じゅうのblog

日々、何気に感じていることを記録してみるのもイイかなぁと思い、blogを始めてみました。
どれくらい続くかなぁ・・・
まっ、気分に任せてやってみましょう。

 

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

昔の日記

拍手ランキング

1位 『漂流』 吉村昭
1拍手
10/12〜10/19までのランキング結果です。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
1923年(大正12年)9月1日。 東京帝国大学工学部航空学科在学中の堀越二郎は、関東大震災の混乱の中、明るい少女・菜穂子と出会う。 卒業後、大企業のエリート技師となった彼は、航空機の設計部署に配属される。 ちょうどそれは、日本が戦争に向かっていた時代。 彼が設
 1920年代の日本。少年・堀越二郎は空に憧れ、「美しい飛行機を造る」 こと
を夢見る。帝大に進学した彼は大震災の日、美しく利発な少女・菜穂子と出逢う。

 宮崎駿監督5年ぶりの新作映画、スタジオジブリ作品。初日に鑑賞。沁みた。
泣いた。

 「宮崎駿「の」の字の法
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。
 自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗っていた。世間が食糧難で、食べる物が何もない中、宮崎家はおひつでご
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ