2009/7/18

エアコン工事 他  現場の主任




 あっという間に一週間が経過してしまいました。^^
世間一般の小中学生は、既に夏休みだそうです。。。

 しかし今年度は、物凄いスピードで流れていってますね。
毎年書いているかもしれませんが、すでに7月も半分経過です。^^;





 今週もバタバタが続いてしまった一週間でした。
しかも暑いし・・・汗が止まらないし・・・( ̄□ ̄;)!!

 個人的に、夏は太ります。
水分の摂り過ぎでしょう。
日中は水とかスポーツ飲料とか・・・夜は・・・ビールです!





 先日、某所民間のエアコン増設工事を実施してきました。

 休憩の時、家庭菜園で御客様が自ら作ったというトウモロコシをいただきました。
美味しかったなぁ。。

 適度な塩加減。良い塩梅ですね。^^




クリックすると元のサイズで表示します




 さて、本日は某所水道局事務室内の空調設備施設改修工事。
先週も実施してきました!今日で仕上げます!


 まずは着工前。




クリックすると元のサイズで表示します



 ここから既設内機を撤去します。
新しい機種は、既設のものより大きいので天井の開口部も大きくします。
もちろん開口部の補強も忘れずに!




クリックすると元のサイズで表示します




 まずは天井部分( スラブコンクリート )にアンカーを打ち込みます。
躯体と縁が切れないようにしましょう。

間違っても落下等の恐れの無いようにね。^^




 内機据付前に、天井内隠ぺいにて配管及び配線工事を実施しましょう。
せっかく広い場所があるんですからね。^^



 配管完了。内機の据付も完了です。




クリックすると元のサイズで表示します




 内機に配管、配線を接続します。
平行して屋外機も設置。

屋外露出配管部分はダクトを使用して配管します。
少しでも見た目良く施工しましょう。。^^

 屋外機への配管、配線の接続も完了。
続いて真空乾燥引きを実施します。




クリックすると元のサイズで表示します




 今回は『パッケージ・エアコン』と呼ばれる業務用の大きいものです。
が、この真空引きという作業は家庭用の『ルーム・エアコン』でも必ず実施しましょう。

 配管内の空気を除去すると共に、配管の漏れの検査にもなります。
漏れないように施工していますが、実際何があるか分かりませんので。

自分自身も安心できますからね。^^



 内機へ化粧パネルを取付、いよいよ試運転です。




クリックすると元のサイズで表示します




 現場担当職員様立会いの元、竣工写真を撮影。
試運転も良好です。^^





 帰って後片付け。




 今日も無事故で終了です。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ