2011/8/13

貫通部防火措置  主任の受講






 毎日暑いですね。
先日、我社が所属しております電気工事組合にて、支部の若い方々主催で講習会を開催しました。




 防火壁などの貫通部分は、普通に穴を明けてしまっては防火の意味が無くなってしまいます。
そのため、適した工法で、きちんと処理しなくてはいけません。




 今回、協力していただいたメーカー様は『ネグロス』様です。
電気業界の人間なら、知らない方はいないでしょう。





 では早速!!!



 まずは法律です。
建築基準法ですね。
 かなり眠くなったのを覚えています。




 クリックすると元のサイズで表示します




 クリックすると元のサイズで表示します




 クリックすると元のサイズで表示します




 ちなみに今回の受講者数は27名。
今思い出しても・・・・・眠いです。^^;




 法規も終わって、実地講習です。


 今回は、スラブ(床面)貫通という設定です。


 クリックすると元のサイズで表示します




 クリックすると元のサイズで表示します




 このように、専用の型枠を使用します。

この開口部に不燃材を充填するのです。
 不燃材が落下しないように、まず底にグラスウールを圧縮したプレートを設置します。




 クリックすると元のサイズで表示します




 カッターで形を作り・・・




 クリックすると元のサイズで表示します




 型にはめたら不燃材のブロックを詰め込みます。




 クリックすると元のサイズで表示します




 これで完成。
今後様々な現場で、今回の受講の成果を発揮していけることでしょう。




 最後に新製品のPRです。




 クリックすると元のサイズで表示します




 13:30〜17:00まで、みっちり講習してきました。
皆様、今後も御安全に。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ