時代はサブスク?!〜定額制サー ビス cari.jp  

〜○○し放題、〜使い放題

サブスクリプションサービス
月額、年額、さまざまなジャンル



サブスクリプションとは?
定額の料金で契約し
一定期間、利用できるサービス
通称、サブスク


消費者としては
とてもお得なサービスだと感じます。
また、サービスを提供する側からすると
新規顧客の確保
安定したサービスの継続などが・・・
期待できるのではないでしょうか。
そんな、サブスク
利用しやすいジャンルを
女性目線で
ざっくりまとめてみました。



デジタルコンテンツ系サービス

Amazonプライム
配送料が無料
日時指定便やお急ぎ便の利用料も無料
動画、音楽コンテンツ無料
料金   500円(税込) 1ヶ月
     4900円(税込) 1年
無料お試し期間 30日間


Hulu (フールー)
人気の映画やドラマが見放題
料金 1,026円(税込) 1ヶ月
無料お試し期間 2週間
英語音声で英語字幕が出せる作品も多数あり、英語学習向き。


Netflix (ネットフリックス)
人気の映画やドラマが見放題
料金 800円(税抜)  1ヶ月
無料お試し期間 ありません。



物販系サービス

snaq.me (スナックミー)
すべて自然素材
お菓子の詰め合わせが
毎月100種以上の中から
8種類をセレクトされ
定期的に届きます。
料金 1BOX 1980円(送料無料)


Bloomee LIFE (ブルーミーライフ)
100店舗のフラワーショップが提携
可愛いお花が3本以上が
定期的に届きます。
料金 体験プラン 500円+送料
    レギュラープラン 1配送  800円+送料
    プレミアムプラン 1配送 1200円+送料


My Little Box (マイリトルボックス)
パリジェンヌのおしゃれアイテム
有名ブランドのコスメと雑貨が
定期的に届きます。
料金 3350円 (送料無料)



サブスク まとめ

サブスクで一番ピンと来るのが
携帯電話会社のサブスクです
○○し放題・・・使い放題・・・・
cmなどでよく耳にしていました。
それに追随するように
さまざまなジャンルが
サービスを開始しています。

そもそも定額制のサービスって・・・
昔からあるサービスなのかもしれません
例えば、電車やバスの定期券
月極め駐車場
時間内での飲み放題、食べ放題

そして、想定外の事もあるようで
短期で終了してしまうサブスクもあるようです。



短期で終了したサブスク

ZOZOTOWN (ゾゾタウン)
おまかせ定期便

牛角
焼肉食べ放題PASS

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
社長紹介 http://cari.jp/pr/
空室一覧 http://cari.jp/room/

旅 http://cari.jp/?k=%E6%97%85
食 http://cari.jp/?k=%E9%A3%9F

検索ranking http://hp1.boy.jp/counter/
社長twitter http://twitter.com/k110408/

記事ブログ
http://cari.blog.enjoy.jp/
http://cariroom.ti-da.net/
http://kblog.mediacat-blog.jp/
http://blog.crooz.jp/carirooms/
http://red.ap.teacup.com/k0905/

「記事+ツイート」ブログ
http://k070802.seesaa.net/
http://k0905.blog.ss-blog.jp/

求人 http://cari.jp/?k=%E6%B1%82%E4%BA%BA
転職 http://cari.jp/?k=%E8%BB%A2%E8%81%B7
買取 http://cari.jp/?k=%E8%B2%B7%E5%8F%96
通販 http://cari.jp/?k=%E9%80%9A%E8%B2%A9
比較 http://cari.jp/?k=%E6%AF%94%E8%BC%83
美容 http://cari.jp/?k=%E7%BE%8E%E5%AE%B9
英語 http://cari.jp/?k=%E8%8B%B1%E8%AA%9E
健康 http://cari.jp/?k=%E5%81%A5%E5%BA%B7


クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ