007  

今年は嬉しい事にドラゴンズオープン戦中継が5試合ほどあるので早速録画してチェックした。
やはり自分の目で見たのと翌日のスポーツ新聞では感想、注目点が違う。
ドラゴンズはウッズ・谷繁抜きの打線。
李炳圭・荒木・井端・福留の上位打線は球を見極める課題を持っているようでそれぞれ三振を喰らっていた。それでもスイングすれば鋭くキッチリと安打も記録した。韓国WBCでもトップを勤めた李炳圭は初回に二盗でヘッドをみせた
五番指名打者抜擢の中村一生(1軍経験ナシ)は格の違いが明らかで神内に遊ばれていた。4打席目は少しは球が見えてキタ(四球)慣れれば打てるとみて(乱丁だった左腕石井も)今後もチャンスを与えるのかオレ流監督の起用に注目。
ホークスでは先発4本柱+ガトームソンに続く6番目の先発枠が有力な神内が5回8奪三振。風貌がヤクルト藤井っぽい印象。抑えの柳瀬はチッコイ感じがミツグに似ている。打では小久保の後継者として入団したサード松田は、試合前に王監督が語った「彼はスイングの勉強は良くしているがそれを試合で結果に繋げる術が足りない」の通り鋭い三遊間を井端に遊ゴ、一二塁間を荒木に二併にされて2安打損した。良い星の下には生まれなかったように思える。

王監督が試合前のドラゴンズ練習を見て一言【なんだノリが来てるのか】
どうやらイガグリ頭の小田幸平をみて勘違いしたらしいとのエピソードもアナが紹介していた。

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ