2011/4/21

電気設備工事  現場の主任




 今日は曇りでした。
最近は暖かくて作業も楽です。

 もう春なのかな? 
桜は散ってしまっていますが・・・






 本日は、某所病院の開閉器の更新工事。
壊れる前に交換します。

 今日は休診です。
それでも気は抜けません。
気を引き締めて、安全作業で頑張りましょう。


 なんとか完了。
少し使っていただきましょう。






 その後は某所葬祭式場の電気設備工事。
今回は漏電ブレーカーを新設します。

 着工前。


クリックすると元のサイズで表示します


 一般家庭などでは、主幹(大元)に漏電ブレーカーを設けることが多いです。
が、それだと一箇所が漏電したときに、建物全て停電になってしまいます。

 という訳で、こういう場所では個々に設置することを御勧めします。



クリックすると元のサイズで表示します



 完成。
少し使っていただきましょう。




 



 ところで・・・

 漏電すると電気がとまるように付ける漏電ブレーカー。
でも、研究所や特殊な設備のある大きな病院などでは、漏電では電気は止まらないように作られています。
 仮に、漏電が原因で停電してしまい、患者さんの命をおとしてしまうようなことがないようにです。

 そんな訳で、漏電した場合は漏電したことを示す警報や、同じく示すランプなどが設けてあります。


 実際には漏電などが発生しないように、定期的な点検が実施されているのですが。
何があるかわかりません。^^;







 帰って後片付け。




 今日も無事故で終了です。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ