2005/7/19

公共下水接続工事  現場の主任

 今日も暑かった!

 本日は、某所民間の公共下水接続工事。
先日、重機を回送してきたところです。

 実はこの現場、依頼されたのは今年の3月。中々御客様との調整ができずに、今までかかってしまいました^^;
そんな訳で、掘削範囲に畑が作られてしまっておりました・・・

**続きは先日の日報参照**




 現着!早速掘削範囲を確認。
・・・掘削するところしか収穫されていません。これでは掘った土が置けません・・・御客様に確認。

「スイカはまだ収穫できないんですよぉ・・・出来れば来月末まで待ってもらえないかなぁ・・・」
無理です!!

掘削ルートを変更しましょう!

重機はなんとか入れます。しかしやっぱり、土を置けません。ここでネコの登場!と言いたいところですが・・・
家庭菜園が作れるくらいですから、この敷地はかなり広いということです。
発生土量は、ほぐし土量換算で約50㎥(立方メートル)。目安として、大型ダンプ7台分と思ってください。。

「この土量をネコで運搬する」 = 「絶対かなり疲れる!」

 上記の方程式が成り立ちます!!^^;

 というわけでダンプの出番です。掘削ルートを道路境界側へ変更。境界部分の塀の向こう側へダンプを配置。掘ったらダンプへ積込ます。埋戻は逆にダンプから土をとりましょう!

この作業の繰り返し。。なんとか全配管の1/3は完了しました。^^

明日もこの続きです。

 今日も無事故で終了です。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ