鉄道コム

2009/1/30  0:53

485系「北越」の今昔  特急型電車(交直流・交流)
いや〜、昨夜は色々な事件がありました。
極めつけはパソコンが立ち上がらなくなったこと。Windowsの起動自体が途中で止まっちゃうんですよ。経験上「飛んだ!」と思いました。せっかくスキャンして準備したネタや過去に掲載したネタが全部吹っ飛んでしまった!(泣)
でも、起動画面をいい加減にいじっていたら、なんか保存データが残っていることが確認できる画面に・・・その画面から再起動かけたら無事に元の通り起動したんです。
ほんと、死んだと思いました。

前置きが長くなりました。
今日は以前から処遇に困っていたネタを出したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和49年8月 大阪駅にて クハ481-300 「北越」

初めて大阪に行った時に撮った特急「北越」。当時は「きたこし」とか呼んでいたような気がします。
ポケットカメラの素通しファインダーは、このようなマジックな撮影をしてくれるので非常に困ります。本人は真ん中に大きく撮ったつもりなんですがね。

当時の特急「北越」は大阪〜新潟間を結ぶ特急の名称として付されており、3往復設定されていました。その後、大阪発の北陸特急は「雷鳥」に統合されたため、新潟行きも「雷鳥」となり、「北越」は金沢〜新潟を結ぶ1往復だけ、という寂しい状態になっていたこともあります。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年4月23日 金沢駅にて 485系新潟色 「北越」

上越新幹線が開業すると、「北越」は長岡〜北陸へのアクセス特急としての役割も担うことにより、大幅に設定本数が増えました。しかし、北越急行線の開業により、また元の新潟〜北陸間の特急に戻ってしまい、編成も短縮されてしまいました。

1枚目の大阪で撮影した写真があまりにもショボイため、なかなかアップすることが出来なかったわけですが、幸いにも昨年撮った「北越」を思い出したため、コラボで登場させることが出来ました。

運転区間が変わり、列車としての性格が変わり、塗装が変わり、30年以上が経過しているわけですが、同じ『485系』が今もって活躍しているというのは、その時代を共に歩んで来たファンとして大変喜ばしいことだと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 ← 「北越」が大阪発って知ってました?
1
タグ: 特急 485系 北越

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ