鉄道コム

2009/6/14  1:14

09/06/13 またまた登場! EF641031「あけぼの」  写真撮影
こんばんわ。

1日遅れになってしまいましたが、昨日早朝のブルトレ記事をアップいたします。
※撮影は、全て平成21年6月13日(土)です。

朝5時過ぎに起きることができたので、「能登」からの撮影に臨みました。
しかし、眠さと極度の疲労でフラフラ状態、夢遊病のように線路へ・・・


クリックすると元のサイズで表示します
蕨〜西川口間にて 489系「能登」

最悪です。目が覚めていないのがそのまま写真に・・・何故か合わせた筈のピントが合ってニャイ。しかも、この写真は角度修整をしたんですが、なんと4度も傾いていたんです。画像の角度調整を知っている方ならご存知だと思いますが、4度も傾くなんて、縁石に乗り上げながら運転しているドライバー並みに悪質な運転です。


この後、昨日アップした貨物列車を撮りながら、蕨駅近くの跨線橋に移動。目も段々覚めてきたのですが、薄日で晴天とは言えず、シャッタースピードも中途半端。
やや速めの設定で流してみることに・・・


クリックすると元のサイズで表示します
蕨駅付近にて EF641053牽引「北陸」

失敗でごわす!側面は結構止まっているのに、何故か前面が止まっていません。レンズ収差の問題や、インカーブでの車体の傾きにも原因があると思いますが、まあ、移動が付いて行っていないということでしょうね


次は「あけぼの」になりますが、30分も時間が開くので、別場所に移動することにしました。先週ここで双頭連結器の「あけぼの」(↑タイトル写真がそれ。)を撮っているので、同じ写真を撮っても仕方ないし、茶ガマも復活したそうなので、今日はどちらかの0番代だと思っていたんですよね。

最初に「能登」を撮った場所のやや下に陣取り、そのときを待ちます。


クリックすると元のサイズで表示します
蕨〜西川口間にて EF641031牽引「あけぼの」

遠くから青ガマが見えたので38号機かと思っていたんですが・・・
なんと、意外にもまた双頭連結器の1031号機が牽引してきました。なんというラッキーさでしょうか。
日当たりもかなり悪く、モヤも濃かったのですが、画面も傾かず、編成も全部入れて無難に撮ることができました。(モヤを飛ばすため、ややコントラスト注入。)

ここで一旦家に帰り、朝食を摂って朝風呂に入り、準備万端整えて、「北斗星」の撮影に臨みます。先週はダウンして寝てしまい、撮れませんでしたから。


クリックすると元のサイズで表示します
蕨駅付近にて EF8178牽引「北斗星」

え〜、何があったのか、と申しますと・・・
そろそろ通過時間と言うことで、カメラを準備して構図をとって待っていました。
そしたらですね、上りの京浜東北線が発車する放送が聞こえたんですよね。ヤバイな、と思ったんですが、背後から下りの京浜東北線も来てしまい、目の前ですれ違っているわけですよ。
そろそろ通過してもおかしくないので、すれ違い終わったら直ぐに線路にピンを落として構えようとその瞬間を待っていたんですよね・・・そしたら、すれ違ったそれぞれの最後尾に間から、青い車体が見えたんです。「北斗星」ですわ・・・。

で、ズーミングも変えられないまま、EF81の姿を想像で追いかけ、画面に入ってピントが合った瞬間に撮ったのがこの写真と言うわけです。そうですよ、失敗です

そう言えば、3月改正後はあまりここで写真を撮ったことが無く、何ヶ月か前に撮影したときもカブられたような気がする。多分、このときはそれぞれがダイヤどおりだったようなので、撮影不可な場所、と言うことですね。もう、この場所での「北斗星」はやめます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ