○○カフェ! インスタ映えするお しゃれ併設カフェが大人気!  

cariroom提供 http://cari.jp
tenten作 http://cari.jp/?k=tenten

多様化するカフェ
なぜか名古屋に多い?! ○○カフェ


アニマルカフェ、メイドカフェ、 ネットカフェ
近年は充実した楽しいカフェが
急増しています。
また、多業種が併設するカフェも増え
美味しいご飯やスイーツはもちろん
外観や内装がおしゃれだったり
いるだけで癒されたり、感性が磨かれたり
居心地の良い世界観に魅了されます。

そこでインスタでも大人気の
併設カフェに注目してみました。



□ 雑貨カフェ

実は名古屋に多いと言われているのが
この雑貨カフェなんです。
名古屋と言えば!
『名古屋式モーニング』

知人が名古屋に行った際
コーヒーを注文すると
トーストやサラダ類が付いてきたので
大変驚いたと言っていました(笑)

雑貨屋さんに併設されたカフェは
見渡す限り、かわいい雑貨が
散りばめられています。
おしゃれなインテリア
食器類、小ぶりの家具
かわいい雑貨
内装にもこだわりがあり
インスタ映えNo1カフェなのは
間違いないありません。^^



□ ブックカフェ

誰でも一度は思ったことがあるのでは?
図書館で飲食ができれば・・・・と。

書店に併設されたカフェは
店内の本棚に並ぶ本を自由に読んだり
購入したりできます。
読書好きには居心地抜群の空間です。

システムやコンセプトは
店舗によって違います。
例えば
・閲覧が中心の図書館型
・一冊必ず購入する書店型
・時間ごとに加算されるシステム料金制

代表的なのが
スターバックスと
TSUTAYAが一つになったカフェ

『Book & Cafe 』

TSUTAYAから書籍を持ってきて
スタバで飲食しながら読める
通称、“ツタバ”
全国に25店舗を展開中



□ 併設カフェ まとめ

他にも
オーガニックカフェ
フラワーカフェ
コインランドリーカフェ
アートカフェ
などなど・・・
今後もいろんな併設カフェに
出会えそうです。

個人だけじゃなく
企業も注目している
併設カフェ。

ファッション、美容業界の
併設カフェとかもステキでしょうね。

--

written by tenten
元記事 http://macaronchan.livedoor.blog/archives/25938716.html

かりるーむ株式会社(cariroom) http://cari.jp/
社長紹介 http://cari.jp/pr/
空室一覧 http://cari.jp/room/

食 http://cari.jp/?k=%E9%A3%9F
旅 http://cari.jp/?k=%E6%97%85

検索エンジン
http://ip.xii.jp/?chth=g
http://frp.rgr.jp/?chth=k
http://hp-i.sakura.ne.jp/?chth=a

検索ranking http://hp1.boy.jp/counter/
社長twitter http://twitter.com/k110408/

記事ブログ
http://cari.blog.enjoy.jp/
http://cariroom.ti-da.net/
http://kblog.mediacat-blog.jp/
http://blog.crooz.jp/carirooms/
http://red.ap.teacup.com/k0905/

「記事+ツイート」ブログ
http://k070802.seesaa.net/
http://k0905.blog.ss-blog.jp/

求人 http://cari.jp/?k=%E6%B1%82%E4%BA%BA
転職 http://cari.jp/?k=%E8%BB%A2%E8%81%B7
通販 http://cari.jp/?k=%E9%80%9A%E8%B2%A9
買取 http://cari.jp/?k=%E8%B2%B7%E5%8F%96
比較 http://cari.jp/?k=%E6%AF%94%E8%BC%83
美容 http://cari.jp/?k=%E7%BE%8E%E5%AE%B9
英語 http://cari.jp/?k=%E8%8B%B1%E8%AA%9E
健康 http://cari.jp/?k=%E5%81%A5%E5%BA%B7


クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ