鉄道コム

2009/3/29  19:02

Fe4撮影記(中央線その2):大月でEH200&富士急  写真撮影
こんばんわ。本日3本目の更新です。

中央快速、中央線各停を乗り継ぎ、1人で大月へやってまいりました。
途中、『次は四方津に停まります。』という放送を最後に、電車の中での記憶はありません。なんか懐でメールを受信する音が聞こえたのですが、意識がもうろうとしていたようで。何となく周りが静かなようすに異変を感じ、車窓を見るとどこかの駅に停車中。
ドアが閉まっているし、『どこかな?』と思ったら、何と「おおつき」の4文字が。慌てて立ち上がったら、向かい席に足を伸ばして寝ていたのが仇となり、右足が痺れてしまって全く感覚がない。左足だけでケンケンするようにドアを手で開け、車外へと出ました。特急待ちの長時間停車と、金町のHさんからのメールで乗り過ごしを避けることが出来ました。

足の痺れが収まるまで、喫煙所にて一服。やっと少しずつ感覚が戻ってきたので、取り敢えず改札へ。富士急の電車が停まっていたので、これの発車を撮るために初狩方向へと歩きました。


※撮影は、全て平成21年3月28日、大月駅構内にて。

クリックすると元のサイズで表示します
富士急 1208

歩き始めて直ぐに踏み切りの警報機が鳴り、発車の放送が・・・近くの駐車場を失敬して撮りました。殆ど駅撮りです。


初狩駅寄りの歩道橋に乗り、構内の様子を見ていました。風があるし、冷たいのなんのって・・・。
あまりにも列車が来ないので諦めようとしたら、轟音と共にEH200がやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
EF200-16牽引 上りタンク貨物

風が冷たくて体温が直ぐに奪われてしまう感じ。10分待っても何も来ないので駅に戻ろうと思ったのですが、時刻表を見ると上りの富士急が来そうだったので、少し待ってみることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
富士急 1307

先程撮ったのは4連でしたが、今度のは2連でした。分散型のクーラーを積んだ編成で、富士急では2編成のみの貴重品です。

ここで一旦駅に戻り、lineさんシービーさんを出迎えます。ちょうど2人が乗っている「かいじ105号」が到着するところでした。ちょうどホームを歩いていたら、直ぐ先のドアから2人が降りてきました。なんで2人とも顔が赤いねん!

ホームで一服してから大月駅で食事を摂る予定とのこと。その前に富士急で硬券入場券があるのではないかということで窓口に。ちょうどJRの特急列車が到着したところで激混み。「フジサン特急」が発車するということなので、2人を連れて先程撮影していた場所に戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します
「フジサン特急5号」

元国鉄165系改造の「パノラマエクスプレスアルプス」に使われていた車両で、廃車と共に富士急に譲渡されました。
このフザけた絵がねぇ、個人的には許せません!

クリックすると元のサイズで表示します
富士急 1308

先程撮影した編成がまだ駅に残っており、行先が「三つ峠」行きとレアな表示になっていたので撮ってみました。ちょうどJR側に長野色の115系も来たので、コラボりました。

食事しないと次の行動に差し支えるので、駅前を散策することに。あまり良いお店が無いようで・・・。駅前真正面の不二家(ペコちゃんの)で「テリヤキ丼599円!」に釣られて入ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

フォークが大きめのヤツなので判りにくいかもしれませんが、かなり大きな器です。ボリュームタップリでサラダも比較的大盛り!
これにさらに紅茶が付いて599円!安いですね。味はそこそこといった感じで、これでコーヒーにチョイスできればもっと良かったんですけど。値段:量で文句無く合格点です。

おなか一杯になった3人は、目的地である勝沼ぶどう郷を目指します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ