じゅうのblog

日々、何気に感じていることを記録してみるのもイイかなぁと思い、blogを始めてみました。
どれくらい続くかなぁ・・・
まっ、気分に任せてやってみましょう。

 

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

昔の日記

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
著者:横山秀夫

64(ロクヨン)(2012/10/26)横山 秀夫商品詳細を見る

昭和から平成へと動いた1989年1月。お年玉を持った一人の少女が誘拐された。少女は殺害され、犯人を取り逃したその事件はD県警最悪の事件となった。それから14年、元刑事であり、現在は広報官
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


横山秀夫 『64』(文藝春秋)、読了。

さて、年越しで読んだのはヒット中の本作。
古本一家において、珍しく母が新刊本を買ってきました。
母が東京に遊びに来た時に読み終わり、私の

64(ロクヨン)

昭和64年に起きたある事件、
その事件に関与した人々の心の振幅。

対立する二つの組織、
刑事部と警務部、
警察とマスコミ。

情報公開、家族の問題、
それぞれの場面で、
板挟みになり苦悩する、
元刑事の広報官、
三上がこの小説の主人公。

ページ数6...
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ