ダービー  

韓国プロ野球、ソウルを本拠地とする球団がLGツインズとトゥサンベアーズと2球団アリ(かつての日ハムとジャイアンツと同じ)、シーズン中は月曜日以外は必ずどちらかの試合が行なわれているので旅行者には有難い値段は内野自由席で780円。2年前にもLGの試合を観戦したので2度目だが、今回はLG-トゥサンの直接対決の為か前回よりも観客が多い。応援団(多分球団に雇われてる団長)とチアガールが大音量のスピーカーの音楽にあわせスタンド内のステージで踊る(都市対抗と同じ)。
クリックすると元のサイズで表示します
球場は屋外の為か日本より壮大で好感が持てる。
以前より、好きな選手のユニフォームを着て応援する姿の人が目立った。
売店の品揃えも格段に良く、レプリカやキャップなどは出来栄えも良く日本より格安(キャップで1300円程)僕も購入したかったが、特に好きな球団や好みのユニフォームが定まっているわけではないので今回は我慢。。<`ヘ´>

かつてタイロン・ウッズや入来兄が所属したトゥサンの先発はランデル(元ダイエー&ジャイアンツ)、サムソンリーやイビョングが所属したLGの三番指名打者はバルデス※(元ダイエー)。
ホークス出身者対決だが#57バルデス(2001〜04)#30ランデル(1999-2000)で被っていない対決はゲッツーでランデルの勝ち
クリックすると元のサイズで表示します
試合はランデルがランナーを貯めてスリーランを浴びるなど5失点、5-0でLGの一方的な試合だった。

LG、トゥサンは8チーム中3・4位につけているので韓国シリーズにどちらかでも出てくれれば10月もソウルで野球が楽しめるのだが


(外国人助っ人としては珍しい、広角打法のヒットメーカーで、安打や痛烈なライナー性の本塁打を連発した。また、100打点の03年には、リーグ最多犠牲フライを記録するなど、状況に応じたバッティングもできた。その反面、走塁や守備、特に送球に雑な面があった。また、死球や審判の判定に怒ることも多く(戸部浩に突進しようとした事もあった)、凡打を打ったときにファーストまで全く走ろうとしない姿勢。。(゜∀゜;ノ)ノ(走っていればセーフになっていた可能性のある打球も度々あった)ことなどが、全力プレーを望んでいる王貞治監督の意向に合わず、戦力外通告の原因にもなった。)
0




AutoPage最新お知らせ