2006/5/17

赤ちゃん7日目  赤ちゃんメモ

クリックすると元のサイズで表示します
すみっこに良く放置されています。水槽が狭いせいか、外から丸見えの位置でも隅っこというかんじです。 

すみっこで挟まれて ブログランキング


0

2006/5/17

子育て6日目  雑談

クリックすると元のサイズで表示します

喉が渇くのか野菜を凄い勢いで食べるコミミ。
砂をかけられてもお構いナシです。
写真は昼間の様子。親はグッタリ、赤ちゃんはママのお腹の上でオッパイのみながらすやすや。

子育ては喉が渇く!(コミミの動画です)

ブログランキングに参加しています。


0

2006/5/17

赤ちゃん6日目  赤ちゃんメモ

クリックすると元のサイズで表示します
じわじわとサイズだけは大きくなっています。
動画を撮ったので載せておきます。
2匹以上のコミミが子供を咥えて子育てしている様子。
(本当は隠すところがなくて右往左往しているとこです)
これを朝撮ったので、警戒して今日は1日赤ちゃんを隠して出てきませんでした。
エサを食べるときも一番奥へ押し込んでた。

申し訳ないので今日も1日ほとんど見ないようにしてました。

2匹で子育て!(コミミの動画です)

コミミの子育て、ポチっと応援してね。


0

2006/5/16

チビネズミベイビーズ1  他の動物達

クリックすると元のサイズで表示します
コミミベビーにチビネズミベビーに写真撮るもの多すぎです〜
チビネズミですが、容姿が親に近いついてきました。
他のネズミさんたちに比べて成長早いように感じるけどどうなんでしょうか?

チビネズミベイビーのページ更新しました。

おチビベイビーズの動画

離乳食はじまったみたいです。
コミミの記事はまた後で。
昨日の日記も書き直しておいたので見てください。


世界一小さいネズミ。ピグミーマウスも世間に広めよう?!
ポチッと押してチビズからのお願い。

ブログランキング
0

2006/5/16

あかちゃん5日目  赤ちゃんメモ

クリックすると元のサイズで表示します
16日(5日目)
去年組みのコミミの中で状態が落ちている子を発見し、隔離、強制給餌に切り替え。他の子は大丈夫かチェックしたり、ハムスターの軟便の子を検査の為に病院に連れて行ったりで忙しく、ほとんど見ていない。
シェルターの奥深くに篭っていたし、時々キューキューいう声が聞こえていたので多分元気です。
コミミの赤ちゃんを亡くした人のアドバイスに従って、水槽内の隙間に挟まってないかは時々チェックしていました。
写真は朝の様子です。運良く授乳しているところを撮影できたけど、これで水槽がプラじゃなくてガラスだったらもっと綺麗に撮れたのになぁ・・・

コミミを広めようキャンペーン中

ブログランキング
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/15

赤ちゃん4日目  赤ちゃんメモ

15日(4日目)
子育ては順調な様子。今日もオスはかいがいしく世話をしていますが、ちょっと行き過ぎかも?母親が赤ちゃんを咥えて移動させてると咥えてる母親をさらにオスが咥えて暗い場所に隠そうと引きずりまわしているのです。
母親は嫌がるし赤ちゃんは落とされて呆然。

3日目に写真がない理由。
一眠りして水槽を見ると、赤い物体が砂に埋まっていました・・・「わぁ!赤子か?」と思い慌てて水槽を開けて確認したらビーフジャーキーでした。
おかげでコミミと赤子が大パニック。コレが原因で育児放棄したらどうしようと1日中震え上がりました。

多くの人にピグミージェルボアを知って欲しいと思いブログランキングに参加しました。サイドメニューにもあるのでポチッと押して下さいネ!

ブログランキング


1

2006/5/15

赤ちゃん3日目  赤ちゃんメモ


2006/5/15

赤ちゃん2日目  赤ちゃんメモ

5/13 2日目
赤ちゃんは生きているので授乳はしてもらってるようです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/15

ハムスター達  他の動物達

クリックすると元のサイズで表示します
コミミの他にもペットの紹介をしておきます。その他ペット達についてはメインサイト「ケロッコ」の日記で紹介しているのでそちらもみてくださいね!

ではでは、ハムスター達の紹介です。
まず最初にロボロフスキーのむ〜む〜(オス)です。
ペットショップで最後まで売れ残りあまり良い待遇ではない状態だったためか
「媚びぬ!馴れぬ!落ち着かぬ!」と見事な3拍子でどんなに頑張っても無理。
つかんだらウンチをプリプリします。(緊張の為)
回し車におしっこをする癖があるので回すと扇風機状態でクサイ・・・これは私へのいやがらせだろうか。
クリックすると元のサイズで表示します
次にブラックジャンガリアンのシルエッタちゃん。メスだと思っていましたが、立派なタマキンが現れたのでシルエッ太に改名しました。
多分キャンベルとジャンガリアンの混血で顔はジャンガリアンともキャンベルとも言えない感じです。来て間もないからか柔便が治らず、おどろくと緑のウンチをするというーあーあ。
早くなれて欲しいです。
クリックすると元のサイズで表示します
最後にキャンベルのこげ丸。
年とって白くなりましたが、黒寄りのこげ茶色でした。
適度な距離を保ちつつなれています。現在ハムスターはベタ馴れしてる子は居ませんがこのくらいで丁度良いかも。
ハムスターはロボ、キャン、ゴールデン、ジャン、チャイニーズと飼ってきましたがキャンベルを一番愛しています。
どの種も特徴的で好きなんですけど、黒色に白靴下の子に弱いのでキャンベル・・・
あと頭弱いトコと鼻が寸詰りなところがイイです。
チャイニーズとキャンベルは売ってるところがほとんどないので愛好家は大変じゃないかな。
0

2006/5/15

アフリカン・ピグミーマウス  他の動物達

クリックすると元のサイズで表示します
世界一小さいネズミ、アフリカンピグミーマウス。
5匹いるうちの1匹が妊娠して現在子育て中。異様に成長早いので驚いています。
寿命が短いからかな〜とも思いましたが、1年半しか生きないレミングもこんなに早く成長しませんでしたよ。
繁殖は容易なのでオスメス別に飼うか、1匹で飼った方が良いと思います。
動きがロケットのように早いので逃げられたら捕まえるのに苦労します。手で掴むのは無理。
(ヤマネのほうが捕まえるの大変だったけど)
木のチップを1枚ずつ運んだり、食べるときに口がプクプクふくれたりかわいいです。ジャンプ力があり上り下りも得意。
身体のサイズの割に水を大量に飲み、また尿がくさいので多頭飼いするばあいはチップ多めにしたほうがいいです。トイレは覚えないけど砂浴び場は好きみたいなので入れてあげてください。もちろん回し車も!
クリックすると元のサイズで表示します

リンク■アフリカン・ピグミーマウス赤ちゃん記録
写真と動画、メモがあります。
3

2006/5/15

アフリカヤマネ  他の動物達

クリックすると元のサイズで表示します
アフリカヤマネのビスコです。性別は不明。
臆病でほとんど篭っている事が多く、また脱走名人である為馴らすのは困難。
大きな目は魅惑的ですが主食がフルーツ系なので超金かかる生き物じゃないかしら。
盲腸がないので繊維質な食べ物が苦手な為野菜はあまり食べません。
虫も好きなようですが、私が虫苦手なのでビーフジャーキーで我慢してもらってます。あとハムスター用ビスケットも食べてる。
回し車と高いところが好きで、すばやい動きが魅力。
あと隠れてこっち見てる様子が激ヤバイ。
寿命7〜9年らしいので一番付き合い長くなりそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
13

2006/5/15

チーズマンアレチネズミ  他の動物達

クリックすると元のサイズで表示します
チーズマンジェルボアという名前で売られていたのですが、調べてみるとチーズマンアレチネズミのようです。
キンイロの毛並み、腹は白、まろ眉毛で尻尾に毛が生えてるこのネズミは他にソックリな種類のネズミがいてどれがどれだかわかりません。
キンイロアレチネズミやパリッドジャービルとか。
大きい目と白い眉毛がチャームポイント。
今家に3匹いて、スターク(オス)南(メス)お嬢(メス)家で生まれた2匹はかなりなれています。肩に乗せて遊べるほどですよ。
ただお調子者&イタズラ者なので散歩に出すと大変です。
人をからかって遊ぶネズミはじめてみました。
正直目に入れても痛くないくらいかわいい。
ただワイルドタイプの子は警戒心が強いです。特にメス。
珍しいネズミなので売ってる店がなく、この子達の寿命が来たらもう飼うことが出来ないであろうことが残念。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/15

ファットテールジャービルのもっちー  他の動物達

クリックすると元のサイズで表示します
またの名をオブトアレチネズミ。
「もっちー」女の子です。
生後2ヶ月で家に来たのですが、なぜかガブガブかみまくり。
究極の内弁慶でケージの中と外では態度が違います。
中だと手を入れると飛び掛って噛むけど、外だとビクビクソワソワ。
捕まえると嫌がってキューキュー!と甲高い声で鳴きます。
最近丸く丸く成長し、尻尾もブクブクになってきました。
回し車がないと怒り出します。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/14

5/12 出産  赤ちゃんメモ

クリックすると元のサイズで表示します
 
来て間もないコミミ3匹(オス1、メス2)の水槽にコミミ赤ちゃんが3匹出てきました。
発見したのは朝の6時ごろなので出産は夜間だったのでしょう。
30センチの小さなプラケース、こんな環境で子育ては出来るのでしょうか?
見るとメス1匹はぐったりしています。母親かな?
もう1匹のメスは無関心のようです。
オスだけが必死になって赤ちゃんを運び、隠し、メスを咥えて安全な場所へ移動させています。
オスもそんな事するんだ・・・と感心すると共にメスの状態を見て育児放棄するんじゃないか?メスの状態が落ちるのではと心配でしかたなかったのですが、人間に何か出来る余地もないのでエサ皿を満タンにしてそっと元の状態に戻しました。
その日1日、オスはせわしなく動きまわり、赤ちゃんとメスの世話をしていました。
赤ちゃんは這いながらおっぱいを探してウロウロしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ