鉄道コム

2009/6/27  0:22

原色時代のEF641001とEF65501の並び  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。
いやぁ〜、昨日は仕事休んじゃったので、今日は目が回るほど忙しかったですわ。
さらに追い討ちを掛けるような低調なアクセス。テンションも思いっきりますわ。


さて、今日は6月6・7日に続き、またまた「レトロ横濱」が走りますね。

クリックすると元のサイズで表示します

これは前回の運転で、6月7日(日)の返却回送を狙ったものです。不規則な生活が祟って、現地には行けなかったもので、返却回送のみの撮影となりました。まあ、でもそこそこ良い感じで撮れたので良かったです。

返しはかつての東海道ブルトレの主役「EF65501」が先頭で、見づらいですが、最後部にはEF641001がぶら下がっています。
予定では、今回の鎌倉便「レトロ横濱」も同じコンビのようです。

大の仲良しの2台ですが、実は、今から遡ること24年前、高崎第二機関区の一般公開で顔を並べていたことがあります。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和60年3月30日 高崎第二機関区にて

このコンビもすっかり長くなりましたね。EF641001は、登場してから未だ間もない頃でもあり、直流一般色のままで新鮮です。ただ、ジャンパ栓のライトは既に施工済みとなっていますね。EF65501も、細かい点ではグレーHゴムなど完全なオリジナルの時代です。

EF64は製造からまだ30年ですが、EF65に関しては既に45年近くになります。いつまでもコンビが続いてくれると良いですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

今回の撮影、せっかく以前からlineさんに誘われていたのに、両方とも家の用事があって出掛けられなくなってしまいました。せめて今日の送込み回送と、明日の返却回送は近所まで撮りに行きたいと思っています。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ