鉄道コム

2009/5/8  0:54

DD16牽引のカワイイ工臨  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
昨日はヒドイ目に遭いました。休み明けでタダでさえ憂鬱だというのに、改札止めで40分、迂回乗車で会社に着いたら、10時になっちゃってました。1時間の遅刻ですわ。

その混雑と立ち時間にやられたのか、腰は痛いわ首は痛いわ。ちょっとパソコン打つのもキツいんですよ。なので、今日は1枚だけのアップにさせていただきます。

先日、先輩のHさんから「いいやま菜の花まつり号」のネタをいただきアップしたのですが、私も殆ど遭ったことの無いDLだけに、撮影枚数とも僅少です。

大宮工場にも入換機械として1台在籍していますが、『国鉄 DD1611牽引 「パノラマ八ヶ岳号」』に続いて、2例目となった写真があります。


クリックすると元のサイズで表示します
平成6年11月4日 信越本線 豊野〜牟礼間にて DD16303牽引 工臨


D51が信州を走った「アップル号」撮影の際に、カメラをセッティングしてたらちょうど通り掛かったのを捉えたものです。
小さい機関車だけに、このような小編成が似合いますね。レールを運んで、結構良いスピードで通過して行きましたよ。

JR化の時点でほとんど引き継がれず、走れば不自然な列車が多いようで、300番代の本旨とする除雪列車や、冬期以外の工臨くらいしか自然な姿を見ることができないDD16。その特殊性や地域性から、縁がなかったものと諦めている形式の一つです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ