社会保障分野における、自助・共 助・公助とはなんでしょうか?  

かりるーむ https://cari.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/

貧困パンデミック
セーフティネット機能で安心を確保?


元々は、『防災・災害支援分野』で使われていた三助

防災白書によると
自助とは自身と家族を自分達で守る
共助とは地域で助け合う
公助とは救助隊による支援

そしてこの三つが連携することが重要だと言われていました。

そしてコロナ禍の今
社会保障分野における重要なテーマとなっています。



□ 社会保障分野における『自助』

厚生労働白書では、国民一人々の自己責任と努力となっています。
とは言え、貧困と格差が拡大している現在、自助努力も限界を超えています。

食べ物を求め、子ども食堂ならぬ大人食堂も展開されています。
フードバンクに駆け込む人々、炊き出しに並ぶ人々も増えています。

苦しいのは、非課税世帯だけではなく
シングルマザー(ファザー)だけではなく
高齢者だけでもない、中間所得層も同じです。



□ 社会保障分野おける『共助』

厚生労働白書では、年金や医療保険などの社会保険制度となっています。
とは言え、年金は額面どおり受け取れません。
住民税、所得税、介護保険料が差し引かれます。

毎年来る『ねんきん定期便』の額面は
あくまでも目安であって、手取額ではありません。



□ 社会保障分野における『公助』

厚生労働白書では、困窮状態で支給される生活保護となっています。
とは言え、仕事も家も失ってしまった人には受給資格のハードルはとても高く・・・
路上生活を余儀なくされている人も増えています。



□ まとめ

普通の人が生活困窮に追い込まれています。
今まで、仕事も家もあり納税もしていた人です。
債務整理に陥り、家や車を失うケースもあります。

正直、公的なセーフティネットが上手く機能していないような気がします。

緊急小口資金、総合支援資金は、あくまでも貸し付けです。
非課税世帯でなければ全額免除にはなりません。

困窮者支援金は課税対象です。(※現時点)

そして、先の見えない経済回復。とても怖く感じます。


written by tenten
元記事 http://macaronchan.livedoor.blog/archives/31169860.html

--

かりるーむ株式会社(cariroom)

TOP https://cari.jp/
空室一覧 https://cari.jp/room/
サイトマップ http://hp1.boy.jp/wk/data/sitemap/
検索順一覧(ランキング) http://hp1.boy.jp/counter/

検索エンジン(一括検索・横断検索)
https://ip.xii.jp/?k=&chth=i
https://frp.rgr.jp/?k=&chth=k

社長紹介 https://cari.jp/pr/
社長ツイッター https://twitter.com/k110408/

「記事+ツイート」ブログ
https://k070802.seesaa.net/
https://k0905.blog.ss-blog.jp/

記事ブログ
http://cari.blog.enjoy.jp/
https://cariroom.ti-da.net/
http://kblog.mediacat-blog.jp/
https://blog.crooz.jp/carirooms/
https://red.ap.teacup.com/k0905/

食 https://cari.jp/?k=%E9%A3%9F
旅 https://cari.jp/?k=%E6%97%85

投資 https://cari.jp/?k=%E6%8A%95%E8%B3%87
求人 https://cari.jp/?k=%E6%B1%82%E4%BA%BA
転職 https://cari.jp/?k=%E8%BB%A2%E8%81%B7
通販 https://cari.jp/?k=%E9%80%9A%E8%B2%A9
買取 https://cari.jp/?k=%E8%B2%B7%E5%8F%96
比較 https://cari.jp/?k=%E6%AF%94%E8%BC%83
美容 https://cari.jp/?k=%E7%BE%8E%E5%AE%B9
英語 https://cari.jp/?k=%E8%8B%B1%E8%AA%9E
健康 https://cari.jp/?k=%E5%81%A5%E5%BA%B7


クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ