2007/6/28

スリーブ設置・取付・配筋工事  現場の主任

 今日も暑い!なんて暑さなのでしょう。。(;^_^A

 本日は、某所開発地域マンション新築工事現場内の空調工事。
仲間からの応援要請!


 現場に着くと、早速スリーブ設置開始です。

 コンクリート造の建物は、後から穴をあけるのが大変です。
便利な道具がありますので、できなくはないのですが、必要な穴は最初からあけておきたいものです。^^
 後からの貫通は、鉄筋を切ってしまったり、鉄筋を切らないようにレントゲンを撮ったりと、何かと余計な手間がかかります。

 そんなときに、前もって型枠内部にスリーブと呼ばれる型を埋め込んでおきます。
「ボイド」と呼ばれることもあるこの材料。本当に便利です。^^
ダンボールに近い素材で出来ており、切断・加工も楽なんですよ。^^

 
 スリーブを入れた箇所には、周りに鉄筋を配筋します。開口部の補強です。


 なんとかノルマ達成!



 帰って後片付け。



 今日も無事故で終了です。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ