。この4都市は強いよ」と思われるためにも、今回、修大が北海学園や東北学院と並べて語られるようになっているだけで私は嬉しい(笑)。都市の評価UPに繋がるでしょう。

 そう考えると、「東西南北広」という言葉。積極的に使いたいものだな、とは思います。ただ、やはり、特に南山に失礼な気がしますね…。南山を外して、北学院、西南学院、海学園、島修道、のそれぞれの文字を取って、「東西南北広」と呼ぶこととしましょうか。西南学院にも失礼な気はしますが、「西南」と、2文字を名前に入れてあげることで我慢してもらいましょう(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
(こうしてみると、随分キャンパスの雰囲気変わりました)

おまけ:修大・修大生が目指すべき道
 社会に出てみれば分かりますが、学歴なんて、大して意味を持つものではないですね。プロ野球で言う「ドラフト〇位」みたいなものです。あのイチローは、オリックス入団時はドラフト4位でした。サッカー選手で言うならば、中村俊輔や本田なんて、ジュニアユースからユースに上がれませんでした。
 「どこの大学を出たか」なんて、所詮は通過点の一つで、「東西南北広」だからと言って自慢できるものでもないし、卑屈になるものでもない。学生時代の頑張りでいくらでも上を狙えるし、また転落人生になってしまう可能性もある。結局は自分次第です。
 ただ、学力的に、ある程度近い能力の学生が集まっているはずで、卒業生の私から見て、「修大生とかは、こういう方向で行くべきだろうな」というのはあります。
 大きな方向性で言えば、修大などは、典型的なL型大学ではないでしょうか。以前色々批判された、「G型大学(グローバル型)」、「L型大学(ローカル型)」でいうL型大学です。こんなことを学んだらどうか、と提唱されています。
クリックすると元のサイズで表示します

 学者を中心に色々批判されていましたが、正直、「何が悪いんだ?」と思います。
 まあ、「法学部で大型第2種免許を」とか言うのは、さすがに法学部舐めすぎだと思いますが、「東西南北広」に当てはめると、次のようになるのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

 「東西南北広」クラスの学生は、実務担当者として、それぞれの分野の第一線で活躍してもらいたい。このクラスの大学の学生なら、それくらいの能力は充分備わっていると思います。社会人人生なんて、40年もあるのです。実務担当者としてキチンと成果を出していけば、40年の間に、他の優秀大学卒の連中に追いつくことは十分可能だし、追い抜くことだって不可能ではない。そのために大学4年間の間に、しっかり実務的、実用的なところを学んでおきましょう。勝負は大学卒業後です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村








2019/2/16 | 投稿者: らっち

 広島県の新県立大学計画。幟町の広島国際大学跡地に決まりそうですね。
クリックすると元のサイズで表示します
(左側の高いビルが現国際大学。世界平和記念聖堂を挟んで右側(ドーム型)がエリザベト音楽大学)

 図書館やグランドは現県立広島大学のものを利用するとのことで、正直、「それなら普通に県立広島大学の学部増設で良いじゃないか…」と思うのですが、まあ、そこは恐らく戦略的な政策が何かあるのでしょう。今の知事は、このあたりの政策は鋭いものをもっているので、ここは県の政策を見守りたいと思います。

 個人的に興味深いのは、この立地ですね。駅からも都心部からも近く、すぐ近所には音大もある。「もし、ここで学生生活を送れたら楽しいだろうな」と思います。
 今回は、妄想で、「この新大学で学生生活をしたらどんな生活が送れるだろうか」を考えてみたいと思います。

@大学での授業
 新大学、どういう学部が出来るのか、イマイチイメージがわかないのですが、これまでの報道によると、「地域の課題を発見し、解決する能力を養成する。地方自治体や地元企業が実際に抱える課題を題材に少人数のグループワークや課外活動などを通し、解決に向けた実践的な取り組みを指導する」とのこと。もしかすると、私の好きな分野かもしれません。
 「地域の課題を解決する」とか言うなら、ここなら、すぐそこに興味深い事例がたくさんある。こういうまちづくりに関わり、何か成果を出してみたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 言わずと知れた河川敷オープンカフェです。定期的にジャズなどのコンサートも行われているのはご承知の通り。行政、地元住民、民間事業者がうまく関わり、ここまで定着しました。まちづくりの一例として勉強し、さらに発展させたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(少し前に述べたとおり(こちら)、必ずしも全てがうまくいっている訳ではないこの事業。(上の写真から下の写真に変わったということは、明らかな劣化です) こういうところも教材になるし、是非解決に取り組んでみたいです)

 他にも、この幟町界隈の地域としての価値を挙げるようなマネジメントとか、勉強して取り組んでみたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

A単位互換制度
 新大学、せっかくエリザベト音楽大学の近くに立地しているのだから、出来る限り音大の授業を受けてみたいですね。そう全て簡単に行くとは思いませんが、出来れば次の授業を受けてみたいです。単位互換制度で何とかならないですかね?

ソルフェージュ    音楽理論    音楽史
声楽レッスン     合唱      合唱指揮法


クリックすると元のサイズで表示します
(エリザベト音楽大学)

Bサークル活動
 新大学、1学年の定員は100名程度、と言うことで、小規模大学ですね。単体でのサークル活動などは、あまり充実したものは期待できないでしょう。でも、他大学との共同サークル、インカレサークルなら期待できそうです。駅からも都心部からも近い立地を活かし、インカレサークルの拠点となりえる場所ですね。
 私の好きな音楽系のサークルで言えば、土曜日に、各大学のメンバーがこの新大学に集まって練習し、そのまま合コン、とかいうイメージが湧きます。楽しそうです。

 と言うことで、新大学での学生生活を妄想してみました。素晴らしい大学が生まれることを期待したいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村











AutoPage最新お知らせ