神宮ナイター観戦  

クリックすると元のサイズで表示します
都市対抗の予選。第三代表決定戦。
友達の友達が東京ガスのスタッフの繋がりでにわか応援。
相手のセガサミーの監督は元西武の佐々木誠。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
監督譲りの打撃フォームの選手もいた。

どの投手も145キロくらい出していたが
最後に出てきた投手は153キロ!
比較では明らかに速かったけど数値は甘すぎ?
プロでも林昌勇160キロとか馬原が157キロとか出てたし。

高卒ルーキー川崎がリリーフで出てきて
147.148.149の速球を連発した時は、オ〜!と球場がどよめいたてた。
のは20年前。

山本昌“133キロ怪速球”は123キロ!?

133キロ怪速球 (ベースボール・マガジン社新書)

0




AutoPage最新お知らせ