マイ・オークションをごらんください

「たまねこ*古布とアンティーク着物&リメイクカナダ」

お店へGo!

只今お店のたまねこはお休み中です。

2019/3/31

日本ミツバチ&welcomeガーデン  ナチュラルライフ

今日のK's Garden 

いよいよ日本ミツバチの分蜂時期です。

巣箱の横に金綾辺(きんりょうへん)を、おきました。

早速蜂は寄ってきてはいるのですが、

果たして巣箱を気に入ってくれるかどうかわかりません。

ちょっと日当たりが良すぎたかなと簾をかけてみたりしています。

でも驚いたことは、桜の開花時と同じく、

あんなにしっかりしていたつぼみが開き始めたのです。

ミツバチの分蜂時期にピッタリ合うように…

相性が良いのか不可分の関係があり、

植物と昆虫の間に定められている何かが

あるのだろうかと思えるほどです。

以前にも書いたように、蚕は桑だけしか食べませんし、

他の虫は桑を食べません。専売特許みたいな関係です。

自然界において、棲み分けや食草の好みが

分かれていたりするのは、

昆虫の生殖や、その種族の維持に欠かせない

仕組みとも思えます。

クリックすると元のサイズで表示します

最近のwelcomeガーデンです。

クリックすると元のサイズで表示します

真理子さんへの手紙

神にその一歩を踏み出す勇気を求めて必死に祈りました。

きっかけや背中を押してほしいですよね。

そんな中、三人目を妊娠、おめでとうございます…

長男を産んでから7年たっていたので本当に戸惑いました。

ところがですね。主人はもともと子供が嫌いですし、

貧乏人の子沢山のイメージを持っているし。

「産んだら一生涯養わなん」「どこでも二人が普通だ」と

固定観念の考えの持ち主だったので、産むことに大反対!

おまけに聖書の勉強をしているので俺の言うことが

聞けんのだと。産んでも認知しないと。

産むが産むまで徹底的に反対したのです。

同居している義母までも、主人の、言うことだからと、

母は母で、乳飲み子含め、子供三人を

どうして育てていくのかと心配するしですね。

そんな中、父だけが「産んで、皆で帰ってきたらいい」

といってくれました。

主人の協力が得られそうでないので、

事前に予定日を決めて出産する計画分娩にしました。

一番辛かったのは出産しても誰も来てくれないことでした。

中でも、他の子供達が手元に戻ってこないのではないかとの

心配でした。

それで実家での日明きを終えて主人のもとにかえりましたが、

どうしても入れてくれないなら子供を連れて家を出る覚悟でした。

主人は男の子で嬉しかったらしく

「こんな子がお腹にいるなんて知らなかった」等言い、

義母と「家族が増えたので、

大きな、炬燵を買おう」などと言っているのが聞こえました。

本当に“なじゃらほい”ですよね。

で、このことが神の後押しと何の関係があるかというと

何か事が起きれば、

主人は聖書に反対したのと同じように行動するので、

神の助けで私はこのことを乗り越えましたが、もし問題が起きれば

私たちの夫婦のきずなが弱いので持ちこたえることが出来ない

ということを悟ったわけです。

と言っても収まりかけた家族関係にさざ波を立てる行動を起こす、

踏み出す勇気は依然として自分にかかっているのです。


さて、パウロは,家族という取り決めにおける女性の役割、

『子供を産み,家庭をあずかる』といった働きに心を向け,

「女性は、信仰と愛と、清さを保ち、
健全な考え方をしているなら,
子供を産むことによって守られるでしょう」。―テモテ第一 2:15。

と書いています。本当に環境、経済的にも安心して子育てが

出来るような世の中になれば良いですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2
タグ: 植物 昆虫 勇気

2019/3/26


先週は風邪をひいて寝込みました。

21日は春分の日でしたね。雨の予想でしたので

前日の20日の日の出です。

日の出の時間は6時22分、撮影は50分です。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤフオクにレトロモダンな薔薇柄の帯を出品いたしました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のK's Garden   もうアイリスが咲いています。


クリックすると元のサイズで表示します

真理子さんへの手紙

聖書の研究をやめた後、

学んだ事柄が真理だという確信をひと時たりとも

忘れたことはありませんでした。

でも再開するには、

今後起きる事柄に対する覚悟が必要でしたから、

その一歩を踏み出す勇気をどうしたら出せるでしょうか?

私は人一倍、臆病で、八方美人、優柔不断な人間です。

昨日、歯科クリニックで抜歯する羽目になったのですが、

怖がりの私はもう神様無しではいられません。

喉元過ぎれば何とやら・・・で、今日はマナさんに

「先生がね、超イケメンでね」なんて言ってますがね。

話を元に戻しましょう。勇気を出す、助けになった一つの事は、

娘が図書館から買ってきた本にありました。

題名は忘れたのですが、

自分が正しい道と信じて歩む少女の話です。

勿論何が正しいかについては人それぞれですが、

私が信じている、聖書の真理は、

創造主である神が目的をもって、

この宇宙、世界、そして人間を造ったということです。

そして人は祈りにより神に近づくことが出来、

苦しみや悩みも聞いてくださるということです。

(詩編34:6)

この苦しむ者が呼ぶと,エホバが聞いてくださった。

そして,そのすべての苦難から彼を救ってくださった。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村









にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2

2019/3/19

二重太鼓の付け帯  着物リメイク

外国に行かれるお客様に着物一式取り揃えてあげました。

バックも草履も…

着物初心者なので、二重太鼓の付け帯も作成しました。

マナさん同様、あれやこれや作り方を見比べながら、

胴帯+手先&お太鼓の部分+たれ先に分けました。

帯芯が入ってなかったので、お太鼓の部分のみ芯を入れました。

身長が高い方でしたので、前帯幅を1,5cm出しました。

お写真ではたれの部分が短いようでしすが、何しろ

お洋服の上からのざあっとした着付けですので、お許しください。

国際大会楽しんできてくださいね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真理子さんへの手紙

私たち家族はこの家に住む前に、東部の団地で生活していました。

その時の友達Hさんも同じ頃、家移りなさっておられたのですが、

「今聖書の勉強をしているのだけど,Rさんも調べてみませんか」と

尋ねて来てくれました。

幼稚園や、洋裁学校がカトリックの学校で、

特に聖書の時間のこうもりの探知力のスライドを見て、

創造者の神がおられるかもと関心をもっていました。

いずれは、わがままな養子娘の主人の母と同居をする為や

地域一番やかましもんの主人の叔母がおられたことで、

何か心の支えがあれば仲良く暮らせるかなと思ったのです。

でも主人の母が同居するようになって、聖書のお勉強に

皆で反対されることになったのです。

その頃は聖書が真理と確信していたものの、

信仰や辛抱心が弱く、

実家への別居などを経験し、やがて研究をやめてしまいました。


「では,あなた方は,[種を]まいた人の例えを聴きなさい」。

とイエスは言われます。

岩地にまかれたもの,これはみ言葉を聞き,

喜んですぐにそれを受け入れる人のことです。

けれども,自分に根がなく,一時は続きますが,

み言葉のために患難や迫害が生じると,

すぐにつまずいてしまいます。 (マタイ 13:20,21)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村




にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
1
タグ: 同居 別居 信仰

2019/3/13

付け帯  着物リメイク

マナさんが七緒に掲載されていた銀座結びの付け帯に

挑戦したのですが、前帯の柄が思うようにいかなく断念…

自分仕様の付け帯になりました。

まあ、それが一番合理的ではありますね。

付け帯の作り方は色々ありますが、

それはとりもなおさず、それぞれに、

一長一短あるということかもしれませんね。

マナさんのアイデアは、切らずに最初から胴回り部分が

二重になっている所です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真理子さんへの手紙

情熱は魔法の薬のようなものではないので、

あればすべてがうまくいくというものではないですね。

また、燃え尽き症候群になったら困ります。

それでも聖書は、

ローマのクリスチャンに対してパウロは次のように書き送りました。

「自分の務めを怠ってはなりません。霊に燃えなさい。(ロマ 12:11)

熱意は,たいていの人が持っている生来の特質です。

神からの贈り物です。子どもたちをごらんなさい。

本来、なんでも好奇心を示し、驚き、喜んだり悲しんだり…

孫がなく時、どうしてあんなに涙が溢れ出るのだろうと…

植物でもひ弱な生気がない様子より生き生きしていると

嬉しくなります。

そう、熱意は命そのものなのです。

ではどうすれば熱意を保てるでしょうか?

熱意が神からの贈り物だとしたら

神の聖霊に導かれるような仕方で生活することによってです。

いうのは簡単ですが、実際はとても特異なことです。

何故なら真の神を良く知り、

神との親密な関係が必要だからです。

「すべてのことが聞かれたいま,事の結論はこうである。

まことの神を恐れ,そのおきてを守れ。

それが人の務めのすべてだからである」―伝道の書 12:13。

真理子さんへの手紙も10回ほどになりました。

次回から少し私のクリスチャン人生の経験を書き記しますね。

そしてこのコーナーを閉じます。

今しばらくお付き合いくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村







にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2
タグ: 七緒 銀座結び 熱意

2019/3/9

日本ミツバチ  ナチュラルライフ

準備万端整いました。

以前次男がミツバチの巣箱を移動してくれたのですが、

いよいよ分蜂の時期を迎えます。

それで先日、ホームセンターに金綾辺(きんりょうへん)という蘭を

買いに行きました。

花が咲くとミツバチを惹きつけるフェロモンを発するそうです。

花芽が三本立っているのをgetできました。

クリックすると元のサイズで表示します

今はまだ室内の窓辺においていますが、桜の開花時に,

K's Gardenの二つ目の箱の横に設置します。

無事にこの巣箱に入ってくれるでしょうか。ドキドキです。

クリックすると元のサイズで表示します

真理子さんへの手紙

先日

熱心さと冷静さを保って神に仕えていきましょうとか

感動を得る為、何か趣味を持ちましょう、等と書きましたね。

確かに多くの人々は、情熱の対象を見つけなければならない、

情熱さ傾向けるものが見つかればと、意気込むかもしれません。

そもそも,情熱とは

「激しく高まった気持ち。熱情」などと解説されています。

ということはその場の感情であり、

それを維持する熱意がいるわけです。

また、その対象となるものがすべて良いものとは限りません。

特にクリスチャンの場合は、、霊的なものとの平衡が必要です。

平衡と言っても五分五分ではなく、

霊的なものを最優先とする平衡です。

ですから、一時的な感情や、気分に左右されないで、

自分の意志で、信じることに取り組む姿勢が大切ですね。

でも、熱意を持ち続けるのは容易なことではありません。

自分の人生に起きる事柄で、失意を経験し、

気分障害にさえなるかもしれません。

それでも、何時、如何なる時でも良い活力を出せるように

自分を持っていく意識や地味な努力がいるのかもしれません。

それって、真理子さんの内にもありますよね。

真理子さんが無理に情熱的な人を目指さないで良いのだと、

私は思うのですよ。

情熱とは「魔法の薬のようなものではない」のです。

聖書も次のように述べています。

「むしろ各人は自分の業がどんなものかを吟味すべきです。そうすれば,他の人と比べてではなく,ただ自分自身に関して歓喜する理由を持つことになるでしょう」。―ガラテア 6:4。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2

2019/3/6

日の出&作り帯  着物リメイク

NHK ラジオ深夜便「明日の日の出の時刻」のBGMって

素敵ですね。ンディングテーマ(午前5時前)も…

日の出の時間と太陽の出る位置(方角)は季節によって

異なり、地域でも時間差があるのですね。

毎月、朝日を、撮ってみようと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

着物リメイクは、マナさんがあこがれの銀座結びの作り帯に

格闘しています。来週にお披露目できますよ。

クリックすると元のサイズで表示します


真理子さんへの手紙

フリー百科事典『ウィキペディアによると

「さとり世代」の特徴は「欲が無い」「恋愛に興味が無い」

「旅行に行かない」などが典型例として指摘されるとありました。

無駄遣いをしない」し「気の合わない人とは付き合わない」傾向が

高いとも…

私たち団塊の世代は小田実氏の著書『何でも見てやろう』や

兼高かおる世界の旅の番組を見て、海外旅行に憧れたものです。

本当に若い人の堅実さには感心します。

私自身、ミニマルライフ、 シンプルライフ 、を目指しましたが、

早々に挫折しましたよ。

でも何でも良い面があれば悪い面もあるものですね。

さとりとは聞こえは良いですが、

所詮、十分な経験がない、さとりなのではないでしょうか。

ともすれば生ぬるい状況に陥るかもしれません。

イエスはラオデキアの人たちに対して次のように告げられます。

「わたしはあなたの行ないを知っている。あなたは冷たくも熱くもない。わたしは,あなたが冷たいか熱いかのどちらかであってくれればと思う。このように,あなたがなまぬるく,熱くも冷たくもないので,わたしはあなたを口から吐き出そうとしている」。(啓示 3:15,16)

人を元気づけるほど熱くもなければ,

さわやかにするほど冷たくもない飲み物のような生ぬるい人は,

神やイエスを喜ばせることが出来ないのです。

勿論、私自身もそうできているか、自信はありません。

それで、わたしたちは皆,ラオデキアの人たちに対する

イエスの言葉を自分の心に銘記して、

熱心さと冷静さを保って神に仕えて行きましょう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2

2019/3/1

縞の着物からジャンバースカート  着物リメイク

ジャンバースカートの完成

クリックすると元のサイズで表示します

今日のK's Garden

クロッカス
クリックすると元のサイズで表示します

クリスマスローズ、つぼみが可愛い
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真理子さんへの手紙

ゆとり、さとり世代は感動がない?

確かにお年を召した人々の中には、

最近の若者にハングリー精神が足りず、

競争心より、ほどほどでよい、指示待ち世代だ!等

昔の自分を忘れていろいろ言う人がいますが…

じっぱひとからげ【十把一絡げ】にしてほしくないですよね。

真理子さんが感動がないというのは、裏を返せば、

感動が欲しいということかもしれません。

もしそうなら、

生活にちょっとした変化を取り入れていきましょう。、

神は人間にきゅう覚・味覚・触覚・視覚・聴覚という、

五感のもたらす喜びを与えておられます。

わたしは,人の生きている間に歓び,良いことをする以上に彼らにとって良いものは何もないことを、また,人はみな,食べ,まさしく飲み,そのすべての骨折りによって良いことを見るべきであるのを知るようになった。それは神の賜物なのである。伝道 3:12,13

何か趣味を持つのも良いかもしれませんね。

私でよかったらご一緒に何かに取り組んでみませんか?

とりあえず何かをやってみるというのは如何でしょうか。

そのことが、最初のキッカケになるからです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ