2005/5/4

プロジェクト XR その2  

昨日、体調不良で苦しいのにもかかわらず「96’XR」を整備しました。



まずは「リヤリンク」周りに着手すると「レンチから伝わる硬さは作業が困難になる事を覚悟させた・・・。」が意外とスンナリ進み、シャフトが少し錆びていたので、ペーパーを当ててからグリスをたっぷり入れてあげた。(前オーナーが1年以上乗ったまま放置してた割りに状態が良かった。これまた泥や水などの混入無し)

              クリックすると元のサイズで表示します


ここで止めておけば良かったのだが、悪い病気が発生してしまい「エンジン始動するかな?}と思ったのが悪かった・・・。まず、タンクにガソリンを入れると「コック」の所から漏れる漏れる!「おおっ!大事なハイオクガソリンが高いんだぞ!」とブツブツ言いながら予備のパッキンに交換してOK!が、動かない・・・。


「ああっ!プラグか・・・。」と交換するも動かない・・・・。



「じゃあ、キャブか・・・。」とメンテするが動かない・・・。




「えい、エンジン開けてしまえ!」になってしまいました。



基本的な手順は400と同じなので問題無く出来ました。

何も問題なければパッキンなどを注文して組みあげるつもりだったのですが問題発生・・・。







             クリックすると元のサイズで表示します

「ピストンにキズが入ってました。」シリンダーにはキズが無いのが不思議なのですが、ワンサイズオーバーを入れるのが正解でしょうね。

で、今回はここまでです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ