2014/5/7

萩往還140キロチャレンジ!  ランニング


3・4日で「萩往還マラニック大会 140キロ」を走って来ました。

準備が出来たのが2日前

              クリックすると元のサイズで表示します

忘れ物が無いように良く確認して詰めました。

で、3日に18時にスタート。

              クリックすると元のサイズで表示します

去年70キロのスタート位置で待機してましたが、場所が違うのを思い出し慌てて移動(汗)

7ブロック目で10分ぐらいのロスで済みました。

今回はバッテリーの心配からGPS時計では無く、普段愛用している「Gショック」にしました。(これが原因で序盤から苦戦する。)

予定では山口福祉センターまでの54.2キロを24時前後に戻るつもりで流れに乗って走ってました

が、10キロぐらいから右ひざに軽い痛みが発生

少し我慢すれば良いと思ってましたが「たそがれ庵」で食事を済ませ、鯖山峠を下り防府市に入った所で急に走れなくなった・・・。

少し走っては歩くを繰り返していたら「もも仙人さん」が横を通過したので呼び止めて

「ロキソニン2錠」を分けてもらい飲んだら痛みを感じなくなりました。

もも仙人さんが神様に見えました。(笑)

この時の会話でキロ7分の予定が6分近くで走っていた事が判明(汗)

そのまま2人で折返し地点の「英雲荘」で待ってる間にお腹が痛くなり、すぐ近くにあった「ポプラ」に駆け込んだら薬品が置いてあったので

「ロキソニン置いて無いですか?」

と確認したら

「店舗には無いけど私が腰痛ように持ってるのであげるよ。」

と店長さんが2錠くれました。

エアーサロンパスとレッドブルを購入し、心から感謝しながら店舗を後にしました。

店長さんも神様に見えました。(笑)

山口市民センターには深夜1時50分ぐらいに到着。

カロリーメイト2個(200㎉)とコーラ・スポーツドリンク・味噌汁を補給し、今は痛みが無いが予防で「塗るロキソニン」と錠剤1錠を投入(痛くないのにこの時点で飲んだのは間違い)

佐々並のエイドまで もも仙人さんと移動し、そこから単独で走りました。

萩市内に出て最初に見かけたポプラで

「本日2本目のレッドブルを投入。」

この時に次のエイドまで距離があるのに何も食べなかったのが後の苦しみに繋がる・・・。

CP2からCP3に向かう途中に走れなくなる。

9時30分にCP3の「虎ヶ崎・つばきの館」に到着してカレーを食べる。

              クリックすると元のサイズで表示します

ここら辺は昔、バイクツーリングでよく来てたので懐かしかったです。

              クリックすると元のサイズで表示します

ここでチームメイトのNさんに会い、しばらく一緒に歩いた後に先に行く事にしたが

走ろうとすると軽く膝が痛むので歩く事にしました。

で、島の出口で来た時と反対車線の方が日陰が多く、対向するランナーも来ないので歩道橋で移動する際の下りで右膝に激痛が発生してしまい

「手持ちで最後のロキソニン4錠目を投入!」

11時30分に「陶芸の村公園」に到着。

残り30キロで6時間30分だったので歩きで行けると判断した。

ドラックコスモスの看板を見た時にロキソニンを購入しようか?を迷ったが大丈夫だろうと先を急いだのだが・・・。

明木エイドに向かう途中の峠下りの階段が痛くてまともに下りれない。(汗)

痛くて諦めかけた時にチームメイトのTさんが声を掛けてくれて

「ロキソニン2錠を分けてくれました。」

Tさんが女神に見えました。(笑)


残り時間分は確保出来た事で行けると思ったのですが・・・。

佐々並エイド手前で再び痛みが発生し歩くのも困難な状態になった。

4時間の間隔を空けるのがお約束だが3時間程度で残りの1錠を投入!

しかし効果は期待していたより弱く、早歩きで移動は出来ない状態でした。

佐々並エイドに行って水が補給出来ないと困るので自販機で唯一残っていた

ペットボトル入りウーロン茶を購入したら売り切れた。

「おおっ!最後の1本を入手出来るとは運が良い♪」

と佐々並エイドに行ったら

「しっかり水が置いてありました。」

ここで「7キロ先の夏木原キャンプ場の最終関門が17時」である事を知らされる。(汗)

時刻は15時42分でギリギリです。

リタイヤしたい所でしたが、知り合いの女性が一緒に3名居いて、この状況で言い出せる勇気が無くて次を目指す事にしました。

その彼女達の背中が凄い勢いで視界から消えて行きました。

まもなく右足の痛みに耐えかねて確認すると・・・。

              クリックすると元のサイズで表示します

大きなマメが出来てました。

安全ピンで水抜きを行い応急処置をしてトボトボ歩いていたら、陶芸村でリタイヤすると聞いていた「もも仙人さん」が追いついて来ました。

ボロボロの私の状態を見かねて救援要請して頂き無事にバスに回収されました。

バスに乗ると同時に直ぐ寝て、気が付いたら少し閑散とした瑠璃光寺に戻ってました。

この時点で来年のチャレンジは無いと思ってましたが、納得行かないのでやると思います。

最後に大会関係者・ボランティアの皆様、片山監督やTEAM200の皆様、沿道で応援して頂いた皆様、メール等で応援して頂いたラン友の皆様

本当にありがとうございました。
心からお礼申し上げます。






1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ