2009/5/16

漏水ヶ所調査  現場の主任




 今日も快晴。^^

 明日から悪天候だそうです・・・
個人的な事ですが、明日は某所のダムの見学会です。
せめて曇りだったらなぁ・・・無理な様子ですが。。^^;



 昨日は仲間の応援へ行ってきました。
某所集合住宅の電気温水器の交換工事です。

 4階建て計24戸。全部交換します!残り20台!!
エレベーターが無いのです・・・

 一生懸命頑張ります!




 ちょっと余談・・・
会社の近くの自動販売機で飲み物を買うのですが。。

 必ずと言って良いほど、御釣りが10円玉なのです・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 50円玉は・・・入れないのかな・・・^^:
まぁ、どうでも良いことですが・・・地味な疑問です。





 さて、本日は某所民間漏水箇所調査。

 漏水しているのは確実です。でも肝心な漏水ヶ所がわかりません!
まずは勘で・・・掘削開始!





 既設の給水管を発見しました。
ここにサービス用のバルプを新設します。漏水箇所を絞っていきます。
バルプを閉めて、バルプの先なのか手前なのか、まず範囲をしぼります。

 今回はバルプの先でした。
新設したバルプを閉めた結果、使用できなくなった水栓を確認します。

 1階の洗面台、浴室のシャワー、トイレ、洗濯機、屋外水栓、計5ヶ所使用不可能と判明。





 ちなみにこちらの建物はRC造(コンクリート構造)です。
全て隠ぺい・埋設配管でした。。^^;
念のため、屋外の水栓への給水管も掘削して探しました。こちらにもサービス用のバルプを新設。
バルプを閉め、再確認です。
 残念ながら屋外への配管は漏水していないみたい・・^^;


           ‖ ( イコール・・・ )


 コンクリートの中で漏水しています!!!





 御客様との相談の結果、配管を全取替えすることになりました。
かと言って、スラブ部分(コンクリートの床)を解体する訳にはいきません。^^;

 露出配管にて対応いたしましょう。
なるべく体裁良くね。カバーをちゃんと使ってね。。^^

 若干工事費が高くなりますが、見た目も大事だと思いますので。
御客様には理解していただきました。。^^




 安く施工する方法は、いくらでもあります。
安ければ良い。最低で良い。そんな時もあります。。

 でもね。。^^
せっかくですからね。。^^







 帰って後片付け。




 今日も無事故で終了です。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ