ドラフト外  

高校生ドラフト会議まで10日あまり。

93年3月29日
ドラフト制度撤廃を主張
 「実現しないなら6球団で新リーグを作ればいい。
 堤オーナーとは最後まで一緒にやっていこうと話した」

この発言をキッカケに、現在までドラフト制度の変更が繰り返されています。

今年のドラフト制度を確認していて目に着いたのが、
1992年ジョー古河(広島)を最後に姿を消した“ドラフト外入団”

思い出深い選手は、新浦・基満男・島田誠・平野謙・松沼兄弟・吉竹・川又・豊田誠佑・山崎賢一・津末・中条・曽田康二・白幡・広橋・駒崎・上川誠二・小野和幸・津村・羽生田・堀場・栄村・栗山・清川・松浦宏明・岡田耕司・青島・秋元宏作・近田豊年・亀山・島田直也・高嶋徹・石毛博史・坊西浩嗣・・・・・キリがない

実績残した選手は、西本聖、大野豊、松永浩美、鹿取義隆、秋山幸二、石井忠徳。。。。

現役では、石井琢郎(YB)の他に、田之上(H)木村(G)野口(T)の計4人なんですね。


0




AutoPage最新お知らせ