2020年9月分 両親平等要求・単独 親権制廃止要求  

cariroom提供 http://cari.jp

単独親権制は、法的な独占・独裁・差別によるただの子供強制収容所。欧米・EUなど世界中の先進国から児童権利条約に反する児童虐待と言われている。

連れ戻しどころか、子供本人が逃げることさえ許さない日本の子供連れ出し(単独親権制)に何の正当性があるのか?。ただの法的な独占・独裁・差別による子供強制収容所であり、児童虐待の温床に過ぎない。

子どもを子供強制収容所に収容して臭いものに蓋して済ます時代は終わりにしないといけない。両親の平等と子供の自由を保障すべき。単独親権制は独占・独裁・差別の子供強制収容所に過ぎず、即やめるべき。

日本は先進国唯一の単独親権(片親独裁)による子ども強制収容所(児童監禁)国家で、欧米・EU等世界中から子どもの権利条約違反の児童虐待状態と批判されている。単独親権を廃し、両親の平等と子供の自由を保障すべき。

単独親権制は子供本人が同居親から逃げるのを抑圧する子供強制収容所(児童監禁)。児童虐待として欧米・EU等世界中が批判。頑張る同居親を褒めるのに全部の同居親に法的独占権・独裁権を与える必要はない。両親の平等と子供の自由を保障すべき。

DVと関係がない離婚が大半であるのに加え、DV被害者の子ども連れ出しと同程度にDV加害者の子ども連れ去りがある。単独親権制で確かなのはそれが独占・独裁・差別による子ども強制収容所システムということだけ。両親の平等と子供の自由を保障すべき。

両親の平等と子供の自由を保障しても、子供本人が逃げ出さないのが同居親に求められる最低限の資質。法的に子を強制収容(監禁)し、同居親善・別居親悪の勧善懲悪ドラマを流し続ける単独親権派は利権やコンプレックスで公害を垂れ流す有害無益な児童虐待派。

単独親権制の建前と現実は、独裁国家の建前と現実に似ている。単独親権制で確かなのは両親の差別や子供の監禁で成り立つ法的な独占権・独裁権による子供強制収容所ということだけ。両親の平等と子供の自由を保障し、子はましな方に常時乗り換えられるべき。

子供を拉致って監禁して、親子を強制断絶し、「(監禁だろうが)養っているんだからたっぷり金よこせ」という主張は他国や他人がやると酷いと思うのに国内で片親がやると正当と思う人が一定数出る現象は何?。子供本人が逃げたくても逃げれないならただの監禁でしょう。

父子交流では当事者は父子、母は第三者。母子交流では当事者は母子、父は第三者。第三者が国から独占・独裁権を与えられ、当事者を断絶。こうならないよう人権(自由権)=国からの自由(現代憲法)がある。ただ、女系朱子学みたいな理論で正当化を図る人もいてこの世は悲惨。

労働条件悪くても、労使双方健気に頑張っている零細企業は美しい(かしょうがない)が、条件のいい所に転職させず使用者が労働者をタコ部屋に放り込んだら虐待。単独親権制は法的な独占・独裁・差別による子供強制収容所(児童虐待制)。逃げたくても逃げれないのはただの監禁。

単独親権制(法的両親差別)という片親独占(独裁)の強制収容所(子供本人の自由否定)を国家全体で行うことが何故子供の福祉に資するのか私には一かけらもわからないのだが、とりあえず将軍様が侵略から子供を守る(将軍様に殺されたら本望)理論とでも名付ければいいのだろうか?。

今の単独親権制では、子は両親がいるにも関わらず、国のお墨付きを得た片親の独占(独裁)状態におかれ、強制収容所生活となる。他方親の所へ逃げるだけで防げる児童虐待も国が政治権力で逃がさない(連れ戻す)ので虐待され続ける。自由・平等を蔑ろにするだけで得るものはない。

--

かりるーむ株式会社(cariroom) http://cari.jp/
社長紹介 http://cari.jp/pr/
空室一覧 http://cari.jp/room/

食 http://cari.jp/?k=%E9%A3%9F
旅 http://cari.jp/?k=%E6%97%85

検索エンジン
http://ip.xii.jp/?chth=g
http://frp.rgr.jp/?chth=k
http://hp-i.sakura.ne.jp/?chth=i

検索ranking http://hp1.boy.jp/counter/
社長twitter http://twitter.com/k110408/

記事ブログ
http://cari.blog.enjoy.jp/
http://cariroom.ti-da.net/
http://kblog.mediacat-blog.jp/
http://blog.crooz.jp/carirooms/
http://red.ap.teacup.com/k0905/

「記事+ツイート」ブログ
http://k070802.seesaa.net/
http://k0905.blog.ss-blog.jp/

投資 http://cari.jp/?k=%E6%8A%95%E8%B3%87
求人 http://cari.jp/?k=%E6%B1%82%E4%BA%BA
転職 http://cari.jp/?k=%E8%BB%A2%E8%81%B7
通販 http://cari.jp/?k=%E9%80%9A%E8%B2%A9
買取 http://cari.jp/?k=%E8%B2%B7%E5%8F%96
比較 http://cari.jp/?k=%E6%AF%94%E8%BC%83
美容 http://cari.jp/?k=%E7%BE%8E%E5%AE%B9
英語 http://cari.jp/?k=%E8%8B%B1%E8%AA%9E
健康 http://cari.jp/?k=%E5%81%A5%E5%BA%B7


クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ